人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>無賃乗車お断りさん ..
by hiro_hrkz at 12:30
1987年発行の季刊バス..
by 無賃乗車お断り at 22:13
>FUSOきゃろるさん ..
by hiro_hrkz at 00:37
サンデンの場合は、本来三..
by FUSOきゃろる at 20:35
こんにちは。 石山坂本..
by 風旅記 at 17:07
>> 島々な人さん ご..
by hiro_hrkz at 23:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 19:26
>>12号線さん あの..
by hiro_hrkz at 23:50
リアの造作も京阪独特のも..
by 12号線 at 15:39
>>島々な人さん ご無..
by hiro_hrkz at 22:43
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:模型・神奈電・架空の鉄道( 116 )
神奈電をもう一度+製作中のもの 2019年8月
ただいま、こんなものを製作中です。
e0030537_23442968.jpg
e0030537_23442902.jpg
e0030537_23443056.jpg
以前作成した、定山渓鉄道の窓の明かない電車を譲り受けた電車は車体に捻じれを生じてしまい、なんとか修正を試みたものの結局のところ諦めかけています。そこで、代わりの車両をということで、着工したのがこの車両です。
 西武所沢工場で焼電再生車の機器流用で車体を新造した18.5m級の両運転台車・・・上毛電鉄デハ181と三岐鉄道モハ150を足して2で割ったような車両を目指しています。ベースとなったのは鉄道コレクション上信電鉄デハ200形後期車で、これも西武所沢製なのでなにかと好都合・・・というよりはこれが手に入ったので思いついたようなもの。前面はGMの阪急通勤車用を使用します。裾のRをストレートにするのに難儀しました。この時期の西武所沢製の車両は乗務員扉の形が当時の国鉄電車に準じた特徴ある形状で、その自作がネックになりそうです。
 神奈電が車両の供給源を日車と買収国電の払い下げから西武所沢経由に切り替えるターニングポイントという役割を担うこととなります。
e0030537_23443036.jpg
そしてもう1両、富井電鉄の17m級大型電車Bを、岳南または大井川に戻すことにも着工しました。テールライトの交換とヘッドライトのレンズ化程度にとどめようかと思いましたが、見慣れた大井川時代に少しでも近づけようとしたところ、時代考証的にはめちゃくちゃになりつつあり・・・自分の納得するセミフリーになりそうです。
by hiro_hrkz | 2019-08-31 23:59 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Comments(0)
おつかれさまでした。
e0030537_01270541.jpg
今年も、JNMAフェスティバル(第25回 2019年7月7日開催 於・都産貿台東館)に、T-Track Network(路面モジュール)の一員として参加いたしました。会場でお会いした皆様、お疲れ様でした&ありがとうございました。

JNMAが梅雨時の開催になってから久しいですが、今回のようにしっかりと雨が降る中での開催というのは記憶にある中でははじめてだと思います(小雨は何度かありました)。だからといって人が少なくなるなんてことはなく例年どおりの混み方・・・ただ、以前あった開場すぐに猛ダッシュのようなことはなくなりましたね。

