人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>> 島々な人さん ご..
by hiro_hrkz at 23:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 19:26
>>12号線さん あの..
by hiro_hrkz at 23:50
リアの造作も京阪独特のも..
by 12号線 at 15:39
>>島々な人さん ご無..
by hiro_hrkz at 22:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 00:01
備北バスの日野レインボー..
by しんご at 14:52
>>ツカちゃんさん そ..
by hiro_hrkz at 00:09
こんばんは。 茨交のキ..
by ツカちゃん at 23:19
>運行管理もちの元太平興..
by hiro_hrkz at 21:34
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
熊野交通 日デU-RM210GAN +富士8E
e0030537_01105894.jpg
和歌山県南東部の新宮市を中心に那智勝浦・熊野本宮大社等に路線を持つ南海系列の熊野交通。
現在は親会社などからの移籍車が多数在籍していますが、2000年代中頃までは自社発注が大半となっていました。日野が中心のラインナップでしたが、その中には日デの中型も存在しました。
e0030537_01110194.jpg
・熊野交通 日デU-RM210GAN +富士8E 2007年8月 和歌山県新宮市
e0030537_01105363.jpg
・熊野交通 日デU-RM210GAN +富士8E 2007年8月 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町

熊野交通ではRM90Gの4E架装を導入したことがあったようですが、その後は暫く採用が途絶えています。
そして、1992年度に久しぶりに導入されたのが画像のU-RM+富士8Eで、3両づつ2回に分けて入りました。その後日デはKC-RN(いわゆるチョロQ)が導入されていますがこちらは車体が西工となったため、これが同社で富士8Eを導入した唯一の事例となりました。
 エアサス、前後引戸でメトロ窓は当時の熊野交通が導入していた車両の標準的な仕様です。ただ、この頃の富士8Eはメトロ窓を採用すると第3柱(エバポレータの直下)の窓柱が太くなり、外観的にはスマートさを欠いていました。
e0030537_01105644.jpg
・熊野交通 日デU-RM210GAN +富士8E 2007年8月 和歌山県新宮市

一方、リアから見るとエンジン部分の開口部に特徴がありました。通常のU-RMは単純な矩形になるのですが、これらは何故か右下端が四角に切り取られていました。RMでは他に事例がなく、何故このような形になったのかは今もって不明です。
廃車は意外と早く、撮影したときにはもう2両しか残っていなかったと記憶しています。新宮~那智方面は海沿いで潮風の影響を受けやすかったのでしょうか。

# by hiro_hrkz | 2019-07-14 01:54 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(0)
おつかれさまでした。
e0030537_01270541.jpg
今年も、JNMAフェスティバル(第25回 2019年7月7日開催 於・都産貿台東館)に、T-Track Network(路面モジュール)の一員として参加いたしました。会場でお会いした皆様、お疲れ様でした&ありがとうございました。

JNMAが梅雨時の開催になってから久しいですが、今回のようにしっかりと雨が降る中での開催というのは記憶にある中でははじめてだと思います(小雨は何度かありました)。だからといって人が少なくなるなんてことはなく例年どおりの混み方・・・ただ、以前あった開場すぐに猛ダッシュのようなことはなくなりましたね。

今回持ち込んだモジュールは2年ぶりの神奈電平塚中央駅だったのですが、
e0030537_01233626.jpg
e0030537_01233432.jpg
各参加者が持ち込んだ自作・改造の広島電鉄鉄道線直通車にジャックされ、広電宮島になりました(笑)。
そして、毎年恒例不法占拠はこんな感じ。
e0030537_01344387.jpg
今年は神奈電とこの1年に製作した4両を持ち込みました。この中には、ようやく完成した車両も。
それがこちら。
e0030537_01232799.jpg
e0030537_01232960.jpg
昨年12月から半年かけて完成に至りました。神奈川電鉄3700形・・・第2次神奈電シリーズで決まらなかった最後の1ピースを漸く埋めることができました。愛甲鉄道が電化時に自社発注した、いわゆる川造型という想定です。
 車体は、既報のとおり鉄コレ第2弾の南武鉄道100からの改造。その関係でプロトタイプは、側面両端の窓幅が他の窓幅と同じ目黒蒲田電鉄デハ200としています。
e0030537_01472489.jpg
塗装直前の状態がこちら。屋根は特にプラ板で嵩上げなどはしていないことがわかると思います。川造型は屋根は深いのですが、車体高が他車に比べてそれほど高いわけではありません。屋上のお椀形ベンチレータはペアーハンズの製品で、これまでも数々の車両で重宝しています。なお、中央扉上のベンチレータは左右で千鳥配置となっているのは西武151形に倣ってのこと。
 雨樋などはランナー引き伸ばし線で表現。一方前面裾の出っ張りは、かつて作成したコトデン890で0.3mm厚プラ板を貼ったところゴツくなりすぎたので、今回は紙・・・財布の中に入っていたレシート(!)を細く切って瞬間接着剤で貼り付けました。
e0030537_01233187.jpg
その他、3年前のJNMAに持っていくつもりで作成してたものの、塗装直前で時間切れとなっていたオリジナルの16m級車・3610形の追加分2両も今回、完成させました。
 6年前に完成させた2両と完全に同型。これで4両となりましたが、同じ車両が複数揃うとよ嬉しいものですね。
e0030537_02012004.jpg
さて、次は何を作りましょうか。 
# by hiro_hrkz | 2019-07-09 02:01 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(0)
日田バス 日野KC-RX4JFAA +日野車体
小型路線バスの主力として全国各地の事業者で採用された日野リエッセ。その機動性あるいは収容力など、様々な面で小型路線バスの決定版であったと思います。
本日とりあげるのは、西鉄系列の事業者である日田バスの路線車両。第一世代の平成6年排ガス規制(KC-)適合の車両です。
e0030537_21435233.jpg
・日田バス 日野KC-RX4JFAA +日野車体 2005年7月 大分県日田市

