本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>FUSOきゃろるさん..
by hiro_hrkz at 20:53
2枚目のU-MK517J..
by FUSOきゃろる at 18:59
1990年式の三菱ふそう..
by しんご at 12:00
>> 無賃乗車お断りさん..
by hiro_hrkz at 22:51
B35ブルドッグボディの..
by 無賃乗車お断り at 20:52
>>12号線さん 大井..
by hiro_hrkz at 01:00
お久しぶりです。 大井..
by cos000 at 11:54
>>島々な人さん お久..
by hiro_hrkz at 00:57
お久しぶりでございます。..
by 島々な人 at 21:35
>>ノンちゃんさん 京..
by hiro_hrkz at 00:49
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:バス(三菱/呉羽)( 156 )
秋田市交通局の三菱ふそう中型車
2006年に消滅した秋田市営バスから、
今回は三菱ふそうの中型車を取り上げたいと思います。
e0030537_00382131.jpg
・秋田市交通局 三菱ふそうP-MK116J +呉羽 1997年11月 秋田県秋田市

秋田市営は昭和50年代より中型車の導入がはじまっていたようですが、私が見た中で最も古いのはこの車両でした。前中引戸で2段窓であるのは、当時の大型車と同じ仕様です。
また秋田市営は1980年代初頭から一般乗合で冷房車を導入しており、これも当然ながら冷房付き。一方で県内の民営3社が冷房車を導入するのは1980年代後半に入ってからなので、この点では一歩先を行っていました。

e0030537_00382904.jpg
・秋田市交通局 三菱ふそうU-MK517J +呉羽 2000年10月 買物広場

一方、こちらは年代が下がって1989年排ガス規制車。積雪地ということもあるのか、エアサス車となりました。車体の塗装も若干変更され、細かなストライプがなくなる代わりに赤帯が太くなり力強くなったように思います。
この頃になると秋田市営が導入する車両の多くは中型車になっていました。この型式は1990~1992年にかけて12両が導入されています。
e0030537_00382611.jpg
・秋田市交通局 三菱ふそうU-MK618J +MBM? 2003年9月 秋田駅前
e0030537_00382667.jpg
・秋田市交通局 三菱ふそうKC-MK619J +MBM 2003年9月 秋田駅前

そして、モデルチェンジ後のMK6系になってからの車両がこちら。
平成元年排ガス規制のU-MK618Jは1994年導入の2両、一方、平成6年排ガス規制のKC-MK619Jは1995年の4両が存在しました。AT車である点が特徴です。前面に通風孔がないので、なんとなくのっぺりとした印象ですね。
U-MK517以降の車両は、全車、秋田中央交通に移管されています。


[PR]
by hiro_hrkz | 2018-05-27 16:24 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(2)
函館バス 三菱ふそうP-MP618K・P-MP618M +三菱
函館バスのエアロスターMから、
中距離線向けの車両を3題ほど。
e0030537_00470718.jpg
・函館バス 三菱ふそうP-MP618K +三菱 2003年9月 北海道函館市
e0030537_00465659.jpg
・函館バス 三菱ふそうP-MP618K +三菱 2003年9月 北海道桧山郡江差町

まずはもと東急バスの車両から。どちらも1987年式で、目黒営業所の「東急バス新交通システム」用(いわゆる都市新バス)として投入されたもの。ほかには美鉄バス、上電バスへの移籍例があります。同年式は4台あり、いずれも中距離線用となりました。

もとよりエアサスでハイバックシートという装備でしたが、座席は貸切車用のものに交換し、さらにグレードを上げています。その中でも江差に配置されていた社番3357(函館200か20)は、中扉も埋めてトップドア車になっていました。扉を埋めた場所は、窓回りが黒く塗られているためあまり目立ちませんが、窓が上半分ありません。果たして、車内から見たらどのようになっていたのやら。