今回持ち込んだモジュールは2年ぶりの神奈電平塚中央駅だったのですが、
e0030537_01233626.jpg
e0030537_01233432.jpg
各参加者が持ち込んだ自作・改造の広島電鉄鉄道線直通車にジャックされ、広電宮島になりました(笑)。
そして、毎年恒例不法占拠はこんな感じ。
e0030537_01344387.jpg
今年は神奈電とこの1年に製作した4両を持ち込みました。この中には、ようやく完成した車両も。
それがこちら。
e0030537_01232799.jpg
e0030537_01232960.jpg
昨年12月から半年かけて完成に至りました。神奈川電鉄3700形・・・第2次神奈電シリーズで決まらなかった最後の1ピースを漸く埋めることができました。愛甲鉄道が電化時に自社発注した、いわゆる川造型という想定です。
 車体は、既報のとおり鉄コレ第2弾の南武鉄道100からの改造。その関係でプロトタイプは、側面両端の窓幅が他の窓幅と同じ目黒蒲田電鉄デハ200としています。
e0030537_01472489.jpg
塗装直前の状態がこちら。屋根は特にプラ板で嵩上げなどはしていないことがわかると思います。川造型は屋根は深いのですが、車体高が他車に比べてそれほど高いわけではありません。屋上のお椀形ベンチレータはペアーハンズの製品で、これまでも数々の車両で重宝しています。なお、中央扉上のベンチレータは左右で千鳥配置となっているのは西武151形に倣ってのこと。
 雨樋などはランナー引き伸ばし線で表現。一方前面裾の出っ張りは、かつて作成したコトデン890で0.3mm厚プラ板を貼ったところゴツくなりすぎたので、今回は紙・・・財布の中に入っていたレシート(!)を細く切って瞬間接着剤で貼り付けました。
e0030537_01233187.jpg
その他、3年前のJNMAに持っていくつもりで作成してたものの、塗装直前で時間切れとなっていたオリジナルの16m級車・3610形の追加分2両も今回、完成させました。
 6年前に完成させた2両と完全に同型。これで4両となりましたが、同じ車両が複数揃うとよ嬉しいものですね。
e0030537_02012004.jpg
さて、次は何を作りましょうか。 
by hiro_hrkz | 2019-07-09 02:01 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Comments(0)
神奈電をもう一度 2019年4月
ただいま、こんなものを製作中です。
e0030537_23095843.jpg
相変わらず、いつ完成するのか判らないペースでの作成が続いています。屋根を載せ水切りを付けると、俄然「らしく見える」ようになりました。
屋根は種車のものを切り継いだものをベースとしていますが、特段嵩上げ等は行っていません。ただし種車より若干車体幅が狭いので、その分屋根が深くなったように見えます。また、端部は全く形状が違うのでプラ板を貼り重ねた上で整形しています。
あとは、手すりと配管を行えば・・・といったところです。浅草の演芸祭までには完成させたいところです。
by hiro_hrkz | 2019-04-28 23:16 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Comments(0)
神奈電をもう一度 2019年2月
ただいま、こんなものを製作中です。
e0030537_23431946.jpg
e0030537_23432230.jpg
最近は模型製作をする気力がなく、極めて進捗率が悪い状況です。
鉄コレ第2弾の流山電鉄100(南武鉄道100)を切った貼ったして作っているのは、神奈川電鉄シリーズで長らく空白状態にあった最後の1タイプ。もう鉄コレで出ることはないだろう・・・という諦めに至った故というところでしょうか。

単純に切り継いでいるわけではなく、扉の両サイドを拡大するためにドアを若干移動したり、窓の位置を上げるため、車体裾に0.3mmのプラ板を貼って、その分扉の高さを下げるなど、細かな変更が続いています。
前面は3ッ折妻なので、中央の部分にプラ板を貼り重ね、一度窓になるあたりをくり抜き、その上から外板を貼っています。このあとは窓をあけて、窓枠になる板を貼って更に窓を開けるという工程になります。

by hiro_hrkz | 2019-02-24 23:55 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Comments(0)
部品流用車
戌年も大みそかを迎える前になんとか1両が完成しました。
e0030537_23284664.jpg

夏くらいから作成していた、由利高原鉄道のNDCに可部線クモハ123の側面を組み合わせた16m級電車です。
 近江220、叡電700番台車、京福福井5001、愛知環状100といった、1980年代後半~1990年代に中古の電気機器を集めて車体を新製したという設定です。東急3000番台の制御器(MMC-H-10)に国鉄のDT21とMT46を組み合わせ・・・というのは豊橋鉄道の1900に倣った想定ですが、これだと自動的に600~750V線の電車ですね。また、制御器は鉄コレの15m級用から持ってきましたが、これは、どうやらMMC-H-200のようで・・・・。なお、今回は動力を組み込んでいません。16m級が手に入らないゆえの措置ですが、今後の課題ですね。
 一方、屋上に載せた冷房機は鉄コレの遠鉄30形から。富士電機の直接駆動式ですね。
上にあげた車両では愛環や近江が搭載しており、これは理にかなっているのではないかと思います。

