人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>無賃乗車お断りさん ..
by hiro_hrkz at 12:30
1987年発行の季刊バス..
by 無賃乗車お断り at 22:13
>FUSOきゃろるさん ..
by hiro_hrkz at 00:37
サンデンの場合は、本来三..
by FUSOきゃろる at 20:35
こんにちは。 石山坂本..
by 風旅記 at 17:07
>> 島々な人さん ご..
by hiro_hrkz at 23:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 19:26
>>12号線さん あの..
by hiro_hrkz at 23:50
リアの造作も京阪独特のも..
by 12号線 at 15:39
>>島々な人さん ご無..
by hiro_hrkz at 22:43
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:バス(北村、西工、東特)( 146 )
熊本電気鉄道 三菱ふそうK-MP118M +西工53MC
熊本電鉄の西工53MCについては、随分前に珍しい日野RTへの架装例を紹介したことがありますが、今回はそれより少々前に製造されたふそうMPへの架装例を取り上げます。
e0030537_01485640.jpg
・熊本電気鉄道 三菱ふそうK-MP118M +西工53MC 1999年8月 交通センター

外観上のいちばんの違いは新塗装化されたか、旧塗装のままかということですが、MPのほうが旧いこともあり中扉は折戸、前扉は狭幅で上下2分割となっています。エアコンは、当時の熊本電鉄ではサブエンジン式を採用していました(他の例)

側面の窓配置は、中扉の後ろに5枚の窓が並びます。が、これは58MCのような地域的な特例ではなく、53MCではサンデン交通などでも事例がありました。
なお、MP+53MCでもこの後にワイドドアを採用しますが、こちらは中扉より後ろの窓の数が4枚となっています。

by hiro_hrkz | 2019-08-14 23:47 | バス(北村、西工、東特) | Comments(2)
東海自動車 日野P-CG277AA +東特 「リンガーベル」
 全国各地のバス事業者では観光路線などに特別仕様の車両を投入することがあります。現在は市販車の車体を生かした二次架装となるケースが多いように思いますが、かつては車体がまるごとオリジナルという事例が幾つも存在しました。その先駆けとなったのが、東海自動車が1989年に導入した「リンガーベル」でした。
e0030537_21543163.jpg
e0030537_21484346.jpg
・東海自動車 日野P-CG277AA +東特 1998年3月 伊東駅(静岡県伊東市)

伊東駅、富戸港とぐらんぱる公園、シャボテン公園を結ぶ路線に投入されたこの車両は、不動産業者の伊豆センチュリーパークとの共同開発で誕生したもの。シャーシは主に馬匹車などの特装車で使われていた日野CGが選択されました。フレーム付きシャーシ・センタアンダエンジンであるため車体設計の自由度が高いことがその理由でしょう。その車体は特装車などを手掛けてきた東京特殊車体(東特)が担当。旧い時代の路面電車を意識したものとなり、リアには展望デッキが設けられています。
 車体の塗装は2両で異なり、茶色と緑色になりました。
e0030537_21484004.jpg
・伊豆東海バス 日野P-CG277AA +東特 1999年12月 伊東駅(静岡県伊東市)
e0030537_21483704.jpg
・伊豆東海バス 日野P-CG277AA +東特 2002年8月 静岡県熱海市

導入後は各メディアの注目も高く、好評をもって迎えられます。翌1990年には2両を増車しました。
リアのデッキが密閉式になり、前扉の窓は通しガラス、行き先表示は板から電照式の幕になるなどの変更が行われています。塗装は青と赤になりました。
なお、赤色は一時期熱海に転属し熱海駅~後楽園等で使用されました。

このタイプの車体はその後、京都市交や高槻市交で採用されています。
一方、東海自動車は下田にトロピカーナを投入しますが、こちらはレトロ調を脱し南国ムードの車両になりました。

リンガーベルは2010年頃までに順位廃車になったようです。
このうち1990年製の1台が企業のキャンペーン用に転用が続けれ、現在は2020年の東京オリンピックのキャラバンバスとして使用されています。

・参考文献
『バスジャパン・ハンドブック16 東海自動車』 BJエディターズ 1993年
 
by hiro_hrkz | 2019-06-08 22:38 | バス(北村、西工、東特) | Comments(0)
姫路市交通局の58MC
大阪から兵庫にかけて幾つも存在した中小都市の公営交通。各局に共通していたのが西工架装の車両がまとまった数で在籍していたことではないかと思います。拙ブログでも、尼崎市高槻市明石市の58MCを掲載していますが、本日は姫路市交通局の車両を取り上げたいと思います。
e0030537_01115721.jpg
・姫路市交通局 三菱ふそうP-MP218K +西工58MC 2002年3月 姫路駅
e0030537_01115391.jpg
・姫路市交通局 いすゞU-LV324K +西工58MC 1997年3月 姫路駅