さて、函館バスは2001年より函館市交通局から順次路線が委譲され、あわせて車両も移管されました。
これらもと函館市営の車両は、当然ながらもと函館市営の路線を走る例が大半だったわけですが、中には中距離線に転じたものがありました。
e0030537_00465933.jpg
・函館バス 三菱ふそうP-MP618M +三菱 2003年9月 北海道函館市

画像は1990年式のエアロスターM。
車内はやはり座席を貸切タイプに載せ替えていますが、前中引戸で2段窓というありふれた仕様の路線車がベースというこちらのほうが、車両の経歴を含めてインパクトがあるものでした。

[PR]
by hiro_hrkz | 2018-03-31 01:36 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(0)
沖縄バス 三菱ふそうMP117M+三菱、K-MP118M +呉羽
沖縄バスの730車は、ふそうなのでMP117。
その多くは、現在も1台が保存目的で残されている沖22か1064と同じ呉羽製の車体を架装していましたが、一部は、三菱名古屋製のいわゆる「ブルドック」を架装していました。
e0030537_14180371.jpg
・沖縄バス 三菱ふそうMP117M +三菱 2000年2月 那覇バスターミナル

呉羽はMP117K、三菱はMP117Mと長さは異なっていましたが、その他の仕様は両者で変わりません。
沖縄らしくサブエンジン式のエアコンを搭載。前面の方向幕の小さいものでした。
両者を並べると、旧世代の車体である呉羽製に対して、やはりブルドックは新しいバスという感じがします。

ところが、これら三菱製ボディーの車両も、のちにその特徴である前面下部を呉羽に準じたものに改造されています。マニアの中では前面グリルの腐食対策などと囁かれてますが、真相はいかに。
この改造前の写真は、あまり出てこないですね。いまでは信じられませんが、かつては730の余波で「沖縄はバスが新しくて種類も同じで・・・」といわれていた時代もあったようです。
e0030537_14180393.jpg
・左が呉羽、右が三菱名古屋 2000年2月 那覇バスターミナル 

e0030537_14175503.jpg
・沖縄バス 三菱ふそうK-MP118M +呉羽 2000年2月 百名(沖縄県島尻郡玉城村)
e0030537_14180399.jpg
・沖縄バス 三菱ふそうK-MP118M +呉羽 2003年5月 那覇バスターミナル

そんなわけで、沖縄本島のバスは730後の約7~10年間、つまり昭和58年排ガス規制(P-)の世代になるまで路線車の新車が殆どありませんでしたが、沖縄バスではこの間にも、1981年に6台、1983年に5台の計11台を導入しました。型式は、昭和54年排ガス規制適合のK-MP118Mとなります。

車体はブルドックですが、メーカーは沖バスのメインである呉羽製となりました。
前面の方向幕が大きくなり、屋上は通風孔から丸型換気扇に変更になりました。
前面下部がMP117の呉羽製に類似の形状に改造されたのは、こちらも同じです。

当初は、名護西線などに投入されていましたが、私が訪問した2000年頃は、南部方面の系統(39番 那覇~与那原~馬天~百名・新原 など)でよく見たように記憶しています。
[PR]
by hiro_hrkz | 2018-01-21 00:20 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(2)
京王電鉄 三菱ふそうP-MP218P +三菱
首都圏で3扉のバスを使用していた事業者といえば、その発祥であり現在も1台を保有している関東バスが有名ですが、かつては京王帝都電鉄も大々的に採用していた事業者の一つでした。しかも関東バスが軸距4.7~5.3mなのに対し、京王は軸距5.5m以上の長尺車が中心で、扉の開け方も中扉を常用するなど、営業エリアが一部で被る関東バスとは対照的な存在でした。

しかし、特別区などで採用されていた3扉車は他者なみの前中扉の中間尺車に代わり、P-以降では三多摩の一部でのみ導入を継続。1990年に聖蹟桜ヶ丘を中心に展開する多摩営業所に配置されたエアロスターをもって打ち切りとなりました。
e0030537_00234463.jpg
・京王電鉄 三菱ふそうP-MP218P +三菱 1998年7月 南大沢駅(東京都八王子市)
e0030537_00235452.jpg
・京王電鉄バス 三菱ふそうP-MP218P +三菱 2003年7月 東京都多摩市