塗装は、キャラクターホワイトとキャラクターブルーの組み合わせで、前々作の秋田内陸改と同じです。ただしストライプを入れる位置を窓下から車体裾に変更しました。いずれにしても細い線の塗装はやりづらく、これも結構ズタズタの出来・・・。本当に、細い線で複雑な塗装を難なくこなしている人は尊敬します。
e0030537_23284925.jpg
私の新潟鉄工所の気動車をベースとした電車も3例目になりました。
一方、次回作は久しぶりに気動車を離れて電車から電車を・・・
e0030537_23285388.jpg

by hiro_hrkz | 2018-12-26 22:21 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Comments(0)
なまずもどき
出雲国から神様が帰ってくる直前ではありますが、
なんとか1両だけ完成しました。
e0030537_00374333.jpg

鉄道コレクションの江若鉄道キハ12を改造した電車ができました。前回は車体を分解しただけでしたが、切り継ぎもしていないので割合早く完成しました。
 落成当初より電車というイメージにするため、客用扉はステップを切り落とし1100mmに拡幅、扉そのものはTAVASAの旧型国電用(本来は中桟があったが、歪んでいたので撤去)です。窓の下にはエバーグリーンの帯材(t0.25 0.75mm幅)でウィンドウシルを設置しています。
 前面は連結器部分の切欠きを埋め、テールライトをガイコツ型2つに変更。エキゾーストパイプの台座の跡は当然削ってあります。そして、実物での更新前の通りに雨樋を復活させました。この雨樋がイメージチェンジには抜群だったようです。
 下回りがTR23を予定していたのですが、鉄コレ動力には18m級Bが無いことを知り、BWのU型イコライザタイプで妥協しました。床下機器は鉄コレの中型電車から持ってきたままです。
 車体は定鉄や名鉄の日車流線形改造クハのイメージがあったので、クレオスの暗緑色に塗りました。以前作成した旭川電気軌道の電車で使っていたものが余りです。
落成してみると、種車のゲテモノ感は消え失せ、更新された旧型電車というイメージになってくれました。しかし、この色で流線形となると、なんとなく黄色い帯を入れて中国の炭鉱でも走らせたほうがよいような感じですね(笑)。
e0030537_00373679.jpg
さて、もう1両のNDC+クモハ123はこんな感じです。
前面は窓下のライトを片側一つづつ(尾灯のみ)に変更。雨樋は型部分に新設し、なんとなく北越急行HK100のショーティーのような雰囲気になってきました。塗装をどうするか思案中で、ストップしてます。

 ところでフリーの改造で電車から気動車、あるいはその逆というのは思いつきやすいネタのように感じます。しかし気動車にパンタグラフを載せれば電車になるわけでもなく、電車にエンジンを付ければ気動車になるというほど単純なものではありません。
 それは気動車の方がエンジンがある関係で床が高く、その分幕板や屋根が薄くなる傾向にあり車体の印象が異なるためです。実物では、関東鉄道キハ500・800がステップレスを実現するためにバス用のエンジンを搭載してまで床高さを低くした結果、電車に準じた車体にすることができました。平成に入ってから作られた車両では、その差は無くなってきて電車と同型というのもありますが、それでも中期のNDCシリーズなどは差を感じるものもあります。
 また扉も電車に比べれば狭いのがデフォルトですね。気動車から電車に改造したという設定でもない限り、このあたりの違和感の解消(ごまかし)が鍵になってくるかと思います。実は、この江若改も幕板の薄さは気になっているところではあります。

by hiro_hrkz | 2018-10-31 00:01 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Comments(0)
製作中のもの 2018年8月
ただいま、こんなものを製作中です。
e0030537_00350662.jpg
NDC改造シリーズ第3弾?です。
もとはといえば、鉄コレ20弾を一つだけ買ったら出てきたのが可部線のクモハ123。
これを見ながら、ふと中学生?の頃にGMのクモハ123を短縮して作られたフリーの電車を見たことを思い出しました。

そんなのを作ってみたいなあ、というのが今回の発端。しかし、クモハ123のままでは車体幅が太すぎて私鉄っぽくならないので、ここは同じく鉄コレのNDCシリーズを使うこととしました。結果、上の写真の状態に。