画像は昭和58年排ガス規制適合のふそうMPと平成元年排ガス規制適合のいすゞLVです。
といっても両者とも軸距4.6~4.8m級でヘッドライトは角目、前後引戸、2段窓と仕様が統一されていたため、見た目には特に大きな差もありませんでした。なにより、別の車両でも書きましたが、屋上に備えられた広告枠の存在が他の印象を奪うほどに強烈でした。

さて、姫路の58MCといえば、もう一つ他にない特徴がありました。
e0030537_01115576.jpg
・姫路市交通局 いすゞP-LV314K +西工58MC 2002年3月 姫路駅

後部方向幕回りが板金処理されており、窓ガラスが小さかったこと。
エアロスターKや富士5Eでも例はありますが、こと西工に限った場合は、殆ど採用事例が思い出せないほどです。
by hiro_hrkz | 2019-04-10 00:51 | バス(北村、西工、東特) | Comments(0)
千歳相互観光バス 日デKL-UA452KAN・KL-UA452MAN +西工96MC
千歳相互観光バスは、長らく西武バスからの移籍車を受け入れていることで知られます。
そうなれば西武バスの車種構成からして、最近は西工架装の車両が増えているようです。
今回は、撮影できた3両の画像を並べてみます。
e0030537_18034424.jpg
・千歳相互観光バス 日デKL-UA452KAN+西工96MC 2016年10月 千歳駅前(北海道千歳市)
e0030537_18034413.jpg
・千歳相互観光バス 日デKL-UA452KAN+西工96MC 2018年8月 千歳駅前(北海道千歳市)
e0030537_18034429.jpg
・千歳相互観光バス 日デKL-UA452MAN+西工96MC 2018年8月 千歳駅前(北海道千歳市)

全車前中引戸という点は共通していますが、そのほかはバラバラ。
軸距4.8m(UA452KAN)は前中間ノンステップ車、軸距5.3m(UA452MAN)はワンステップであるのが大きな違い。
エアコンも前者はゼクセルとデンソー、後者はデンソーのモデルチェンジ前を搭載しています。

by hiro_hrkz | 2019-02-03 18:25 | バス(北村、西工、東特) | Comments(0)
芸陽バス 日野P-RU638BB +西工58MC SD-I
芸陽バスの県内高速車は、一時期各所からかき集めた様々な車両が使われていました。以前ふそうの例を取り上げましたが、本日とりあげる車両もなかなかのインパクトでした。
e0030537_00544174.jpg
e0030537_00543852.jpg
・芸陽バス 日野P-RU638BB +西工58MC SD-I 2005年8月 西条

 日野+西工のスーパーハイデッカー、しかも側面は固定窓で扉はグライドスライドというなんとも濃い仕様のクルマです。とはいえ芸陽の発注車ではなく、もとは親会社の広島電鉄が1988年に広島~福岡の高速バス「ミリオン号」を開業するのにあたって購入した車両です。
 西工が選択されたのは、共同運行会社が当然ながら西鉄であったことが関係しているのでしょう。3列シートの採用など、昼行でも夜行バスなみの設備を目指したと聞けば、この仕様も納得ができるところです。

 しかし、ミリオン号は低迷したうえに5年で廃止。車両は他の路線に転用されます。そして1台が芸陽に移籍してきました。ナンバーは広島電鉄時代と変わっていません。一方で車内は、一般的な4列シートに改造されていましたが、これが移籍前なのか後なのかはよくわかりませんでした。
by hiro_hrkz | 2018-12-07 22:26 | バス(北村、西工、東特) | Comments(0)
那覇バス 日デKL-UA452KAN +西工96MC
那覇バスの西工架装の車両は送迎輸送に複数が入っていますが、
1台だけ路線バス用の車両が存在しています。
e0030537_22244259.jpg
・那覇バス 日デKl-UA452KAN +西工96MC 2018年9月 那覇バスターミナル前

送迎用がKL-JPなのに対し、こちらは正統な大型車であるKL-UA系。前面のナンバープレートの位置から推測されるように、もとは東急バスの車両です。
長い間、那覇バス唯一の西工だった、LV+58MCと入れ替わるように登場しました。2016年のことだった思います。
当然ながらノンステップ車。車内の窓にカーテンの取り付けなどは、沖縄なら当然のことですね。
郊外線の糸満~那覇~西原で使われていましたが、新しい那覇バスターミナルのオープンに伴い系統が分割されたので今月からはどこを走っているのかは不明です・・・。
by hiro_hrkz | 2018-10-12 01:07 | バス(北村、西工、東特) | Comments(0)
亀の井バス 日デU-JM210GTN +西工
路線バスにリフト付きのバスが出てくるのは、おおむね1990年代に入ってからのことです。大都市の公営交通が中心ということもあり、多くは大型車でしたが、その中で中型車に取り付けたのが大分県は別府に路線網を持つ亀の井バスでした。
e0030537_02140217.jpg
e0030537_02140470.jpg
・亀の井バス 日デU-JM210GTN +西工 上:2002年8月 下:2012年5月 別府駅(大分県別府市)