ごくありふれたトップドアの車両で、車内はハイバックシートが並ぶどちらかといえば貸切車を思わせる仕様です。立席がないためか小型ナンバーです。
しかし、何より目を引くのは前面の窓下に取り付けられた方向幕。フロントガラスの中にあるよりは見やすいのはたしかですが、ちょっと重々しい感じですね。「日(バスセンター)田」という表記方法が、いかにも西鉄らしさを表していると思います。
# by hiro_hrkz | 2019-07-06 22:19 | バス(日野車体) | Trackback | Comments(0)
阪堺電気軌道 大和川検車区の入換車とデト11
昭和30年代の路面電車工場で撮られた写真を見ると、古物の台車の上にとって付けた車体を載せた怪しげな構内入換車が出てくることがよくあります。その雰囲気を今に伝える唯一の存在といえるのが、阪堺電軌大和川検車区の2両の入換車でしょう。
e0030537_00384329.jpg
・阪堺電気軌道 大和川検車区入換車(TR1) 1993年8月
e0030537_00384336.jpg
・阪堺電気軌道 大和川検車区入換車(TR2) 1993年8月

画像は1993年に撮影したものですが、現在も大きくは変わっていないようです。この2両の詳細と使用方法は、RailMagazine誌前編集長の名取氏のブログに詳細が掲載されていますので、こちらでは簡単に。
 TR-1は1950年製でB型電機のような板台枠?の下回りが特徴的です。こんな車両であっても前面がR付きなのは何かから流用した関係なのかどうか。一方、TR2は散水車を改造したもので、ブリル21E単台車を履いているため一応は電車らしい感じがします。塗装は、旅客車と同じ塗り分けを採用していたようで、この頃(・・・現在もですが)は在来車用の新塗装となっていました。といっても、殆どが全面広告車である同社で実際に旅客車で塗られたのは何両あるのやら。
 この2両、撮影された写真はトラバーサーの向こう側に留められているものが大半ですが、これはそもそもこの車両の役目が、入場中の車両をトラバーサに載せ、転戦した先で押し出すことが目的だったため。つまりこの場所が定位置だったようです。
e0030537_00384391.jpg
e0030537_00384264.jpg
・阪堺電気軌道 デト11 1993年8月 大和川検車区(我孫子道)

 阪堺にはちゃんとした電動貨車も在籍しています。
デト11は1952年帝国車両製。改造車であることが多いこの手の車両ですが、これは新車。キャブが四角四面ではなく大きなRが付いているところに、丁寧につくられている印象を持ちます。ヘッドライトが文字通り屋根に埋め込まれているのが特徴。
 一方で台車は軸距が短いブリル27GE-1で、これは阪堺電軌1形を由来とするものでしょう。主電動機は芝浦SE-104A(30kw)を4基搭載。これも昭和初期に製造された鋼製ボギー車と共通しています。つまり新車といえども部品は手持ち品の流用だったのでしょう。2000年に車籍はなくなりましたが、構内入換用で引き続き使用されています。

