人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
月末の雑感 ~阪急電車~
これまで関西の大手私鉄にも随分乗ってきた。
しかし気がつくと、よく乗る路線と乗らない路線の差は大きい。
全線に乗り、またその機会が多いのが南海、阪神。
一部乗っていないが、興味もあり乗る機会が多いのが京阪。
それなりに乗っているが、規模が大きすぎてどうにもならない近鉄。

そして・・・乗る機会も完乗率も恐らく最低なのが、阪急。
しかも、その中で比較的乗っているのが、外様といえる新京阪線なのである。
小林一三翁は尊敬する人物の一人だが、本場の阪急に乗る機会は意外に少ない。
阪神間の移動の際には、どうしても阪神かJRを選択してしまうのである。
月末の雑感 ~阪急電車~_e0030537_02374.jpg
さて、2ヶ月ほど前、有川 浩 作の小説「阪急電車」(幻冬舎 ISBN 978-4-344-01450-3)を読んだ。今津北線を舞台に複数の人々の出逢いと別れを描いたもの。それぞれが、連鎖する形で話しが展開する。そして、宝塚→西宮北口と進んできた物語のその後が、西宮北口→宝塚の電車で描かれてゆく。
夢見ることはあっても現実には殆どありえない電車内での偶然の出逢い。
それを形にすると、こんな感じなんだろうなあ・・・と思った。

読後、著者がどんな人なのかなどを知りたくなり、ネットを漁ってみた(ライトノベル出身というのは、このとき初めて知った)。すると、複数の女性の方の感想に、
「これは男の人から見たら、男や恋の描写が都合よすぎると思われるかもしれない」
というのがあった。自分自身はそんな風に感じなかったのだが、この小説は女性的なのだろう。

さて、同じような感想を全く別の所で読んだような気がする。
それは・・・・・aikoの「三国駅」の歌詞だ。
やはり女性の感想で、「男の人はこんな風に思われたら重くて仕方ないだろう」というものだったと記憶する。aikoといえば男は音楽性に感銘し、女は歌詞に感動する・・とも聞いたが、やはりこれも当てはまるのでだろう。
この三国駅・・・有名な話だが、高架化で移転する前の阪急宝塚線の駅のこと。

そして、観客の8割が女性といわれる宝塚歌劇の存在。
王子公園駅を舞台にした「春景色」という歌を出し、今でも、「阪急電車がいい」と公言する、伊丹出身の南野陽子。

と、ここまで書き進めて思った。
阪急電車というのは、女性的な感性をくすぐるのだ。逆に、タイガースを抱えダウンタウンを走る阪神電車というのは少年的、真ん中を走るJRは中性的。
そんな雰囲気を知らず知らずのうちに感じるゆえに、個人的な阪神電車に対する親しみやすさと、裏腹の阪急電車に対する遠慮となるのかもしれない。


もう15年以上前になると思うが、NHK教育で小林一三を取り上げた番組を思い出す。
翁が日本で初めて導入した私鉄商法・・・鉄道を通し、その起点にデパートを建て、沿線に住宅地をつくり月賦販売し、終点に娯楽施設を作る・・・それは、幼少期に父母をなくし親戚に育てられた一三が理想の家庭像を描こうとしたのではないか・・という結論だった。
今思うと、これは、母性的なものかもしれない。いや、かつてのブレーブスや仁川の阪神競馬など、父性的な部分もあるのだろうけど。

起点側・・阪急百貨店では、最上階にあった大食堂でいちばん安いハヤシライスを口に運びながら、何度もその内容を思い出したことがある。
いつかは、終点側・・大劇場にタカラヅカを見に行きたい。
by hiro_hrkz | 2008-04-30 00:23 | 言いたい放題 | Comments(2)
Commented by 14号 at 2008-05-04 10:26 x
阪急が舞台の小説と言えば「決戦・日本シリーズ」(かんべむさし)ってのもありますね。
ドタバタコメディですが、鉄道好きならニヤリとするようなネタも多いので手にする機会が
あればぜひご一読を。

余談ですが最近私がハマっている「涼宮ハルヒの憂鬱」も甲陽線沿線がモデルでして、
「北口駅」(西宮北口)や「光陽園駅」(甲陽園)などが登場します。
Commented by hiro_hrkz at 2008-05-07 00:06
>>14号さん
鉄道マニアの夢でしたね・・阪急VS阪神の日本シリーズ。
その両者が、いまや同じ持ち株会社の下にあるなんて、SFも真っ青ですなあ・・。
甲陽線は、高級住宅地の専用電車という感じが素敵ですが、敷設経緯を物語るように、並行して走るのが阪神電鉄バスなのが面白いとこです。