亀の井バスは路線事情と輸送量が理由なのか、路線車両はほぼ中型車となっています。
従って、リフト車も中型となったのは自然の成り行きでしょう。ただし、日野でそろえていた中、車種は日デが選択されました。当時2種類あった日デの中型のうち、西工架装のU-JMとなったのは地域柄、なにより親会社が西鉄ということを考えると当然の成り行きといえましょう。
 型式中の「T」が示すように、低床(ワンステップ)のリーフサス車・・・といいたいところですが、なぜかこれはツーステップ車。理由は知る由もありませんが。側面の窓はT字窓で、これも亀の井バスの路線車としてははじめての仕様でした。最も、一般路線車はこの後も2段窓での増備が続くのですが。扉配置は当然ながら前中戸ですが、亀の井のオリジナルは前中折戸であるため、違和感はありませんね。
 亀の井バスはこの車両以降は、ポツポツと日デも導入するようになります。

by hiro_hrkz | 2018-08-11 02:43 | バス(北村、西工、東特) | Comments(2)
西武総合企画 日デADG-RA237MAN +西工
UD+富士重工の大ユーザであった西武バスグループ。
富士が架装をやめたあと、当然のように西工が席巻するようになります。しかし、E型の採用例となると数えるほどしかありません。
e0030537_18171246.jpg
・西武総合企画 日デADG-RA237MAN +西工 2008年9月 志木駅南口(埼玉県朝霞市)

その一つが、西武総合企画が保有したこの車両。
埼玉県内の某大学の送迎車で、桜の花弁をあしらった外装が綺麗な印象です。
E型でありながら、前中4折の扉配置であることが、なにより特徴的でした。
なお、同じ仕様のKL-UA452もありましたが、私が撮影できたのは、このADG-RAだけでした。
by hiro_hrkz | 2018-06-09 18:43 | バス(北村、西工、東特) | Comments(0)
北越後観光バス いすゞKC-LV280L +西工96MC 
以前は移籍車両といえば、車齢8~10年の出物が普通でしたが、ここ最近はその倍の16~20年ものも存在し、また多重移籍という事例も以前に比べて目につくようになったと感じます。
この車両も、あっと驚く事例の一つでした。
e0030537_21570718.jpg
・北越後観光バス いすゞKC-LV280L +西工96MC 2016年12月 新潟県十日町市

越後交通の分離子会社である北越後観光(現在は本体に再統合)。ここに前後扉の96MCがやってきたのは2015年のことだっと思います。もと大阪市交通局の車両であることは明らかでしたが、それがジェイアール四国バス経由の多重移籍車と知ったときは心底びっくりしました。大阪市の1997年度導入車ということは車齢18年程度での再移籍ということになります。

この頃、越後交通では経年車であってもツーステップ車を集めていたような印象があります。
豪雪地帯ゆえの事情・・・たとえば道路事情あるいは融雪剤の影響なのでしょうか。

一方、このときJR四国で廃車になったキュービックボデーの同型式車は、奄美大島のしまバスに移籍したものもあります。
売りさばいた側の事情というのも大きいのでしょうね。

by hiro_hrkz | 2018-04-11 22:59 | バス(北村、西工、東特) | Comments(0)
高野山の西工58MC  3題
日本を代表する宗教都市である高野山。
橋本から南海電車で山を攻めて極楽橋へ、そこでケーブルカーに乗り換えて漸く高野山駅につきます。が、高野山の中心地は更に専用道経由のバスに10分ほど乗らなくてはなりません。奥の院となればもっと先です。

そんなわけで、標高800mの高野山中には、それなりの本数のバスが走っています。
運行するのは当然ながら南海グループで、1992年に本体より分離された南海りんかんバスが担当しています。
e0030537_00465860.jpg
・南海りんかんバス 三菱ふそうP-MP218K +西工58MC 
  2001年12月 高野山駅(和歌山県伊都郡高野町)
e0030537_00470571.jpg
・南海りんかんバス 三菱ふそうU-MP218K +西工58MC 2001年12月 高野山駅
e0030537_00583691.jpg
・南海りんかんバス 三菱ふそうKC-MP617K +西工58MC 2001年12月 高野山駅

現在は日野も在籍しているようですが、2001年当時は大型・中型共にふそうしか見かけませんでした。
その中には何台か西工58MCを架装した車両がありました。

画像は上からP-MP、U-MP、KC-MPで排ガス規制で3世代が揃っていました。
軸距は当時の南海の大型車は5.3mが標準でしたが、ここでは急カーブ等の多い路線環境にあわせて4.8mを採用していたのが特徴。

扉配置が前後引戸で後扉の下半分にも窓付きがある点は全車共通ですが、塗装はU-が旧塗装、P-とKC-が現行塗装。
窓は、U-とP-は南海で当時標準のメトロ窓ですが、KC-はT字窓。
そして、サスペンションもU-とP-が板サスなのに対し、KC-はエアサス仕様でした。
総じて、KC-MPが南海全体で見ると異端のクルマと言えそうですね。


by hiro_hrkz | 2018-02-03 01:58 | バス(北村、西工、東特) | Comments(0)