撮影時は、天王寺側に2台の保線用台車を繋げていましたが、これは元をたどれば陸軍鉄道聯隊の97式軽貨車。
こちらも「今なお現役」であるようです。
# by hiro_hrkz | 2019-07-01 01:41 | 路面電車・低床電車 | Trackback | Comments(0)
大利根交通自動車のキュービック
e0030537_02390280.jpg
 東京駅からJR常磐線に乗り利根川を越えると茨城県の取手。その東口を起点にしたバス路線を運行するのが大利根交通自動車です。取手駅~北方車庫の他には幾つかの路線があるだけの小規模な事業者ですが、それだけに効率が良いのか車両は自社発注で固められ車齢も若めです。
 大利根交通は原則いすゞの大型車を導入しています。昭和58年排ガス規制(P-)~平成元年排ガス規制(U-)初頭まではボディーに富士重工を選択していましたが、それ以外は川重~IBUS系を選択しています。今回はキュービックボディーを架装した車両を取り上げたいと思います。
e0030537_02390244.jpg
・大利根交通自動車 いすゞU-LV324K +IK 2009年7月 茨城県龍ケ崎市
e0030537_02482192.jpg
e0030537_02390279.jpg
・大利根交通自動車 いすゞU-LV324K +IK 2001年5月 取手駅(茨城県取手市)

まずは平成元年排ガス規制の各車から。
 大利根交通は軸距4.67m級の短尺車を採用していました。2段窓・前中引戸が基本仕様なのですが、このU-のキュービックでは2両だけ中扉をワイドドアにしていたのが特徴です。しかもこの2両、側面の方向幕の位置が異なっています。富士重工架装の頃から前中扉間の中央の窓に方向幕を設置していたのですが、ワイドドアにしたため試行錯誤したのでしょうか。大利根交通は前乗り中降り運賃自己申告制なので、前扉に近いところに方向幕があったほうがよさそうに思えるのですが。車内は、U-LV+富士7Eまでは運転席直後・前中扉間を除いて三方シートを採用していたのが特徴でしたが、これらの車両以降は三方シートが中扉以降のみに縮小されています。
e0030537_02390183.jpg
・大利根交通自動車 いすゞKC-LV380L +IBUS 1999年1月 茨城県龍ケ崎市
e0030537_02390219.jpg
・大利根交通自動車 いすゞKC-LV380L +IBUS 2009年8月 取手駅(茨城県取手市)
e0030537_02390281.jpg
・大利根交通自動車 いすゞKC-LV380L +IBUS 2009年9月 茨城県龍ケ崎市

続いて平成6年排ガス規制(KC-)の各車。
U-LVの中引戸の車両の仕様を基本的に受け継いでいます。換気扇を採用せず、屋上には手動のベンチレータを4つ取り付けただけなのも相変わらず。リアの方向幕が千葉県の事業者でよくみられる大型タイプであることも大利根交通の特徴でした。
e0030537_02390145.jpg
・大利根交通自動車 いすゞU-LV324K +IK 1994年3月 取手駅(茨城県取手市)

そして何より大利根交通の車両で印象的だったのは、前面に掲げられた「ワンマンバス 前のり 後おり」のプレートで、これが電照式であることでした。しかし、2009年頃に撤去されてしまい、ごく平凡なスタイルとなってしまいました。
e0030537_02390282.jpg
・大利根交通自動車 いすゞKC-LV380L +IBUS 2009年9月 茨城県龍ケ崎市
# by hiro_hrkz | 2019-06-23 01:36 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(0)
岩手開発鉄道 DD56
e0030537_02384933.jpg
・岩手開発鉄道 DD5651ほか 2019年5月 盛~長安寺

私の令和初の鉄道撮影は、岩手開発鉄道でした。
 岩手県大船渡市の赤崎~盛~岩手石橋に路線を持つ同社は、現在では太平洋セメント向けの石灰輸送専業ですが、1992年3月限末日までは旅客営業を行っていました。しかし、岩手開発は立地からしてアプローチが大変で、かつ他のローカル私鉄との掛け持ちが難しい(国鉄転換の3セクには当時、興味が無かった)ため、その頃に行くことはできませんでした。
その後、盛は大船渡線と三陸鉄道の乗換で通過しているものの、岩手開発の車両を見ることすらできず、今回ようやく最後の穴が埋まった感じです。
e0030537_02384950.jpg
・岩手開発鉄道 DD5651ほか 2019年5月 盛~長安寺
e0030537_02384922.jpg
・岩手開発鉄道 DD5651 2019年5月 盛
e0030537_02384948.jpg
・岩手開発鉄道 DD5652 2019年5月 盛

