本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>運行管理もちの元太平興..
by hiro_hrkz at 21:34
初めて投稿いたします、バ..
by 運行管理もちの元太平興業系運送屋さん at 02:07
>>kana86さん ..
by hiro_hrkz at 22:48
>なぜかこれはツーステッ..
by kana86 at 20:45
こんばんわ。確かに言われ..
by かねとしがばなー at 20:59
>>山科太郎さん 情報..
by hiro_hrkz at 21:58
いつも拝見しています。 ..
by 山科太郎 at 10:59
>>くにびきさん 情報..
by hiro_hrkz at 23:31
こんにちは。松江市営バス..
by くにびき at 19:57
>>FUSOきゃろるさん..
by hiro_hrkz at 20:53
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
<   2018年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
日立電鉄 モハ9形モハ10
1929年の開業以来青色吐息の経営状態だった茨城県の常北電気鉄道は、やがて日華事変勃発後、軍需増加に伴う日立製作所の好況で旅客が急増。これにより息を吹き返し、最終的に1944年に同社の傘下に入り日立電鉄と改名します。
それまで2軸車ばかりで運行してきた同線は当然、輸送力不足に陥り、結果、日立製作所製の半鋼製ボギー車を導入しました。これがモハ9形で、5両が計画されていましたが完成したのは1944年10月製の2両にとどまりました。
e0030537_00532680.jpg
・日立電鉄 モハ10 1989年4月 常北太田

車体長13500×車体幅2634mm(最大長14314mm)、自重24tの3扉車。全体的な雰囲気は同じ頃に製造された熊本電気鉄道モハ101~103に似ていますが、全長は熊本のほうが1m少々長い(車体長14686mm)ため、扉間の窓数が1枚異なります。また台車などは全く異なっています。
ともあれ、日製が電装品のみならず車体までを含めて製造した最初期の電車です。

その電装品は、主電動機が出力50kwのHS-253が2機、主制御器が電空カム軸式のPB-200、制動は自動ブレーキ(AMA)となっています。既にこの頃、日立の主制御器は電動カム軸式のMCおよびMMCを製造している中でのPBの採用は不思議なところですが、「日立製作所ニ於テ手持品ヲ充ル」ことを条件に製造されたようなので、死蔵状態にあったものを取り付けたものと邪推するところです。
日立PR・PB系は国鉄CS-3となったものを除けば、保守の面などを理由に各社で置き換えられるのが早かったため、撮影時点では貴重な残存例だったと言えます。
台車は弓型イコライザのH1・・・これもなにかのデッドストックだったのかもしれません。

当初はトロリーポールでの集電でしたがビューゲルを経てパンタグラフに変更。
1963年にはモハ9は鮎川側、モハ10は常北太田側に貫通路を取り付けています。
さらにはアルミサッシ化と前面窓・戸袋窓のHゴムが1970年代後半?に順次実施され、1980~1984年の間にはウィンドウシル(モハ9はヘッダーも)が消滅しています。

1971年にワンマン運転化改造が行われており、マニアが訪れやすい休日日中でも走っていました。
モハ10は日立電鉄の旧型車では最後まで残り、1997年に廃車となりました。

・参考文献
白土 貞夫『RM LIBRARY64 日立電鉄の75年』ネコ・パブリッシング 2004年

[PR]
by hiro_hrkz | 2018-01-28 02:37 | 鉄道(旧形電車) | Trackback | Comments(1)
沖縄バス 三菱ふそうMP117M+三菱、K-MP118M +呉羽
沖縄バスの730車は、ふそうなのでMP117。
その多くは、現在も1台が保存目的で残されている沖22か1064と同じ呉羽製の車体を架装していましたが、一部は、三菱名古屋製のいわゆる「ブルドック」を架装していました。
e0030537_14180371.jpg
・沖縄バス 三菱ふそうMP117M +三菱 2000年2月 那覇バスターミナル

呉羽はMP117K、三菱はMP117Mと長さは異なっていましたが、その他の仕様は両者で変わりません。
沖縄らしくサブエンジン式のエアコンを搭載。前面の方向幕の小さいものでした。
両者を並べると、旧世代の車体である呉羽製に対して、やはりブルドックは新しいバスという感じがします。

ところが、これら三菱製ボディーの車両も、のちにその特徴である前面下部を呉羽に準じたものに改造されています。マニアの中では前面グリルの腐食対策などと囁かれてますが、真相はいかに。
この改造前の写真は、あまり出てこないですね。いまでは信じられませんが、かつては730の余波で「沖縄はバスが新しくて種類も同じで・・・」といわれていた時代もあったようです。
e0030537_14180393.jpg
・左が呉羽、右が三菱名古屋 2000年2月 那覇バスターミナル 

e0030537_14175503.jpg
・沖縄バス 三菱ふそうK-MP118M +呉羽 2000年2月 百名(沖縄県島尻郡玉城村)
e0030537_14180399.jpg
・沖縄バス 三菱ふそうK-MP118M +呉羽 2003年5月 那覇バスターミナル

そんなわけで、沖縄本島のバスは730後の約7~10年間、つまり昭和58年排ガス規制(P-)の世代になるまで路線車の新車が殆どありませんでしたが、沖縄バスではこの間にも、1981年に6台、1983年に5台の計11台を導入しました。型式は、昭和54年排ガス規制適合のK-MP118Mとなります。

車体はブルドックですが、メーカーは沖バスのメインである呉羽製となりました。
前面の方向幕が大きくなり、屋上は通風孔から丸型換気扇に変更になりました。
前面下部がMP117の呉羽製に類似の形状に改造されたのは、こちらも同じです。

