人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
大井川鉄道井川線ED903とラックレール区間
大井川鉄道には何度も行っているのですが、いつも目当ては旧型電車だった私。
しかし、この度、漸くにしてはじめて蒸気機関車列車に乗り、寸又峡温泉に泊まり・・という定番コースをたどりました。そして、井川線にも15年ぶり乗車してきました。井川駅前が土砂崩れで海芝浦状態になっている、という体験も。
大井川鉄道井川線ED903とラックレール区間_e0030537_0193.jpg
大井川鉄道井川線 ED903(-ED901) 2008年9月 アプトいちしろ

井川線の名所はいろいろありますが、その代表は長島ダム建設に伴うアプト式ラックレール使用区間でしょう。ここで動く機関車がED90。日立製の56t機で、私鉄では相当重い機関車となります。通常は、単機で列車を押し上げますが、ディーゼル機関車(DD20)が編成内に2両入っている場合は、重連で押し上げるようです。

それにしても、アプトいちしろ駅周辺は何も無く、よくこの図体のでかい車輛を持ち込んだものだ・・と思いました。そもそも、アプトいちしろ~長島ダム1.5kmの周囲にあるのは発電関連施設ばかりで、まさしく産業鉄道。よくもまあ、こんなところにこんなものを平成になって開業したものです。で、このアプト線ができてからもう18年なんですね。いやはや。
大井川鉄道井川線ED903とラックレール区間_e0030537_0191064.jpg

さて、今回長島ダム駅で降りて、アプトいちしろまで歩いてみました。
ちょうど、ラックレール区間を横から見ることができますた、物凄い勾配を上っているのが解ります。そして、電機と他の井川線車輛の断面差。これまた必見です。
大井川鉄道井川線ED903とラックレール区間_e0030537_022588.jpg
この急勾配の区間は、法律のからみか、昭和末期の建設区間だからなのか、高規格路線となっています。
この写真は、長島ダム駅から井川側を見たものなんですが、森林鉄道然とした井川線とは完全に異なる雰囲気。架線柱といい、複線断面のトンネルといい、なんとなく、国鉄がド派手な改良をやった区間・・・たとえば、福知山線の武田尾や、山陰本線の保津峡を連想させます。

一方、廃線跡の一部は「一応」遊歩道として整備されており、数箇所のトンネルを潜ることができます。
大井川鉄道井川線ED903とラックレール区間_e0030537_0262283.jpg
ここは「ミステリートンネル」とパンフレットに書かれているので、期待して行ったのですが・・・。
その真相はというと、トンネル内照明が整備されていない為なのです。
幸い、同行者が懐中電灯を持っていたため事なきを得ましたが、別の意味でミステリーになっちまうぞ!と思ったものです。なお、アプトいちしろ側から入れば、途中のキャンプ場利用客のために懐中電灯は貸してくれるそうですが、長島ダム側からたどると、特に注意書きがあるわけでもなく、全く気がつきません。もし歩かれる場合はご注意を。
by hiro_hrkz | 2008-10-02 00:32 | 鉄道施設 | Comments(0)