クモハ123は扉間の窓を一つ詰め、また助手側の乗務員扉も移設してシンメトリーになるようにしました。一方NDCは側面を全部取っ払って短縮し、クモハ123の側面を入れています。イメージは、近江のモハ220形と、叡電のデオ710等を組み合わせたものなのですが、どうなりますやら。
e0030537_00350013.jpg
そしてもう1両。これまた鉄コレの江若キハ12にパンタグラフを載せようと画策しています。
裾は一直線にして扉も1100mmにするなどして最初から電車として作られた雰囲気を出したいと考えています。
とりあえず今月は車体を分解したところまで・・・今回は色を落とさない状態である程度までは加工しようと考えています。

by hiro_hrkz | 2018-08-31 00:45 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Comments(0)
おつかれさまでした。
e0030537_00074967.jpg
今年も、JNMAフェスティバル(第24回 2018年7月1日開催 於・都産貿台東館)に、T-Track Network(路面モジュール)の一員として参加いたしました。会場でお会いした皆様、お疲れ様でした&ありがとうございました。

中から見ていた感想としては「とにかく人が多かった」。
加えて、ありえない梅雨明け→酷暑突入で、なかなか壮絶な現場でした。ただ冷房の効きは竹芝時代よりも断然によいのが救いだと思います。
e0030537_00074851.jpg
モジュールは、4月から2ヶ月半のロングラン展示となった、川崎市民ミュージアムへの出展作品「円筒分水のある風景」を、こちらでも出展しました。
川崎は当然ながら走行車両に縛りがありましたので、その反動?かフリーなどが割合目立っていましたね。

そして、今回、浅草デビューとなったフリーの電車がこちら。
e0030537_00074878.jpg

この1年間は前半が諸般の事情で模型ができず、その後はモジュール作成・展示と相次いだため車両には全く手を付けることができませんでした。ようやく1年ぶりに2両編成の電車が落成しました・・・締め切り・イベントは大切なものです(苦笑)。
e0030537_00074824.jpg
e0030537_00074893.jpg

 鉄コレの秋田内陸縦貫鉄道AN8900(急行もりよし)がベース。この前面をみたとき、1990年頃に作った私鉄の観光電車にしたら面白そうだなあ・・・というのが発想の発端です。作成中の記事でも書きましたが、私鉄の優等車なら折戸ということで、これを1両は前後に扉を配置。そしてもう1両は運転席寄りを展望スペースとして車体中央に配置しました。
 台車はJRの中古という想定のDT32。これを履くだけで優等車っぽく感じるものです。模型では動力車は手元に台車枠があったのですが、トレーラーのほうはあちこち探した結果、中古模型屋で600円で売られていたKATO製モハ164から分捕りました。冷房はKATOのJR221系用で、以前作成した関鉄キハ改造の電車に同じ。これだけで電車の作成された年代が絞り込めますね。また、この手の気動車を電車に化かす際に、冷房の変更は非常に効果的です。

 車内は、展望スペースは運転席直後に2列のロマンスシートを置き、その後ろはソファーということで種車の囲炉裏の部分を切り詰めて置いてあります。一般客室側は、鉄コレ長電2000用ですが、シートピッチが合わないため、窓1枚ぶんづつ切り離して取り付けています。
 この電車、作成前から「海に向かって走る電車」のイメージがありました・・・列車名も快速「シーガル」と決定済み。そのため、塗装はクレオスのキャラクターブルーとキャラクターホワイトで塗りました・・・が、落成してみると、なんとなく北九州モノレール/北九州市営バスですね(笑)。それにしても、このところ視力の衰えは激しく、面相筆を使った修正などが非常にやりづらくなってきました。いよいよルーペ導入かな・・・。
 ともあれ落成してみればイメージどおりの観光電車となり、またご覧いただいた皆様の評判もよかったので、ほっとしています。次は何をつくりましょうか。
by hiro_hrkz | 2018-07-02 22:47 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Comments(0)
サイフォンがいっぱい
陽気のせいではありませんが
こんな地面が完成しました。
e0030537_22002908.jpg
e0030537_22002860.jpg
e0030537_22002964.jpg

