人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
なが~いバス
千葉県浦安市を営業エリアとする東京ベイシティ交通。
某鼠リゾートの関係会社であるこの事業者は、団地と駅の間の通勤輸送など、ロードピークに対応するため、軸距5.5~6.0mの3扉車を取り揃えていたのが最大の特徴でした。最近は、ちょっと長めの普通のバスになっているようですが。

今回、バスコレ11弾が発売になった際、改造ネタとして真っ先に思い浮かんだのが、この「ながーいバス」、つまりはいすゞP-LV314Qでした。ついでに、随分前から企画していたものの未着工となっていた富士5E架装の同型式車とあわせて製作しました。
なが~いバス_e0030537_2102692.jpg
アイケー架装のほうは、11弾の国際興業と新潟交通を切り継いだもの。軸距4.67mから6.0mへの改造は、窓がぴったりとはまってくれます。前中扉間は国際興業の方向幕部と、新潟交通の狭窓の組み合わせで、軸距5.0m級(P-LV*1*L)への流用も可能と思われます。一方、中・後扉間は大きな方向幕が特徴です。当初プラ板で埋めただけだったのですが、何かが違うと感じ、実物でのガラス押さえ金部分を、GM鉄道車輛用インレタのガイドラインを転写して表現してみました。少々違和感があるのですが、ないよりはマシ・・ということで。
なが~いバス_e0030537_2161168.jpg
一方、富士5Eのほうは、2005年のJNMAで売られていた角目・ワイドドアの白バスに、関東バスの3扉車を組み合わせたもの。ご覧のようにベイシティの車輛は中扉が前寄りなので、そのまま中扉以降を接合するわけには行かず、切り継ぎ箇所が1箇所増えています。
ここで前半分にワイドドア車をつかったのには理由がありまして、ワイドドア車の前中扉間とこの車輛の前扉~中扉戸袋間の寸法がほぼ同じためです。ついでに申せば、5Eワイドドア車の中扉より前に、前中扉車の中扉戸袋以後を接合すると、P-U(UA)32Lができます・・・屋上のエパポレータの位置を考慮しなくてはなりませんが。
窓ガラスは、客用扉側は各車の部品を持ってきて組み合わせられましたが、非常口側は中央の太い窓柱より前側を自作しています。

塗装は、GMの白3号をベースに、帯はGMの青20号、タミヤのTS22 ライトグリーン、窓周りはクレオスの40 ジャーマングレーです。



ついでに、千葉の京成系列つながりで、こんなバスも作成しました。
なが~いバス_e0030537_229968.jpg
千葉市の中心部からJR外房線沿線に路線網を広げる千葉中央バスのU-LV324Lです。
白と水色のさわやかな塗装が印象的です。

西東京と三重交通と同じ窓配置の車両として、真っ先に思い浮かんだのが、ここの車両でした。
ということで、車体はベンチレータの位置を除いて無加工。
塗装は、手許にあった、GMの白3号と東武ライトブルーで塗りました。
が、実物とは完全に色調が異なりしょげ返ることになります。
・・・・これじゃ、城○国際大学の自家用だよ・・・。
ちなみに、ホンモノの水色は、もっと青紫がかった独特の色合いです。

日東U32、小湊RT、ベイシティLV、中央LVと揃った「ちば」シリーズ。
こんどは千葉海浜交通のHT3扉なども作ってみたいものです。
by hiro_hrkz | 2008-07-17 02:37 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Comments(2)
Commented by 14号 at 2008-07-19 21:41 x
ちば・・・平和交通の二つ目RJは?
Commented by hiro_hrkz at 2008-07-21 23:44
>>14号さん
ピョンファキョドンの2つ目RJは、「みじか~い」んですわ。
RJ172BAじゃなくてRJ170BAだから。
万が一つくるとなっても、日ノ丸に行った後の姿になるだろうなあ・・。