人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>無賃乗車お断りさん ..
by hiro_hrkz at 12:30
1987年発行の季刊バス..
by 無賃乗車お断り at 22:13
>FUSOきゃろるさん ..
by hiro_hrkz at 00:37
サンデンの場合は、本来三..
by FUSOきゃろる at 20:35
こんにちは。 石山坂本..
by 風旅記 at 17:07
>> 島々な人さん ご..
by hiro_hrkz at 23:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 19:26
>>12号線さん あの..
by hiro_hrkz at 23:50
リアの造作も京阪独特のも..
by 12号線 at 15:39
>>島々な人さん ご無..
by hiro_hrkz at 22:43
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
2007年 08月 31日 ( 1 )
月末の雑感 ~独自研究万歳~
お気づきの方も多いと思うが、このブログでは基本的に鉄道とバスを交互に取り上げている。
しかし、本家サイトの更新履歴を見ると、鉄道系コンテンツとバス系コンテンツの更新頻度の歴然たる差!
「創作『鉄道』資料館」を名乗りながらバス主体とは、まるで西鉄のようである(なんのこっちゃ)。

これは、サイトを作成した時点で、買収国電にしても神奈電にしても既に一度は別の形で完成したコンテンツを流用したのに対し、バスはゼロからのコンテンツを作成しWEBではじめて公開するものだったためである。
そしてもう一つ、バスは自分が書いている・・という実感を得られたことも大きい。

鉄道趣味は偏りがあるとはいえ情報は多く、また趣味の形態も、いわば既存のコンポーネントを流用し組み合わせることでも楽しめる。そして、あたらしい発見をしようと思えば、やたら深いところまで入り込む必要があり、趣味を細分化させている。ただ、私程度の人間では出きることも限られている。
結局、既出事項をなぞることになり、いまひとつ楽しみを見つけられなかった。

一方、バスは未開拓の世界だった。頼るものは少なく、手探りで進むしかない。
いまでも、ブログに書くことを確認する際に、鉄道なら本を漁ることが多いが、バスは自分のメモが頼りということがままある。
趣味の蓄積が浅いゆえ、初心者向けの基本情報すら作れない状態にあるのは今でも実は変わっていないだろう。
その分、基本的な情報であっても自分の視点を持てる自由度が高い。富士重工のバスについて、自分で確認してきたことを、あれやこれや書けるのは、相当に楽しかった。

鉄道趣味とバス趣味は、似て非なるものであると感じる部分でもある。
バス趣味は、独自で研究できる部分が、まだ沢山ある・・ということだ。


某事典サイトで独自研究は云々と・・書かれているが、趣味なんてものは独自研究の塊なのである。
それが、広く受け入れられて定説化しているのに過ぎない。
たとえば、エンジン開口部によるバスの見わけ方は、古くからバスマニアにはお馴染みの手法だが、
その内容は、メーカーの資料で裏づけがあるわけでもなく、ただマニアの観察結果にすぎないのだ。

だから、あの原則は、百科事典にふさわしくない趣味的な内容は止めましょう、客観的事実だけを書きましょう・・という意味なんだと解釈している。

いずれにしても、独自研究は楽しい。
その結果をうまく表現できたら・・・そして内容が人に伝わったら、もっと嬉しい。
by hiro_hrkz | 2007-08-31 01:44 | 言いたい放題 | Comments(2)