人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>無賃乗車お断りさん ..
by hiro_hrkz at 12:30
1987年発行の季刊バス..
by 無賃乗車お断り at 22:13
>FUSOきゃろるさん ..
by hiro_hrkz at 00:37
サンデンの場合は、本来三..
by FUSOきゃろる at 20:35
こんにちは。 石山坂本..
by 風旅記 at 17:07
>> 島々な人さん ご..
by hiro_hrkz at 23:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 19:26
>>12号線さん あの..
by hiro_hrkz at 23:50
リアの造作も京阪独特のも..
by 12号線 at 15:39
>>島々な人さん ご無..
by hiro_hrkz at 22:43
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
2016年 08月 13日 ( 1 )
一畑電気鉄道 デハ20形
86年ぶりの完全新造車が投入されることが話題になっている、島根県の一畑電車。
その、86年前とは昭和初期・・・電化や路線延長が行われた時期で、日本車輌製の鋼製電車を揃えました。
ローカル私鉄マニアの間ではそこそこ有名な車両ですので、これまでは遠景冬の日の景色として遠慮がちな記事にとどめていました。そこで、今回は車両に焦点をあて、一部を改造してつくられた2扉クロスシート車のデハ20形を取り上げたいと思います
e0030537_01271371.jpg
・一畑電気鉄道 デハ23 1993年8月 平田市
e0030537_23184465.jpg
・一畑電気鉄道 デハ22 1995年2月 秋鹿町

まず、一畑の日車製16m級鋼製電車についておさらい。
出雲今市(現・出雲市)~一畑の電化に際して、1927年9月にデハ1~5の5両を新製。うちデハ4は験を担いだのか1929年にデハ6に改番。3扉ロングシートでした。
続いて、1928年に団体用に制御車の(クハ14→)クハ101を増備。車体はデハ1と同型で、その後、1942年認可・1948年に竣工で電装されてデハ7に改番。
そして、小境灘(現・一畑口)~北松江(現・松江しんじ湖温泉)および大社線の開業に際して、1928年にクハ(ニ)3~4、1929年にデハニ53~54を新製。こちらは、2扉+荷物室の合造車となりました。3、4は翌年には電装されてデハニ51~52に改番されています。
合計10両を短期間に揃えたのは、なかなか立派なものですね。

戦後、1951~52年にかけて、デハニ51、デハ2、1、5の順に、2扉クロスシートのデハ21~24にナニワ工機で改造しています。種車は異なりますが、デハ1から中央扉を埋めた窓配置に改造。リベットの打ち方や車体裾の形状も違和感なく仕上げられています。
また、1967年にはデハニ54をデハ11に改番したうえで、デハ7を1962年に電装解除したクハ111と固定編成にしました。このとき車体は大幅に手を加えられ、2扉なるもののその位置は車体中央より、側面ステップは切り上げられ、車内はロングシートとなりました。
そして、3扉両運転台で残ったデハ3、6は1978年の大社線ワンマン化に際して、アルナ工機で運転席の拡張・乗務員扉の取り付けと、それに伴い両端の扉と戸袋窓を車体中央側にずらす工事を請けています。

下回りは制御器と主電動機は三菱製であるのは、この時期の日車製地方私鉄向け電車の多くに同じ。WH社のライセンス品である単位スイッチ式手動加速のHL制御器と、定格出力75kwのMB-98-AFGを4機備えています。が、戦後、双方を弱界磁制御が行えるように改造を行い、列車速度を向上しています。本来、WH~三菱の制御器は弱界磁制御が行えるものはFがつくわけで、HLF(制御器の電源がバッテリならHBF)と称するのが正しいのですが、後付改造ということもあるのか、このような言い方はしていませんでした。
 余談ですが、デハニで認可最高速度の85km/hを経験したことがありますが、これが実にダイナミックなもの。なにかにつかまっていないと・・・というのが大げさではないほどでした。

ブレーキは直通制動(SME)。後年、5両編成にするときは、中間車にブレーキ手を乗せて、編成後部の車両にも均一にブレーキがかかるように操作していました。

さて、デハ20形は1958~59年に入線した、もと西武鉄道クハ1235~1238のクハ100形101~104と編成を組むようになります。が、両者は固定編成にならず、デハ20形は最後まで両運転台のままでした。
e0030537_01271372.jpg
e0030537_01271355.jpg
画像は1995年に撮影したデハ22の車内。
 二重屋根風の天井や木製のボックスシート、
 扉は木造の手動・日よけは鎧戸である一方で窓枠はアルミサッシ、
 客室の車内照明は蛍光灯だが運転席だけ白熱灯であること
などが解りますが、一点注目していただきたいのが運転台の仕切りの位置。いつも先頭に立っていたパンタグラフ側は左隅なのに対して、クハ100と連結する側は中央運転台になっていました。
e0030537_01271366.jpg
・一畑電気鉄道 デハ21 1993年8月 平田市

踏切事故か何かで先に戦線離脱(1994年6月廃車)した21の非パンタ側です。
ワイパーの取り付け穴も中央の窓枠にあけられていることがわかるかと思います。
前照灯もパンタグラフ側がシールドビーム2灯なのに対し、こちらは白熱灯のままですね。

デハ24がいちばんはやく1981年に廃車。最後まで残っていたデハ22・23は1996年に廃車になりましたが、うち23が赤茶色の旧塗装に戻されて、平田市駅近くの平田図書館前に保存されました。
e0030537_01541325.jpg
e0030537_01271338.jpg
・1998年9月 

しかし、長続きはせず2004年?に解体。先頭部だけが島根県立古代出雲歴史博物館に引き継がれました。

by hiro_hrkz | 2016-08-13 00:47 | 鉄道(旧形電車) | Comments(0)