上の2台は、いずれも1989年式。2枚の画像の間でバス部門が分社されたため社名が異なています。
サッシの色が銀色になり、また電子式ATを搭載しています。そのあたりは当時の京王の標準的な仕様ですね。
登場したときは、まだ黄色に朱色の旧塗装でした。

末期は後扉は通常締切りとなっており、ただの中乗り前降りとなっていました。

[PR]
by hiro_hrkz | 2017-11-27 00:57 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(0)
水間鉄道 三菱ふそうP-MP618M +呉羽
2005年の倒産前の水間鉄道のバスは、路線車は移籍車を含めて、日デ()といすゞ()で固められていました。が、特定輸送用にはふそうが存在していました。
e0030537_00461978.jpg
・水間鉄道 三菱ふそうP-MP618M +呉羽 2000年7月 大阪府貝塚市

画像がその車両。メトロ窓・中4枚折戸のエアロスターKです。
エアサス車で、平成2年製造。
中扉が一段下がっており、扉そのものも路線用とは異なるゴツいつくりをしています。
理由は不明ですが、車椅子等が関係しているのかもしれません。

写真の車両のほかに、同型式および排ガス規制違いのエアロスターKが存在していました。

[PR]
by hiro_hrkz | 2017-09-28 01:07 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(0)
北都交通 三菱ふそうP-MP218K・P-MP218M +呉羽
札幌近辺の空港といえば、まず思い出されるのは(新)千歳空港ですが、
もうひとつ、札幌市街から比較的近くにあるのが丘珠空港です。
同空港への連絡バスを運行しているのが、北都交通で現在は貸切タイプの車両を使用しています。
しかし、以前はごく普通の路線バスタイプの車両を走らせていた時もありました。
e0030537_01035060.jpg
・北都交通 三菱ふそうP-MP218K +呉羽 2000年5月 麻生(札幌市北区)
e0030537_01033964.jpg
・北都交通 三菱ふそうP-MP218M +呉羽 2000年5月 麻生(札幌市北区)

画像がその車両。この頃、全国的に流通していたもと横浜市交通局のふそうです。
4台ほど在籍していたようですが、本牧営業所に配置されていた軸距5.3mのP-MP218Mと、それ以外に配置の軸距4.8mのP-MP218Kの両方が存在していました。うち、P-MP218Kのほうは行先と系統で前面の幕が分割されていることから、もと緑営業所と思われます。
全日空(系列のエアー日本)の連絡輸送用であるため車体はANAカラー、前面方向幕にもロゴが入っています。

結局のところ、この車両による運用は長続きせず、車両は系列の根室交通に再移籍しました。
原則、ジェット機が就航できないこともあり、丘珠空港から全日空グループも2010年には撤退しています。


[PR]
by hiro_hrkz | 2017-07-29 15:33 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(0)
新潟交通佐渡の新エアロスター 
e0030537_01243446.jpg
今年も離島に行くことができました。
今回のターゲットは、言わずと知れた新潟県の佐渡。
バスマニアの視点で見ると、県都新潟をはじめ下越地方に路線を拡げる新潟交通の勢力圏ですが、佐渡だけで見られる車種というものがあまり存在しなかったこともあって、注目度は低かったように思います。しかし、この4年ほどの間に移籍車が相次いで投入され、各所に報告が上がる回数も増えてきました。

私も数年前から行きたいとは思っていたものの、都合がつけられず漸く実現しました・・・その間に、目的の1台が無くなってしまったのではありますが・・・。

今回は、新エアロスター(KC-MP~KL-MP)を取り上げます。
なお、新潟交通の佐渡のバス事業は、すべて分離子会社の新潟交通佐渡が担っています。
e0030537_01243486.jpg
・新潟交通佐渡 三菱ふそうKC-MP747M +MBM 2017年5月 佐和田(新潟県佐渡市)

