人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
月末の雑感 ~予習は程々に~
先日、同好の方にお会いし、いろいろ話す機会があった。
その中で、ひとつ、はっとさせられた言葉がある。

「ネットは事後の確認手段として使う。事前に情報を集めてしまうと、それを見ることに集中してしまい、他のことに気がつかなくなるから」

これまでにも、バス趣味は未だ発見の趣味であるということを何度か書いてきた。
しかし、一方で自分も、近年はネットにあふれる情報をチェックし、それを確認するという行動様式が増え、鉄道趣味と同じ「なぞる」趣味になっている。
不覚である。


さて、私は、これまで、4回ほど「とつくに」へ行っている。
うち3回(韓国、独墺四都市、台湾)はサイトで旅行記として纏めたが、中国大連篇はまとめようと思いながらも、いまひとつ、やる気が起きないまま、1年が経ってしまった。
その差を考えてみると、結局のところ事前に調べた量の差ではないかと思う。

韓国と独墺のときは、訪問先の情報は、漠然としたものや、特定の部分に関する知識はあった。が、細かいことはよく知らないで出かけた。結果は、見たものをひたすらメモし、それを帰国後に調べてより知識を深める・・という感じであった。
それは、たとえば韓国語の勉強だったり、ベルリンという都市に対する更なる興味の増加である。実は、「戦前のベルリンには、ロンドンやパリのように、方面別に頭端式ターミナル駅があって・・」や「京城電気300級」などを、具体的に知ったのは帰国後のことであった。

もちろん、ベルリン大聖堂を見忘れたことなど、帰国後に「しまった」と思った部分もたくさんあるのだが、それよりも、新しいものを見られた感動のほうが、大きかった。

これが台湾のときになると、事前にある程度調べたこともあって、韓国・独墺のときにくらべ「なぞる」旅という感覚が強かったし、実際に感度が鈍っていたと思う。

そして大連のときは、事前に調べまくったことで、「あれも見ないと、これも見ない・・・」という気持ちが強くなってしまった。勿論、旅順に観光ガイドの娘さんと行ったことなど、特筆する思い出も多いのだが、帰国後の思いは「あの本に載っていた、あの建物はどこにあったんだろう」、そんなことを考え出す始末。畢竟、自分が伝えずとも本を見れば済むという話になり、サイトで纏めようなどとは考えなくなってしまう。結局はブログでお茶を濁しただけで、感度はさらに鈍ってしまった。

某サラ金屋が「事前にチェック」というCMをやっている。確かに危険な場所などチェックしておかねばならない大切な情報もあるけど、必要以上にたくさんのことは調べないほうが、いいのかもしれない。
by hiro_hrkz | 2007-10-31 00:37 | 言いたい放題 | Comments(0)