人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
ちゅらさんの島にて
さて、琉球特集の最終回は、NHKの連続ドラマ「ちゅらさん」の舞台となった
小浜島のバスから。

東運輸に、短命に終わった「はとバス」のぐるり東京号の車両が2台ほど移籍し、川平リゾート線で使用されている・・と聞いていました。ところが、バスターミナルにやってきたのは空港線と共用の、三菱U-MM(もと自家用)。
おかしいなあ・・・と思いながら、離島桟橋から高速艇に乗って小浜島に向かいました。
約25分後、島の桟橋にとまっていたのは・・・。
ちゅらさんの島にて_e0030537_2337491.jpg
「なんでここにいるんだよ!」

小浜島のバス会社は「コハマ交通」だけだと思っていたのですが、このバスの保有者は「ちゅら島交通」なる事業者のもの。桟橋近くの高台にある、工事事務所のようなところにバスが置いてありましたから、新規参入なのでしょう。
しかし、いくら観光客相手とはいえ、人口600人程度の小さな島に2つもバス会社があって大丈夫なのかなあ・・と思ってしまいます。

それにしても、はとバス時代のまんまの塗装は、この島で見るとシュールです。

さて、小浜島の南東部は、ヤマハが開発したリゾート施設「はいむるぶし」(現在は三井不動産系列)が大きく占めています。
ここは独自で送迎バスを、それもこの島にはいささか似合わない大型車を持っています。
ちゅらさんの島にて_e0030537_2343154.jpg
これは、もと西東京バスのキュービックバス。
他に日デRA+富士7HDがやってきました。

大きさの割りにアップダウンが激しい小浜島。したがって、レンタサイクルでまわるには、少々老朽化してきた私にはきつそうだったので、コハマ交通の定期観光を使いましたが、こちらはただのワゴン車・・・(しかも、船の出港時間とあわず、結局暇つぶしに自転車を借りたんだから、一体なにやっているんだか)。

ただ、ほんのわずかな時期ですが、もと相模鉄道のいすゞU-LV324L+富士7E(東運輸の移籍車と同型)も持っていたそうです。

(上から)
ちゅら島交通 いすゞKC-LR233J +IBUS 2008年3月 沖縄県八重山郡竹富町(小浜島)
はいむるぶし(送迎) いすゞU-LV324L +アイケー  同上
by hiro_hrkz | 2008-03-28 23:59 | バス(川重/IK/IBUS) | Comments(2)
Commented by 12号線 at 2008-03-29 14:01 x
はいむるぶしは路線タイプ、あるいは中型のトップドア送迎車を用いる事が多いようですが、同じ小浜でも富士重7S使っている(いた?)リゾートホテルあって、元相模の7Eと並ぶと「格差」をまざまざと見せ付けられました。
とは言えど、リゾートホテルには全く縁のない一旅行者なのですが(苦笑
Commented by hiro_hrkz at 2008-03-30 01:34
>>12号線さん
撮影はできませんでしたが、日野RJ/RRの貸切トップドア車も何台か見かけました。しかし、富士7Sとは、豪華といいますか、場違いといいますか・・・。
今回、八重山にはネットに上がってこないバスがたくさん走っていることを感じました。