人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
熊本電気鉄道 モハ5103+モハ5105
全国に散らばった東急青ガエルも、走っているのを見られるのは今や熊本電鉄だけに
なってしまいました。
熊本電鉄の5000は、言わずと知れた「両面ガエル」であるため、単行運転中の姿しか見ていませんでした。
ところがある時、真昼間に、かの路肩軌道区間でカメラを構えていると
やって来たのは客を満載した、重連のカエル(↓これはその復路ですが)。
熊本電気鉄道 モハ5103+モハ5105_e0030537_1493918.jpg
・熊本電気鉄道 モハ5103+モハ5105 1998年9月 藤崎宮前~黒髪町

これは、熊本の総鎮守である藤崎宮の秋季例大祭があったため。
市電も総動員で、昼間から、もと福岡市内線の連節が走りまわっていました。
偶然の訪問にしては、なかなか美味しい1日でした。

さて、この2両の両面ガエル。両者でスタイルが微妙に異なります。
というのは5103が東横車輌で両運転台に改造の上で入線したのに対し、5105は
2両固定編成のモハ5043(相方はモハ5044)として入線し、後に北熊本で改造したため。
前面窓ガラスの支持方法や、乗務員室の窓高さなどに違いが見られます。

※2014.10.25 画像を交換しました。
by hiro_hrkz | 2007-05-27 22:25 | 鉄道(近代形電車) | Comments(4)
Commented by とよぽん at 2007-05-27 23:05 x
高校生の頃、地元(山陽本線)で偶然5043+5044の甲種回送に出会いました。
東急5000を目にしたのは初めてで、とても興奮したのを覚えています。
渋谷のアレに比べると、熊本に移籍したそれは、幸せ者だと云えるでしょうか。
Commented by hiro_hrkz at 2007-05-28 01:07
>>とよぽんさん
最近は、トレーラーで運ぶ京王重機関連の譲渡車が多く、この手の甲種輸送は減りましたね。対して東横車輌関連は甲種ばかりだったように思います。

5000に関しては、きちんと価値がわかる人に保存された、長野のとれいんぎゃらりーの車輌が、結果的には一番よいのかもしませんね。
Commented by 秋津のOB at 2007-06-01 07:50 x
熊本のカエルに乗るべく、去年の正月に『はやぶさ』で出かけました。

上熊本でカエルのディテールを撮り、全線乗り潰してから、トンネルに近い池田で下車。駅脇が高台で、駅を真下に見下ろす道路があり、屋根上を撮りました。

駅に立つ門型架線柱をよく見たら、片方が木製、もう片方が古レールという変わった代物です。

あと、カエル車内の運賃表示器が今では珍しい幕式で、画質は荒くなるのは承知で、デジカメの動画で撮りました。
Commented by hiro_hrkz at 2007-06-02 01:22
>>秋津のOBさん。
熊本電鉄の架線柱というと、あの北熊本で形式写真を妨げるほどに林立しているのが恨めしい・・・という思いがあります。
上熊本支線は、写真は撮りにくいけど、雰囲気はいい所・・・と聞いた事があります。最近は熊本に行っても、交通センターに張り込んでしまって、なかなか電鉄の方には足を運べないのですが。