岩手開発鉄道の機関車は日本の非電化産業鉄道のご多聞にもれず、国鉄DD13の系譜に属するDD56が4両が在籍しています。形式の「56」は運転整備重量(自重+燃料等)に由来しています。
このうちDD5651は1968年10月、DD5652は1969年12月、DD5653が1973年12月製で同型です。もともとは運転整備重量が53tなのでDD53でしたが、1977年にセミセンターキャブのDD5601が入線すると、これに合わせて1979年に出力増強等が行われて現在の形式・番号となりました。
 メーカーはいずれも新潟鉄工所、機関はDMF31SB1で600PS(441kw)。
DD13に比べると、キャブの側面に出入り扉があり屋根が前後に伸びて庇となっている点、ラジエターなどの開口部の大きさと位置、ヘッドライト形状などが異なり、印象が異なるものになっています。ボンネットの丸みが少ないためか、エッジが立っているように見えますね。
e0030537_02384988.jpg
・岩手開発鉄道 DD5651ほか 2019年5月 盛

夜行バスで盛についてから3時間あまり滞在(・・・ほかにもバスの撮影もあったのですが)しましたが、40分程度の間隔で列車がやってくるのにはびっくりしました。これでも、最盛期に比べればだいぶ本数は減りました。片道の所要時間が約30分なので2両の機関車で賄えるようです。

・参考文献
今津 直久「岩手開発鉄道」 鉄道ピクトリアル477号(1987年3月増)

# by hiro_hrkz | 2019-06-15 22:46 | 鉄道(非電化) | Trackback | Comments(0)
東海自動車 日野P-CG277AA +東特 「リンガーベル」
 全国各地のバス事業者では観光路線などに特別仕様の車両を投入することがあります。現在は市販車の車体を生かした二次架装となるケースが多いように思いますが、かつては車体がまるごとオリジナルという事例が幾つも存在しました。その先駆けとなったのが、東海自動車が1989年に導入した「リンガーベル」でした。
e0030537_21543163.jpg
e0030537_21484346.jpg
・東海自動車 日野P-CG277AA +東特 1998年3月 伊東駅(静岡県伊東市)

伊東駅、富戸港とぐらんぱる公園、シャボテン公園を結ぶ路線に投入されたこの車両は、不動産業者の伊豆センチュリーパークとの共同開発で誕生したもの。シャーシは主に馬匹車などの特装車で使われていた日野CGが選択されました。フレーム付きシャーシ・センタアンダエンジンであるため車体設計の自由度が高いことがその理由でしょう。その車体は特装車などを手掛けてきた東京特殊車体(東特)が担当。旧い時代の路面電車を意識したものとなり、リアには展望デッキが設けられています。
 車体の塗装は2両で異なり、茶色と緑色になりました。
e0030537_21484004.jpg
・伊豆東海バス 日野P-CG277AA +東特 1999年12月 伊東駅(静岡県伊東市)
e0030537_21483704.jpg
・伊豆東海バス 日野P-CG277AA +東特 2002年8月 静岡県熱海市

導入後は各メディアの注目も高く、好評をもって迎えられます。翌1990年には2両を増車しました。
リアのデッキが密閉式になり、前扉の窓は通しガラス、行き先表示は板から電照式の幕になるなどの変更が行われています。塗装は青と赤になりました。
なお、赤色は一時期熱海に転属し熱海駅~後楽園等で使用されました。

このタイプの車体はその後、京都市交や高槻市交で採用されています。
一方、東海自動車は下田にトロピカーナを投入しますが、こちらはレトロ調を脱し南国ムードの車両になりました。

リンガーベルは2010年頃までに順位廃車になったようです。
このうち1990年製の1台が企業のキャンペーン用に転用が続けれ、現在は2020年の東京オリンピックのキャラバンバスとして使用されています。

・参考文献
『バスジャパン・ハンドブック16 東海自動車』 BJエディターズ 1993年
 
# by hiro_hrkz | 2019-06-08 22:38 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(0)
福井鉄道 モハ300形
e0030537_22475634.jpg
・福井鉄道 モハ302-2 2005年8月 三十八社

1950~60年代に、車両を自社の工場で製造していたことで知られる静岡鉄道。
静清線(長沼工場)の場合は木造車の鋼体化にはじまり、幾つかの形式を作りましたが、その集大成ともいえるのが300形でした。