前回の記事で中央に構造物のない状態の画像をあげましたが、ここに収まったのは円筒分水でした。
・・・といっても、円筒分水自体を知らない人が多いかもしれませんね。円筒からあふれ出た水を、その弧の割合で各方面に分けるもので、水の公平な分配が可能なものとして各地にあります。作例のモデルになったのは、川崎市高津区にある二ヶ領用水の久地円筒分水です。
e0030537_22002871.jpg
路面モジュール(複線25mm間隔)の規格に準じていますが、線路の位置は片側に寄せて円筒分水の設置スペースを生み出しています。それでも1:150で作ると大きいため、その90%の大きさ(縮尺約1:166)としています。
 地面はA4パネルをベースに3mm厚のバロンケント紙で大まかな高低差をつけ、そこにスチレンボード、ボール紙などで細かい地形を作りました。地面にはターナーのグレインペイントを使ってみましたが、色調が今一つ好きになれず、その上からタミヤのアクリルカラーを染みこませています。

 緑の類は、KATOのフォーリッジ、コースターフ、そして「日本の草はら ブレンド」の3種類を使っています。かつてのカラーパウダーだけのころに比べると実にいろいろあるのですが、色が日本の緑とはイメージが異なるのが少々難点かな・・と感じます。その点で、「日本の草はら」は満足なのですが、売りの「草が立つ」はうまくいかず、結局ボンド水溶液で固めてしまいました・・・・。

道路はグレインペイントのグレーもしくは、#800の耐水ペーパーを使用。
前者はコンクリ舗装で、暗渠になっている(実物での根方堀)という想定です。
e0030537_22002936.jpg
円筒分水そのものはプラ板各種で作成しました。内側の円筒部分はコンパスカッターで切り抜いたt1.2をベースにしていますが、その外側は壁面に傾斜が付いており、しかも底は川崎堀(一番大きな堀)に向かって傾斜しているため制作には難儀しました。川崎堀自体はグリーンマックスの石垣B(自然石)を両側に使っています。
内側の円筒はクレオスの暗緑色を塗って水面の色を表現、本体はタミヤのつや消し黒塗ったところに、適当にグレー系の色を塗りかさてあります。

水表現は初めてだったのですが、ここで何を勘違いしたのか、いちばん最初にジェルメディウム(ボルベイン製)を塗ってしまうという大失態。しかも厚塗りしたため生乾きになってしまいました。結局円筒内は剥がし、秋葉原のプラモデル屋で買った
リキテックスのグロスポリマーメディウムを流し込んでなんとか復活しました。そして、ジェルメディムで改めて水面を表現。

円筒分水端の木(実物は桜)は、市販品は華奢すぎてお話にならないため、ちょうど手元に余っていたヒルマモデルクラフト(建築模型)の木の幹に、フォーリッジを載せて作成しました。
一軒家はトミーテックはジオコレの建売住宅A3。しかし独特のダルい成形が好きになれず、あちこちをヤスリで成形していますが、それでも限界が・・・・瞬間接着剤で固め、屋根や庇、雨戸の戸袋などは塗装しなおしています。

そのほか、周囲の歩道の地面は津川のシーナリーペーパー(レンガ)で、1か所を除き、上にタミヤのアクリル塗料を塗っています。柵はこばるのフェンスB(高)。入手できたものが1セットであったため、それで間に合うように不自然にならないように配置しています。フェンスは、需要があると思うのですが、なかなか満足する製品が安定供給される状況にはならないですね。これは街灯も同じで、このモジュールも夜は家と電車の明かりだけとなります(笑)。
e0030537_22002807.jpg
今後のメンテナンスを考えて、このように分割可能な構造で作っています。

さて、このモジュール。明日、4月7日より川崎市民ミュージアムで開催される写真展の関連展示として出展いたします。
写真展は有料ですが、こちらは無料です。車両の走行は、スタッフが行くことができる土日中心になると思います。
お近くまでお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。
by hiro_hrkz | 2018-04-06 00:00 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Comments(0)
製作中のもの 2018年2月
ただいま、こんなものを製作中です。
e0030537_23475218.jpg
地面です。
2月の3連休に開始してから20日少々でここまできました。
A4パネルに木材の切れ端で土台を作り、
そこにt2.5のバロンケント紙やスチレンボードなどで高低差をつけています。
なお、真ん中に丸い穴が開いてますがここにはなにかが入ります。

by hiro_hrkz | 2018-02-28 23:52 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Comments(0)