人気ブログランキング | 話題のタグを見る

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
台北近代建築

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。
カテゴリ
以前の記事
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
こんばんは。 電鉄黒部駅..
by 風旅記 at 02:53
この車両の行方を地鉄の方..
by ヤッシー at 14:58
随分前の記事だから、気づ..
by 元海南市民 at 18:43
この画像は超貴重ですね。..
by 北見のせりか at 00:14
こんにちは。 お写真に興..
by 風旅記 at 09:44
他にも首都客運の542路..
by mania at 11:40
So What? さん..
by hiro_hrkz at 21:51
旧動力はモーターカバーの..
by So What? ◆SoWhatIUjM at 12:24
>社長さん ありがとう..
by hiro_hrkz at 00:30
こんばんは くろがね線の..
by 社長 at 21:25
最新のトラックバック
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
伊予鉄道 モハ131
今でこそ、もと京王電車に統一され、整然とした感のある伊予鉄道の鉄道線。
しかし、それらが入線する前は、自社発注車はともかくとして、譲渡車に関しては
コトデンもびっくりのバラエティー豊かな陣容でした。
西武所沢工場から次から次へと送り込まれた各車は、
その多くが関東型窓配置で、似たような外観に改造されたため、
一見すると気がつきにくいのが、罠なのですが。

関東窓配置の車両を記すと、

もと京浜急行電鉄400形(三井造船玉野製)のモハ121~123、クハ421 (1968年入線)     
もと東急サハ3350形→上田交通(未入籍)の サハ501、502 (1971年入線)  
もと相模鉄道モハ2015、2016の        モハ131、132 (1972年入線)
もと京王帝都電鉄デハ1402、1403の     モハ133、134 (1975年入線)
           クハ1203、1204の      モハ135、136 (1974年入線)
           デハ1802、1803の     サハ511、512 (1974~1975年入線)
もと南武鉄道クハ252→国鉄クハ6011→伊豆箱根鉄道クハ27のモハ210 (1977年入線)
もと小田急電鉄デハ1902、1901の      モハ124、125 (1978年入線)

と、このような状態。
車種統一を進めようとしてうまく行かなかった感のあるコトデンに対し、
こちらは、いずれも2~5両づつの少量多種と、架空鉄道作者にありがちな妄想を地で行っている感すらあります。
ちなみに、これらの多くは出元各社で下回りを別の車両に流用したため、西武所沢で機器を調達して取り付けています(モハ210、124、125は古町工場で施行)。ただし、モハ121~125はHL制御なのに対し、モハ131~134は国鉄CS-1A制御装置を搭載しているのが大きな差です。またモハ210は火災消失した自社オリジナルのモハ202の代替として急遽入線したものです。
伊予鉄道 モハ131_e0030537_231538100.jpg
伊予鉄道 モハ131 1990年8月 古町

画像は、これらの車両のうち、私が唯一見ることができた、もと相鉄の車両です。
車体は1955年東急車輛製で、台枠は戦災消失した東急井の頭線(帝都電鉄)モハ1400のものを流用しています。中間車は、もと青梅電鉄モハ506の相鉄モハ2013を改造したクハ431(サハ531)で、モハより大きく窓配置も異なっていました。

なおモハ133・134は、もとを正せば戦災を逃れた帝都電鉄の車両です。
だからまあ、脈絡なく京王の電車を選んだということもなさそうです。
こちらの編成は、より新しく車体の長い1800型が中間サハになったのですが、これも、もと相鉄車に極力合わせようとしたものと推測されます。

さて、伊予鉄は最晩年、これらの車両に小田急FM車のWNドライブ+アルストム式の台車を取り付け、アンバランスな外観となっていました。この車両もFS316を取り付けています。
これらは、後に、もと京王5000の700形に再度流用されています。

※2014.6.26 画像を交換しました。
by hiro_hrkz | 2008-09-11 02:57 | 鉄道(旧形電車) | Comments(0)