人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
川崎・千鳥運河の橋梁
川崎市から横浜市にかけての埋立地に広がる京浜工業地帯。
重化学工場や製鉄所などが並ぶこのあたりは、たくさんの貨物線や専用線がありましたが、鉄道貨物の衰退と共に多くが廃止になりました。

そのなかで現在も営業中の路線の一つが、神奈川臨海鉄道千鳥線で、川崎貨物駅の南西端から、公共埠頭(市営埠頭)や化学工場がある千鳥町を結んでいます。化成品輸送のほか、関東私鉄の新車輸送や、東南アジア諸国向けの中古車両輸送でも使われており、トワイライター系鉄屋の皆様にはおなじみの路線だと思います。
地図(マピオン)へのリンク

この路線、丁度真ん中のあたり・・・地名で夜光町と千鳥町の間で、千鳥運河をわたります。
国道129号線の北東側に並行して、下路式ガーダー橋が架かっています。
ところが、逆の南西側にも並行して、こんな橋がかかっているのです。
川崎・千鳥運河の橋梁_e0030537_18645.jpg
様々な配管が載っていますが、どうみても、鉄道用の下路式ガーダー橋を転用したもの。
橋脚等も、現役の千鳥線のものに比べ、古臭く感じます。



はて、これはなんでしょう・・・

撮影してから暫く忘れていたのですが、別件で川崎市電のことを調べていたら、正体がわかりました。
千鳥線の開業は1964(昭和39)年ですが、公共埠頭は昭和20年代には既に使用開始されています。では、その間に鉄道はなかったのか・・といえばそんなことはありません。現在の千鳥町駅や公共埠頭に繋がる専用線がありました。
国土地理院の国土変遷アーカイブスで公開されている1956(昭和31)年の航空写真を見てみましょう(今は、自宅にいながら、こんな昔の航空写真が見られるのだから、便利な時代になったと思います)。

画面中央から右側に、西半分だけが完成した埋立地があります。これが千鳥町地区です。ちなみに、現在アクアラインへ繋がる北側の浮島町は影も形もありません。
そして、千鳥運河の部分に目を向けると、道路橋の南西側に鉄道があるのが確認できます。
これが上の橋の正体です。
この路線、本土?側では西にカーブして別の路線に合流しています。この路線が川崎市電で、この先、日本鋼管前(現在の市営バスJFEバス停)のあたりまで、3線軌条になっており、そこから浜川崎駅に通じていました。

ちなみに、合流点の少々北側・・現在の夜光交差点のところにあるのが、塩浜駅。
ここから北は京浜急行大師線で、旧小島新田駅などの位置がわかります。
大師線は海べりを走っていたのですね。

もう少々後の時代、1963(昭和38)年の航空写真を見ると、建設中の塩浜操車場(川崎貨物駅)と千鳥線が解ります。
埋立地も10年でグンと増えました。

それでは、今はどうなっているのでしょう。
Googleの航空写真で確認してみると・・・。
あら、随分綺麗に廃線跡が残っていますね。夜光町側も千鳥町側も工場の敷地内ですが。
ただ、夜光町側は、
川崎・千鳥運河の橋梁_e0030537_1481992.jpg
万年塀が鉄道カーブを描いているので、なんとなくわかります。

なお画像は2008年6月撮影です。
ちなみに、この日の目的はこれではなくて、某特定事業者のバスだったのですが、そちらは1勝2敗・・・。本当の目的を果たせなかったのでした。

しかし、廃線ブームで、国内のたどりやすい廃線・未成線は粗方発掘し尽くされ、残るは某オブロード系サイトのような山奥しかないと思っていましたが、こんなところにもあるとは盲点でした。

※2016.05.21 外部リンクのURLを変更しました。 
by hiro_hrkz | 2008-09-06 01:56 | 鉄道施設 | Comments(4)
Commented by tominubian at 2008-09-06 10:35 x
鶴見沿線〜神奈臨は「東京の秘境」ですからねえ。
かの宮脇俊三氏も「首都圏在住ファンなら乗りなさい」とお書きになられていますし。応じたのは女性が多かったというおまけ付きで。

なにより、製鉄工場内とゆう最後の聖地が控えていまして…
Commented by hiro_hrkz at 2008-09-07 00:45
>>tominubian さん
このあたり、たくさんの専用線跡があって、跡を辿った人もそれなりに多かろうと思うのですが、意外にレポートとして上がっていないですね。川崎市電や京急大師線を除いて。

製鉄所の中なんですが、渡田のほうは、既に構内に線路はないようです。鶴見線の浜川崎~昭和でオーバークロスしているもと鉄道用トラス橋梁が唯一確認できる痕跡かと。逆に扇島の中にはたくさんの線路があるのがgoogleで確認できますね。
Commented by シマ電な人 at 2008-09-07 22:29 x
前回の非公開運転会の時に、バックを川崎市営バスに忘れるという阿呆をやらかし、バスの営業所へ引き取りに行った際、何故か運河を渡ってしまい、引き返そうとした付近に線路が敷設してあった事を思い出しました。
なるほど神奈川臨海鉄道だったんだ。テッキリ何かしらの廃線かとおもっていました。あの時テンパッてなきゃ良かったなぁ…少々懺悔。
結局大回りしまくり、何故か小島新田駅まで見ちゃったのですが、川崎市営バス塩浜営業所の位置が判っただけでも良かったかな?と言い聞かせてます。
Commented by hiro_hrkz at 2008-09-09 01:06
>>シマ電な人さん
塩浜営業所は貨物線との立体交差の横で道路からは見えませんからね。
海底トンネル潜らなかっただけ良かったということで。

まあ、千鳥線は生きている路線なので、列車が走っているときに見に行くといいですよ。
今は私有貨車の留置もあんまりないようですし。