まずは新潟交通のオリジナルから。1999年に登場した同社初のノンステップバスです。
新交のバスは伝統的に銀に青帯の塗装ですが、ノンステップ車であることをアピールするためか、それとは全く異なるオレンジ色で登場しました。その頃は、ノンステだけ在来車と異なる塗装を施す事例は各地で見られましたね。
全部で4台が導入されましたが、佐渡にはこの1台が異動したようです。
e0030537_01243475.jpg
・新潟交通佐渡 三菱ふそうKC-MP747M +MBM 2017年5月 両津(新潟県佐渡市)

 一方こちらは、同じ型式でも移籍車。この2年ほど、信越地方の幾つかの事業者への移籍例が目撃されている、もと遠州鉄道のエアロスターノンステップ車です。帯の色を遠鉄の緑色から変更しただけの外観になっていますが、青色ではなくオレンジ色になったのは、さきにあげたオリジナル車の影響なのでしょう。
 遠鉄では、前面の行灯には「オムニバス」と表示していましたが、ここは社名を入れています。この頃の遠鉄のバスは座席がよいので、所要時間の長い路線もある島内には向いているかと思います。
新潟200か984、985の2台を確認しています。
e0030537_01243589.jpg
・新潟交通佐渡 三菱ふそうKL-MP37JM +MBM 2017年5月 両津(新潟県佐渡市)

排ガス規制記号がKL-に変わったこの車両で、漸く新潟交通らしい塗装となりました。
ただし、赤い屋根のクルマは新潟市内向けにはじめたもので、それと無縁の分離子会社では銀色のままでした。以前は、本体から分社に異動した車両の屋根を、わざわざ赤から銀に塗り替えた事例もありましが、逆になったようです。

さてこの車両。もとは宇部市交通局で宇部新川~新山口駅の新幹線連絡特急で使われていたもの。
各地から移籍車両を導入している同局から放出されるなど想像だにせず、私も見た瞬間には解りませんでした。
もともとの使用用途ゆえ、この車両もなかなか上質な座席がついており、やはり長時間の乗車に向いていると思います。
新潟200か1003 1台を確認しています。
e0030537_02285373.jpg
・新潟交通佐渡 三菱ふそうKL-MP35JM +MBM 2017年5月 両津(新潟県佐渡市)
e0030537_01243435.jpg
・新潟交通佐渡 三菱ふそうKL-MP33JM +MBM 2017年5月 両津(新潟県佐渡市)
e0030537_01243440.jpg
・新潟交通佐渡 三菱ふそうKL-MP33JM +MBM 2017年5月 相川(新潟県佐渡市)

 そして、登場時に関東地方のバスマニアをあっと言わせたのが、これらの車両。
近年各地を席巻している、もとは神奈川中央交通のKL-MPですが、ここでは、車体裾と雨どい上の赤帯のみを消した状態で移籍しました。新交の分離子会社では、もとの事業者の塗装をほぼ変更しないで使用する事例が幾つか発生していますが、これも、その一つとなりました。
 ツーステップでリーフサスのKL-MP33を2台(新潟200か865・866)、ワンステップでエアサスのKL-MP35を3台(新潟200か920~922)確認していますが、KL-MP33は「佐渡を世界遺産に」のキャンペーン広告が貼られています。
前面の運賃表示窓は当然「後払い」を表示しています。

・佐渡について
[PR]
by hiro_hrkz | 2017-05-29 01:16 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(0)
東濃鉄道のエアロスターM 3題
岐阜県の東部、多治見・土岐・恵那等に路線網を持つ東濃鉄道(東鉄)。
一時期、日デを積極的に導入した時期はあったものの、名鉄系列の事業者だけあって、基本的には、ふそうが主力車種となっています。
当然、エアロスターも数多く在籍し、いくつかのバリエーションがありました。今回は、その中から3っつほどを。
e0030537_23471905.jpg
・東濃鉄道 三菱ふそうP-MP218M? +三菱 1998年8月 多治見駅前(岐阜県多治見市)

