人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>> 島々な人さん ご..
by hiro_hrkz at 23:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 19:26
>>12号線さん あの..
by hiro_hrkz at 23:50
リアの造作も京阪独特のも..
by 12号線 at 15:39
>>島々な人さん ご無..
by hiro_hrkz at 22:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 00:01
備北バスの日野レインボー..
by しんご at 14:52
>>ツカちゃんさん そ..
by hiro_hrkz at 00:09
こんばんは。 茨交のキ..
by ツカちゃん at 23:19
>運行管理もちの元太平興..
by hiro_hrkz at 21:34
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
日野 試作2階建てバス
バスコレのRC、RVが発売になりましたね。バリエーション豊かな時代の車両ですから、改造ネタも多い反面、工作も高度なものが要求されそうに思います。
変わった車両であれば、長野電鉄のリフト車や、京王のワンロマ、あるいは千葉海浜の3扉なんてのが思い浮かびますが、やはり究極の改造・・という意味でチャレンジしたくなるのがこの車両ではないかと思います。
e0030537_01221223.jpg
e0030537_01234437.jpg
近畿日本鉄道が日野と共同開発した、近距離路線での使用を想定した2階建てバスです。この頃は、未だ「2階建電車」といえば近鉄の代名詞でしたから、おりしもブームとなっていた2階建てバスでも新しい試みを起こしたかったのでしょう。しかし、当時は輸入の貸切車ばかりという情勢ゆえなのか、それとも構造上の問題なのか、認可が下りず、結局、1982年3月に貸切車として登録されたのでした。
その後、どのような変遷をたどったのかは知りませんが、末期は香川県の瀬戸大橋タワーの無料送迎車(自家用)として使用されていました。



発見は偶然でした。コトデンの旧型車目当てに頻繁に高松通いをしていた頃のことです。帰京時に乗った岡山行きマリンライナーの車窓を何気なく見ていると、瀬戸大橋に差し掛かる直前に、紅いバスが留まっているのが目に飛び込んできました。それが試作2階建て車であることはすぐにわかったので、次の高松訪問時の課題としておきました。

世はミレニアムに浮かれる2000年の正月7日。そのときがやってきました。
しかし、いちぢるしいバス路線崩壊が起きている香川県。大橋の真下へ行くのは、僅かな本数のコミバスがあるだけという予想しながらも愕然とするお寒い状況でした。観光案内所のアドバイスに従い、駅前の自転車屋でママチャリを貸してもらい、片道7kmの道のりを進むことにしました。
 ストロー効果と郊外化で寂れた中心部を越え、巨大なコンクリの橋脚が林立する中を進むこと30分、漸くにしてたどり着いた瀬戸大橋タワーは、ブームが終焉した観光地にふさわしく、雑然と不用品が置かれるなど、いささか淋しい場所でした。それら粗大ゴミと同様、駐車場の片隅に、このバスも置かれていたのでした。つまりは既に使ってはいなかった模様。
e0030537_01234472.jpg
e0030537_2185392.jpg

この車両、低床車のRE161をベースとしていることから、この型式で説明されることがあります。しかし、日野自動車のネームプレートには、型式も製番もなく、その真ん中あたりに「HD-01」なる文字列が打刻されているのみ。以前教えていただいた情報では、型式のない完全な試作車だったそうです(日野車体の方には通常の製番が打刻)。
そしてフロントの上には近鉄時代の車番「2751」が書かれていたままでした。
e0030537_01234487.jpg
e0030537_1584764.jpg
前から見ると、普通のバスに2階部分を後付で増築したようにも見えます。一方、側面は一部の窓の構造が特殊ですが、その部分の床形状に合わせたもの。運転席側側面の窓が黒塗りの部分は階段で、前後2箇所にある構造でした。2階の窓は1階のものより随分天地寸法が小さいことがわかります。
e0030537_234074.jpg
車内をフロントガラスから覗き込んでみます。時代が時代だけに、床構造は相当無理しているようです。外見から察するに、2階は相当窮屈だったでしょう。
ロンドンや香港、あるいはベルリンなどと異なり、高さに著しい制限のある日本では、この点で設計が苦しく、路線用としては、やはり無理があったようです。

この車両、今はとある業者に引き取られて保存されているとのこと。
ところで、今回記事を書くにあたり検索すると、こんなものが引っかかりました。

http://www.tabi-navi.net/kagawa/setooota/index.shtml

一体、いつの情報だよ! これ・・・・。
そして「ロンドンタイプ」の宣伝文句。だから赤かったのですね。
なんともはや。

※2016.07.29 画像を交換しました。
by hiro_hrkz | 2008-09-03 02:11 | バス(日野車体) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://caw99100.exblog.jp/tb/8558764
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。