 300形は1966年にクモハ301+クハ301、クモハ302+クハ302、1967年にクモハ303+クハ303の合計3編成6両が製造されました。前作の100形と同じく17m級3扉車で窓配置も同じですが、裾の絞りはなくなり客用窓もユニット窓となっています。なにより大きく変わったのが機器構成で、旧い台車や主電動機を再利用したそれまでの車両と異なり新品が用意されました。主電動機は国鉄101系のMT46と同系の東洋電機TDK-806/6-F(端子電圧300V・出力100kwの)で駆動方式は中空軸平行ドライブ、台車はペデスタル式の車軸支持に枕ばねがコイルバネ・上下揺れ枕式でボルスタアンカー付きのFS363(クハはFS363T)、制御器は電動カム軸式の東洋ES577Aとなりました。ブレーキは在来の車両と変わらず直通制動(SME)です。なお、TDK-806シリーズはこの後に作られる東急車輛製のオールステンレスカー1000形でも引き続き採用されています。
 100形は登場後も小変更が相次ぎましたが、300形も前面の非貫通化、テールライトを丸灯から角灯に変更、ワンマン化改造等を受けています。塗装もアイボリーと赤茶色のツートンから銀に青帯に変更されています。
e0030537_22474554.jpg
・福井鉄道 モハ301-1 1997年9月 市役所前
e0030537_22474960.jpg
・福井鉄道 モハ303-2 1997年9月 西武生

1000形が出そろったこともあり1985~86年に廃車。順次、福井鉄道に譲渡され、1986~87年に形式もそのままのモハ300形として竣工しました。福鉄では主に急行用として使用するため、幾つかの改造を受けています。

 下回りは発進時のショックを和らげる名目で、クモハの連結面側の台車とクハの運転台側の台車の交換を実施。これにより2両とも電動車となったため、車番はモハ+クハからモハ301-1+モハ301-2~モハ303-1+303-2と、ハイフン付きとなりました。また福鉄には路面区間があるため前面には排障器を設置、旅客乗降用のホールディングステップを中央の扉にのみ取り付けています。パンタグラフもトロリーコンダクターを動作させる関係上、連結面側から運転台側に移設。窓には保護棒が追加されました。
e0030537_22475397.jpg
・1994年9月
e0030537_22481483.jpg
e0030537_22481109.jpg
・福井鉄道 モハ302-1車内 2005年8月

 なにより大きな変化となったのは接客設備で、車内はロングシートから扉間に片側2組づつのボックスシート(国鉄の廃車発生品を使用)に変更。これは後に自社発注の80形にも波及しています。そして福井鉄道初の冷房化改造で、1両に能力8000kcal/hの東芝RPU-2204を3基搭載し、電源はもとクハ300のモハ30*-2にSIVを新設しました。1両あたり24000kcal/hと少々低めですが、3つの扉が全開になることは少ないので問題なかったのでしょう。他に冷房効果を向上させるためにローリーファンも新設しています。
e0030537_22473979.jpg
・福井鉄道 モハ301-1 1998年10月 浅水~ハーモニーホール
e0030537_00504110.jpg
福井鉄道 モハ302-1 1999年11月 家久~上鯖江
e0030537_22474206.jpg
・福井鉄道 モハ303-1 1998年10月 浅水~ハーモニーホール

 入線当初は静鉄時代をベースにした銀に青帯でしたが、降雪時の視認性の問題などから1988年にモハ301がクリームに青帯の福鉄新塗装に変更されます。しかし翌年、モハ303が白・緑・赤の新塗装となり残り2編成も順次これに統一されました。扉間に描かれているのは、県と沿線3市の花(福井県:水仙、福井市:あじさい、鯖江市:つつじ、武生市→越前市:菊)ですが、その順番は編成でまちまちでした。
 そのほか、少なくとも1993年までには運転席直後の扉後にもホールディングステップを増設(ワンマン運転で中扉乗降はさすがに使いづらかったと思われる)、車内には1988年に清涼飲料水の自動販売機が設置されましたが、晩年には撤去されています。2000年代に入ると、モハ301、303は全面広告車になっています。
e0030537_23570680.jpg
・福井鉄道 モハ303-2 2005年8月 田原町

静鉄100→熊本500の時にも書きましたが、静鉄の自社発注車は見てくれはいいのだが安普請な感が否めず、この車両も頑張ってはいるもののその印象は変わりませんでした。今思うと、華奢な長沼製の車体に冷房器、それも路面電車用ではなく鉄道線用を載せて大丈夫だったのかと心配するところです。
名鉄岐阜600V線の車両導入に伴い2006年に廃車になりました。

・参考文献
畑下 学「私鉄フォーラム第35回 福井鉄道」鉄道ダイヤ情報62号(1989年6月)
岸 由一郎「私鉄車両めぐり155 福井鉄道」鉄道ピクトリアル626号(1996年9月)
# by hiro_hrkz | 2019-06-03 00:29 | 鉄道(近代形電車) | Trackback | Comments(0)