東鉄も、名鉄グループ各社の大半と同じく、三菱自工大江製のエアロスターMを導入していました。
ただし、仕様面では独自性が高く、名鉄バスとは異なった雰囲気でした。
この車両は、メトロ窓で前後折戸の車両。
ナンバーが「岐22」であることから1987年以前に導入された初期の車両であることがわかりますが、
このタイプを見たのは、このとき一度きりでした。
e0030537_23474214.jpg
e0030537_23472952.jpg
・東濃鉄道 三菱ふそうU-MP218M? +三菱 1998年8月 多治見駅前(岐阜県多治見市)

一方、こちらは、多治見ではよく見ることができたワイドドア車。
画像の車両はどちらも、平成元年排ガス規制適合のU-MPです。
名鉄のクルマと比べると、長さは同じ中間サイズ(5.3m)ですが、窓はメトロ窓に対し2段窓と、少々グレードが低めの設定になっています。
下の画像の車両は、多治見市の花である桔梗が全体に描かれていました。

[PR]
by hiro_hrkz | 2017-03-28 01:36 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(0)
大分交通のMK116とMM116
魑魅魍魎の車種構成で知られる大分交通のバスから
本日は三菱ふそうのこの車種を。
e0030537_22460562.jpg
・大分交通 三菱ふそうK-MK116J +呉羽 2000年8月 大分駅前
e0030537_22460511.jpg
e0030537_22460595.jpg
・大分交通 三菱ふそうP-MK116J +呉羽 上:1999年8月 下:2001年8月 大分駅前

大分交通の路線バスは1980年代には既に中型を多数導入していたようです。
ふそうの路線バスで、最初にスケルトンになったMK116系も幾つか見ることができました。
いちばん上は昭和54年排ガス規制(K-)適合車、残り2台は昭和58年排ガス規制(P-)適合車です
(両者の違いは、前面の通風孔の位置に現れる模様)。
P-のほうが屋上に広告枠を載せているので、逆に古めかしく感じるところです。
大分交通は大分・別府が前中折戸、そのほかがトップドアというのが基本でしたが、この型式に関しては前中扉しかなかったようです。

さて、大分交通は、大型は少なかったものの、9m大型はそれなりの数が入っていました。
全国的に見ても少数派の三菱ふそうMMも導入されています。
e0030537_22460426.jpg
・大分交通 三菱ふそうP-MM116H +呉羽 1999年8月 大分駅前
e0030537_22460487.jpg
・中津観光バス 三菱ふそうP-MM116H +呉羽 2001年9月 中津駅前(大分県中津市)

パッとみただけではMKと区別がつきませんが、こちらの方が幅が広く長い、タイヤハウスも大きいことが解ります。
下の1台は、分離子会社の中津観光に異動し、帯の色を一部変更して使用していたもの。
仕様からして、大分・別府地区から転属したものと思われます。

[PR]
by hiro_hrkz | 2017-01-27 00:01 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(0)
芸陽バス 三菱ふそうU-MS726S +呉羽
かつて、ふそうMPの車体が三菱自動車大江製のMと呉羽自工製のKがあったころ、
貸切系のMSもやはり大江製と呉羽製の2種類がありました。
しかしながら、こちらではエアロクィーンに代表される大江製のボディーが圧倒的に多く、
呉羽独自のボディー「サンシャインデッカー」や「エアロバスK」は少数派に終わります。
どちらも呉羽のみが製造していた、ふそうの中型貸切車(例・・・路線転用ですが)と共通のフォルムとなっています。
e0030537_22471688.jpg
・芸陽バス 三菱ふそうU-MS726S +呉羽 2008年7月 三原駅(広島県三原市)

画像は広島県の芸陽バスに在籍したエアロバスKのハイデッカー。
県都広島と県東の三原を結ぶ高速バス「やっさ号」で使用されていました。
座席は11列45人乗りの模様。

芸陽バスといえば広電系列らしく日野が多数を占める事業者ですが、この頃は県内高速にも移籍車を導入。
これもそんな一台で、もとは自家用車ということです。


[PR]
by hiro_hrkz | 2016-12-14 23:14 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(0)