人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
月末の雑感 ~スタンダード・ナンバー~
 バスマニアの大半は、鉄道になんらか興味を持っていると思われる。
しかし、その両方を追えば追うほど、バスと鉄道の情報提示の方法は異なってくることがわかる。
 
 たとえば、撮影地の情報である。
私のサイトでは、鉄道は駅名を基準とするが、バスは市町村名(+地名・施設名等)としている。当初、駅名に習いバス停名を使っていたが、程なくして現在の形に変えた。

 鉄道は路線と駅がつきものである。駅名ならばたとえ土地勘が無くても、検索エンジンを使えば大概のものはヒットするし、鉄道路線というものは、全国のどこにあるのかをイメージしやすい。

 しかしバス停は、検索してもヒットするとは限らない。ヒットしたとしても、有名な場所でなければ、そのバス事業者に余程精通している者か、その場所を知っている者でなければ、どこにあるのかをイメージするのは難しい(なにせ自分自身が地元のバス会社でも普段乗る系統以外は、まるで解らないのだから)。更にはバスは路線バスに限らない。貸切バスや特定輸送もあれば、拠点間でしか旅客を扱わない高速バスも存在する。つまりバス停名は、撮影場所の指標として不適なのである。そこでもっと大きな区分である自治体名を使うことにした。最も、広域合併でその範囲が大きくなりすぎ、自治体名も鵺と化している(今に始まったことではないが)ため、最近は、適宜ランドマークとなるものを添えることが多い。

 車両についても考えてみたい。
日本の鉄道車両を紹介する際に多用されるのは、形式と車番である。
一般的な鉄道車両であれば、一部の例外を除きこの両方が付与されている。それゆえ、興味対象の事業者が違うもの同士でも通じる「共通語」になった。最も、これが通用しない海外や専用線、保線用車両となれば話は別である。

 では、バスはどうなるのだろうか。
まず「形式」にあたるものは、各事業者のオーダーメイドである鉄道車両と異なり、基本はメーカのレディメイドであるため、この「既製品」の単位で付与される。ゆえに、国交省から認可を受けたメーカ付与の「型式(かたしき)」を用い、これに車体メーカ・種類を組み合わせるものが共通語として使われてきた。最も型式は難しいので、ブルーリボン、日デUA、ブルドックなどの車両の愛称名や略称・俗称を用いることも多い。本当は、このほうがわかりやすいかもしれない。
 そして「車番」にあたるものは、登録番号を用いることが多い。事業者独自の整理番号(社番)が車両に振られているならば、それを使うこともある。全般的に鉄道より旅客用航空機に近いと感じる。

 ところで、この社番の一部だけを使って、あたかも鉄道車両における形式のように表現することが見受けられる。これは、その車両を保有するバス事業者に興味があるマニアを対象に発信する場合は問題は少ない。現に自分も関東バスのマニア同士なら、3200代や500代といった表現を用いる。
 しかし、その外側のバスマニアに向けて発信された場合、これは意味不明の言葉となる。たとえば、「東急バスの1500番台」と書いてあっても、フォローが無ければ、多くの読者には意味が解らない。それは各社で社番の持つ意味が異なるから、同じように「国際興業の1000代」「国鉄の5型」「都営のX代」「関鉄の9000代」と略しても、指し示すものがバラバラ(東急と都営は購入年度、国際興業は車種、国鉄は車両の大きさ、関鉄は移籍車)になるためである。
 つまり、鉄道車両の形式やバスの型式のように、言葉と対象の関係が固定されない。
「東京急行電鉄8000系」と書くのとは意味が異なるのである。

 (路線)バス趣味というのは、その対象がドメスティックなもので、興味の地理的範囲も限定される傾向にある。いきおい、自分の周りに起きている事象が全てと錯覚しやすい。
だが、実際には全国レベルで見れば、特異な現象かもしれない。事業者別マニア限定でなく、全国のマニアに向けて発信するものであれば、ほかにも、「貴重なツーステップが・・・」などと表現したりするのは慎みたいものだと思う。
by hiro_hrkz | 2009-01-31 02:41 | 言いたい放題 | Comments(0)