人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>> 島々な人さん ご..
by hiro_hrkz at 23:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 19:26
>>12号線さん あの..
by hiro_hrkz at 23:50
リアの造作も京阪独特のも..
by 12号線 at 15:39
>>島々な人さん ご無..
by hiro_hrkz at 22:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 00:01
備北バスの日野レインボー..
by しんご at 14:52
>>ツカちゃんさん そ..
by hiro_hrkz at 00:09
こんばんは。 茨交のキ..
by ツカちゃん at 23:19
>運行管理もちの元太平興..
by hiro_hrkz at 21:34
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
近畿日本鉄道北勢線 ク202
地方私鉄でも、昭和30年代であれば新車を登場させていたところが多数あります。
それは、ナローゲージでも同じですが、大半が昭和40年代に廃止になったため
短命に終わったものばかり。
その中で、三重交通4400(近鉄ク202)が今でも残っているのは、嬉しいことだと思います。

1959年日本車両製の3車体8軸の連節車。神鋼電機の垂直カルダン駆動を採用した車両でしたが、その機構の複雑さがアダとなり、1971年には電装解除。その後、北勢線近代化で総括制御ができるモ270が登場した1977年に、片側の運転台が復活し、現在に到っています。

垂直カルダン駆動を採用したが故に、台車のある部分の床が高くなっており、その前後は傾斜がついています。またドアには1段のステップがついているのが特徴。
このあたりは実際に乗ってみないと解りませんが、設計に苦心した跡が伺えます。それほどまでに新機軸に貪欲だったとも言えましょう。
e0030537_142593.jpg

近畿日本鉄道北勢線 ク202 2002年4月 六把野~北大社

三岐鉄道に移管後、随分変わっている様ですので、暫らくぶりに乗ってみたいものです。
by hiro_hrkz | 2007-03-26 01:09 | 鉄道(近代形電車) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://caw99100.exblog.jp/tb/5396794
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by とよぽん at 2007-03-26 09:42 x
ほんと思いっきり床傾斜してますよね。
初めて乗った近鉄ナローがこれでした。
垂直カルダンの駆動音、聴いてみたかったですねぇ…
Commented by 逸軌園 at 2007-03-26 16:02 x
移管してから近代化めざましく、冷房車も走っているようですが、北大社駅の廃止はちょっとビックリでした。
200は三度目の訪問にして初めて当りました。上段しか窓の開かないモより余っ程涼しく快適でしたが、今度は冷改の波が及ぶんでしょうか。
一時期、混色編成になっていたこともありましたね。
Commented by 秋津のOB at 2007-03-26 20:54 x
ク202は北勢線が近鉄だった頃と三岐に移管されてから1回ずつ乗りました。
近鉄のときは朝ラッシュの北大社〜西桑名の2往復のみに使用されると聞いたので、『MLながら』で行きました。傾斜のついた床や中間車化された北大社寄り旧先頭車が興味深かったですね。

三岐になってから、ふらりと阿下喜から乗ると、途中ですれ違ったので折り返しを待って乗りました。色が4両とも三岐仕様になった後のことです。
限定運用が解かれたのか、他編成の検査による代走なのかはわかりませんが、ふらりと行ったにしては儲けモノでありました。
Commented by hiro_hrkz at 2007-03-27 23:21
>>とよぽんさん
垂直カルダンだけは、海外にも例はありませんからね・・・。
淡路交通の車体モーター車と共に、聞いてみたかったものです。

>>逸軌園さん
北大社駅の廃止はびっくりしました。もとより車庫を作るようなところだから、回りの家が少なかったのかもしれませんが・・・。
冷改、どうなるんでしょうね。もうすぐ車齢50年ですし。

>>秋津のOBさん
私も北勢や三岐へ行く時は、だいたい、ながらかドリーム号利用でした。このときは、なにはなくとも、この電車の撮影が第一目的で名古屋から桑名へ直行でした。
三岐カラーもなかなか似合っていますね。
それは三岐にはもと西武501や701が在籍し、見慣れているからかもしれません。
Commented by ひぐらし at 2007-03-28 01:45 x
こやつは前後の上げ底のお陰で、ガラガラのときに乗ると足元が実に楽チンなのです。短足の味方(笑)
込んでると逆に脚のやり場に困って大変でしょうけど。
Commented by hiro_hrkz at 2007-03-29 00:39
>>ひぐらしさん
スロープのところに座ると、なにか足元が落ち着かない感じですね。
三方シートのバスで後の方に座った時も同じようなかんじですが。