人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
宮古協栄バスの富士重工架装車
今回、突発的に宮古島に行った理由はたったの一つ。
それは、八丈島の回に書いたとおり、ここに富士7Eが走っているためです。

宮古島は離島にもかかわらず路線事業者が宮古協栄バスと八千代バスの2社があります。
そのうち富士7Eを保有しているのは宮古協栄バスで、自社発注車が2種類ほど在籍しています。

まずは、P-の車両から。
もともと貸切車として導入されたそうで、逆T窓のエアサス車となっています。冷房機は離島らしく?、サブエンジン方式です※。2台いたものの、既に1台は廃車になったようです。
宮古協栄バスの富士重工架装車_e0030537_173430.jpg
・宮古協栄バス 日デP-UA33L  +富士7E 2008年11月 沖縄県宮古島市(平良)

そして、U-の車両は当初から路線車両として導入されたもので、2台が在籍しています。
煉瓦のような塗装が目につきます。

が、この車両最大の特徴は、
「非冷房」
であること。

あの、灼熱の南西諸島に、よもやこのような仕様の車両が、それも1993年に導入されているのですから驚きです。沖縄恒例の路線固定運用ゆえに他の路線と格差をつけるにもいかず・・ということだったのでしょうか?
そんなところはケチっておきながら、サスペンションはしっかりとエアサスを装備。
なんだか、こんなところよりも、北海道の室蘭か日高地方が似合いそうな風情ではあります。
宮古協栄バスの富士重工架装車_e0030537_114969.jpg
宮古協栄バスの富士重工架装車_e0030537_1142299.jpg
・宮古協栄バス 日デU-UA440HAN  +富士7E 2008年11月 沖縄県宮古島市(平良)

画像の比嘉・長北・宮原行き(長北・山北線)と友利行き(友利線)に
入っていました。

最後に紹介するのは貸切車。
宮古協栄バスの富士重工架装車_e0030537_1155519.jpg
・宮古協栄バス 日デP-RA53TE  +富士HD-I 2008年11月 沖縄県宮古島市(平良)

サンダーカットが特徴的な車両で、何台か導入されているようです。
正直、貸切車や高速車はよくわからないのですが、なんとなく全体の特徴から、もとは新潟交通ではないかと推測しました。

※2008.12.6 訂正。 
もともと直結冷房車であったもの、路線車に格下げ後に冷房機を取り外したとのコメントを頂ました。
by hiro_hrkz | 2008-12-04 01:22 | バス(富士重工) | Comments(4)
Commented by 12号線 at 2008-12-04 07:41 x
宮古協栄・八千代とも観光車は宮古島のみならず、フェリーで伊良部・下地へ足を伸ばすこともありますね。
伊良部島は共和バスが存在しますが、元宮古協栄の観光車は半壊のまま放置されているようでした。
Commented by hiro_hrkz at 2008-12-05 00:27
>>12号線さん
フェリーで伊良部へ・・・・そんな使い方もあるんですね。
船は軒並み高速艇の八重山では真似ができません。
伊良部島も、宮古島市になり数年後には橋でつながるようですが、
そのときは共和バス含めて、どのような変化が起きるのか注目しています。
・・・・宮古空港のアクセスが悪いので、空港~平良市街~伊良部なんてバスでも走らせて欲しいなあ・・と。
Commented by ノリだ at 2008-12-06 17:41 x
管理人さん、はじめまして、沖縄の宮古島に住む、ノリだと言います_(_^_)_よろしくお願いします。
さて、宮古協栄バスの7E…。UA32系は、以前は、空港からの宮古島東急リゾートシャトルバスと観光バスに兼用に使われていましたが、エアコンは確かサブエンジン仕様ではなく、屋根上にある直結仕様のエアコンでしたよ。路線におりた時にはエアコンは使われず、後にエアコンユニットが取り外された様でした。日産ディーゼルの、宮古協栄バスの観光、RA53系ですが、確かこのクルマは、新潟交通から後に、弘前にある青森前田観光バスに移籍し引退後に宮古島にやってきたそうです。
Commented by hiro_hrkz at 2008-12-06 21:28
>>ノリださん
はじめまして。
離島の事情は、全くわからないので、現地にお住まいの方のコメントはたいへんありがたいです。

>直結仕様
反対側を撮影したものを見直したら、たしかに直結クーラーの仕様ですね。失礼しました。
冷房付いている仕様なのに、屋上にエパポレータは無いし、窓柱は太いところがないなど、現物を目の当たりにして非常に違和感を感じたのですが、そのような事情があったのですね。

RAの多重移籍というのも面白いところですね。
貸切車の移籍範囲は全国から全国へなので、
路線車ではちょっと考えにくいなあ、と思いました。