人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
宮古協栄バス いすゞU-LR332J +アイケー
今回、宮古島に急遽行くことを決めたのは、本土からの移籍車が登場したとのニュースをうけたため。7Eが代替されたら大変・・・ということだったわけですが、これは前回書いたとおり無事撮影、そして、移籍車は2車種計4台ほど見かけました。
そのうちの片方がこちら。
宮古協栄バス いすゞU-LR332J +アイケー_e0030537_20554190.jpg
・宮古協栄バス いすゞU-LR332J +アイケー 2008年11月 沖縄県宮古島市(平良)

一見してわかるように、もと立川バスの車両です。
塗装は、もとのものを生かして、緑と青の帯に一部を変えています。
宮古協栄の車両には統一された塗装というものが無かった(・・・このあたりは石垣島の東運輸に通じるものがあります)ようですが、今回の移籍車はこれが標準塗装となり、もと神奈中のMK218Jも同一のものになりました。



さて、宮古協栄バスの路線には、今回、空港入口から平良まで乗りました。
しかし、これがなんとも不可解でした。
夜到着の飛行機で宮古空港に着きましたが、ここが新しい割りに淋しい雰囲気。
事前に調べた時刻に従い、空港近くのバス停まで歩きましたが、ここには街灯もなく真っ暗。
バス停には時刻表もなく、心細くなりながらも10分ほど遅れてやってきたバスに乗ることができました(・・・・運転士さんは、幽霊でも立っているんじゃないかと思ったかも)。

そして路線の終点、平良ターミナル(バス営業所)は市街地の入り口にあるところで、市役所周辺までは徒歩10分ほどかかります。はい、平良市街に直接バスで乗りつけることができないのです。まあ、現在は高校生くらいしか運んでいないそうなので、宮古高校近くのここでいいのかもしれませんが、夏だったらきついだろうなあ・・と。

宮古島は、石垣島よりは面積は小さい(石垣島:222.6km^2、宮古島:158.7km^2)ものの、人口はほぼ互角(石垣・約45000人、宮古・約48000人)で、平成の大合併までは4市町村に別れており、近くに伊良部島もあることから、平良市の格もありそうに思いました。
が、現地へ行ってみると、平良市街は閑散とした感じで、観光客相手になってしまったとはいえ石垣の中心市街の賑わいとの差を感じました。この点は、宮古は観光地にはなりきれていない・・・西表島や竹富島を抱える八重山の中心としての石垣との差でもあります。
また、石垣は中北部が山がちな為に人口が集中しているのに対し、離島にしては平坦な宮古は人口が分散しているようにも思います
平良は、日本のどこにでもある中心市街の壊滅した地方都市でした。

これが、便数が激減状態にはあるものの、30分間隔の白保線、40分間隔の空港線東西、一定の本数がある川平リゾート線を抱える石垣島の東運輸との差になっているんだろうなあ・・と思いました。
by hiro_hrkz | 2008-12-07 21:46 | バス(川重/IK/IBUS) | Comments(2)
Commented by 12号線 at 2008-12-07 23:12 x
昔の「空港前」が唯一のバス停だった頃の石垣も、大分歩いたような気がしますが、空港乗り入れは都市化の一歩なのかもしれませんね。
そうした便利さもいいのですが、来ないバスを待ちつつ島の空気を吸ってみるのも、一つのぜいたくではないでしょうか。
島には島固有の時間が流れます。不便は承知で現地に溶け込み、二度三度とリピートする事により、新たな発見もできる事と思います。
Commented by hiro_hrkz at 2008-12-09 00:05
>>12号線さん
東運輸の空港~石垣市街の路線は、歴史がそんなに深いわけではないのですね。そうなると、島内の生活路線撤退の穴埋めという見方もできそうです。
八丈島空港でも感じたことなのですが、こういうものを使ってくる人はタクシーを使い、島内の生活者の為にバスがあるという、ある種の棲み分けのようなものも感じました。

島で路線バスを利用して観光しようと思うと、おおよそ使える本数に限りがあるので、レンタカー利用に比べて大幅に制限を受けますが、その分、一箇所あたりの滞在に余裕がでて、これはこれでいいのだ・・と思うようになりました。
・・・このあたりは次回で、触れるかもしれません。