人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>無賃乗車お断りさん ..
by hiro_hrkz at 12:30
1987年発行の季刊バス..
by 無賃乗車お断り at 22:13
>FUSOきゃろるさん ..
by hiro_hrkz at 00:37
サンデンの場合は、本来三..
by FUSOきゃろる at 20:35
こんにちは。 石山坂本..
by 風旅記 at 17:07
>> 島々な人さん ご..
by hiro_hrkz at 23:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 19:26
>>12号線さん あの..
by hiro_hrkz at 23:50
リアの造作も京阪独特のも..
by 12号線 at 15:39
>>島々な人さん ご無..
by hiro_hrkz at 22:43
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
台東線のDC
戦前の日本の鉄道を見ると、内地よりも外地(朝鮮・台湾など)のほうが立派な規格であることが往々にして見られます。南満州鉄道なんてのは、その典型なのでしょうが、国内で実現できなかった様々なことを、外地で行なったという感じがします。

台湾の場合、縦貫線(現在の西部幹線)などは、内地と同じ規格の鉄道でしたが、花蓮~台東の台東線は762mmゲージながら、朝鮮半島のそれと同じく、大柄な車輛を採用していました。
京阪京津線の高床車あたりよりも大きめの寸法です。
e0030537_23523565.jpg
e0030537_23521792.jpg
台湾鉄路管理局台東線 LDR2204 (保存) 2005年9月 花蓮駅前(中華民国花蓮県花蓮市)

画像の車輛は、花蓮駅前に保存されているLDR2200形気動車(柴油車)。
1956年に花蓮の自社工場(機廠)で4輌が作られました。
戦前の日本製の車両にのっとったと思われる作りの車体で、なんとなくパンタグラフを載せたくなる感じです。
一方で、下まわりに目を転じると動台車がロッド式である点が目を引きます。

この花蓮駅前には、この黄色と白に塗られたナローの車両が沢山保存されていますが、
雨ざらしなので、状態の悪化が心配なところです。
LDR2204も2003年に、折角新竹で車体を補修・復元したんですけどねえ・・。

そういえば、四国の某電鉄の某車庫を見たとき、ふと「台東線いっぱい」と思ってしまったのは実に下らない余談でして・・。
by hiro_hrkz | 2007-07-11 23:57 | 鉄道(海外) | Comments(6)
Commented by とよぽん at 2007-07-12 12:56 x
それ僕も思いました。
「どっかでみたような塗り分け…そうだ台東線!」
台湾のナローDCには、何故だかロッド連動車が多いですよね。
Commented by hiro_hrkz at 2007-07-14 01:57
>>とよぽんさん
今年2月に仏生山を通ったら、全部、黄色と白になっていたもので、余計に、花蓮駅前の保存車群を連想しました。

ロッド式は、日本統治時代につくられたLDR2101(日車本店製でキハ42000を小さくしたような車両)から採用していたようです。これがよかったのでしょうね。
Commented by kaba at 2007-07-15 19:54 x
お久です。
確かにそっくりなカラーリングですにゃ~。
こちらの方が随分と先輩になるのでしょうか。
しかし湿度との戦いは悩みどころですね。日本もそう変わらないでしょうが。やはりそう言う手間の掛からないところでは保存もハードルが低いでしょうからやりやすいでしょうからうらやましい話です。
ただやはり幸運にもそう言う機会に恵まれた車輌には出来る限りの手を尽くしてほしいものです。
Commented by hiro_hrkz at 2007-07-16 22:34
>>kabaさん
この塗装は、1960年代には既に採用されていたようです。
太陽を連想させる、南国らしい健康的?な塗装だと思います。

台湾は、日本以上に蒸し蒸しします。
また、台風の直撃も多いので、屋外保存は日本以上に厳しいと思います。
でも、ここには雨ざらしで10両程度が置かれているんですね・・。
なんか、とても中途半端な感じの「鉄道公園」になっています。
Commented by ひぐらし at 2007-07-22 16:49 x
宮脇・吉村両氏の体験談を総合すると“阿波踊りの如きジョイント音を発し70km/h以上で爆走するニブロク軽便”となりましょうか。

現存車が一応まとまった輌数残り、更に新造同然の修復がなされているっているのはありがたいこと、と思いつつも、この吹き曝しは困ったものです。実際これと前後して自分も行っていますが、恐らく台風だろうと思いますが、例の寝台車の木造ドアがバラバラに吹き飛んでいたり、僅か1年半程の間にだいぶ荒廃が進んでしまっている印象がありました。(もっともその後傷んだ車輌の再補修が行われたようですが)
ホームレスが寝泊りしたりもしているようで、旧花蓮車庫でそうであったように焼失なども心配であるところです。(寝台車等も類焼しているほか、イコライザー台車を履いた客車1輌が全焼して廃棄処分されています。)
実際タンクロコの火室にゴミをくべて火をつけ、暖をとっているところを検挙された者がいたとか。

なにはさておき、やむをえないとはいえまとまった資料が極めて少ないこの路線、全貌が知りたいものとウズウズしてしまいます。
Commented by hiro_hrkz at 2007-07-24 00:47
>>ひぐらしさん
蒸機で焚き火ですか・・・・。
ホームレスの住処になってしまうのは、日本と同じようで。
そういえば、ここは、本当は芝生広場みたいな感じにする予定が、放置状態にあるそうですね。

>全貌
外地の鉄道は、南満州鉄道等を極一部を除いて、よくわからないですね。個人的には、鮮鉄の全貌が知りたいと思っています。