当初は、名護西線などに投入されていましたが、私が訪問した2000年頃は、南部方面の系統(39番 那覇~与那原~馬天~百名・新原 など)でよく見たように記憶しています。
[PR]
by hiro_hrkz | 2018-01-21 00:20 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(2)
名古屋鉄道揖斐線 本揖斐駅
名鉄の岐阜600V線の終点には、それぞれ印象的な駅がありました。
揖斐線の終点・本揖斐駅もその一つです。
e0030537_17435572.jpg
e0030537_17435540.jpg
駅舎はこのような洋館風のものでした。1928年の開業時からのものでしょうか?
上の写真は1989年、下の写真は1995年の撮影で、6年の開きがありますが、この間に駅名票がCI導入で変わったことが、いちばん目につく変化ですが、ほかに小屋根が瓦から化粧スレートになっています。駅舎の向かって右側は喫茶店になっていました。このあたりは揖斐・谷汲線の要衝であった黒野駅に似ていますね。

さて、個人的に本揖斐駅で印象的だったのはこの駅舎よりも電車乗り場のほうでした。
e0030537_17435531.jpg
e0030537_17435508.jpg
e0030537_17435589.jpg
島式のホームと線路を覆うように取り付けられた屋根が、ローカル電鉄(・・いやまあ名鉄そのものは大手私鉄ですが)のターミナルらしさを盛り上げていたように思います。
2線あったうち1線は既に使用されておらず、自転車置き場となっていましたが、これはこれでまたよい雰囲気でした。

・上から1、4枚目は1989年8月撮影。ほかは1995年8月撮影。

[PR]
by hiro_hrkz | 2018-01-13 18:16 | 鉄道施設 | Trackback | Comments(0)
庄内交通の富士8E
庄内交通は、路線・貸切を問わず、富士重工を架装した車両を各種導入していました。
今回は、その中から富士8Eを架装した車両をとりあげてみたいと思います。

庄内交通が富士8Eを最初に導入したのは1991年のこと。
先ずは、トップドアのエアサス車が入りました。
e0030537_21381946.jpg
・庄内交通 日デU-RM210GAN +富士8E 2005年5月 山形県鶴岡市

エアサス、ブルーペンのガラスに逆T字窓、リクライニングシート(?)装備という豪華な仕様のこのクルマ。
専ら鶴岡~庄内空港で使われていました。フロント窓下には立体的な社章つきで、これは当時の高速路線車等と同じ仕様です。庄内22あ228の1台が存在しました。
e0030537_16432527.jpg
e0030537_15182226.jpg
・庄内交通 日デU-RM210GSN +富士8E 上:2000年10月 下:2005年5月 山形県鶴岡市

続いて1991~1993年に一般路線用が入ります。
こちらはリーフサス、2段窓で前中折戸という、当時の庄交の路線車の標準的な仕様となっています。
いちばん上のU-RM210GANとは製造時期の差は3か月ですが、この間にフォグランプの位置がヘッドライト下から内側に変化したことが解ります。運転席上の通風孔に覆いが取り付けられているのが少々特徴的な点で、これは同時期に導入されたU-LR332J+富士6Eも同じでした。
1991年12月製造の庄内22あ231、232、1993年2月製造の庄内22あ252?、253の4台が存在しました。

この次以降の車両は、平成6年排ガス規制適合(KC-)となります。
e0030537_15184555.jpg
e0030537_15184702.jpg
・庄内交通 日デKC-RM211GSN +富士8E 2000年10月 山形県鶴岡市
e0030537_17534870.jpg
・庄内交通 日デKC-RM211GSN +富士8E 2005年5月 山形県鶴岡市

まずは日デのKC-RMから。この時期に限って庄内交通は扉の配置を前中折戸から前後折戸に変更しています。いかなる理由があったのか。リアから見るとKC-RMでありながらエンジン開口部の中桟が省略されています。
1996年2月製の庄内22あ319と1997年2月製造の庄内22あ338、339が存在しました

上の319は、登場時、鶴岡営業所所属車両の多くで採用されていたピンク色に鶴のマスコット「ルルとクク」が描かれたものでしたが、後年、338のように黄色一色の標準塗装に変更されました・・・338と339の登場時は調べてみましたが解りませんでした。
e0030537_15185346.jpg
・庄内交通 いすゞKC-LR333J +富士8E 2017年5月 山形県酒田市

一方こちらは、いすゞのKC-LR。仕様はKC-RMと殆ど変わりませが、「ISUZU」のエンブレムがついているので解りやすいですね・・・これがなければ前扉と前輪の間が狭いことで見分けることが可能です。
日デRM+8Eの殆どが鶴岡に配置されていたのに対し、こちらは酒田・平田に配置されたため、車体は黄色一色(現在の標準色よりも彩度が低い別物の模様)で、描かれるマスコットも白鳥の「スワン奈・スワン太」となっていました。
1996年2月、1997年2月、1998年2月にそれぞれ1台づつ、庄内22あ320、343、355の計3台が製造されました。
e0030537_15184077.jpg
・庄内交通 日デKC-RM211GSN +富士8E 2013年8月 山形県鶴岡市

1998年2月には日デKC-RMも1台、庄内22あ353が製造されています。
前後折戸であることは変わりませんが、前扉側だけがワンステップとなっている点が特徴です。
長いこと地元銀行の広告車になっていますが、おそらくはピンク色で残る最後の1台ではないかと思います。
e0030537_17245538.jpg
e0030537_15185777.jpg
・庄内交通 日デKC-RM211GSN +富士8E 上:2000年10月 下:2017年5月 山形県鶴岡市

結局前側だけワンステップというのは無理があったのか、翌1999年2月に製造された庄内22あ370は、再び前中折戸に戻り、どちらの扉もワンステップとなりました。この車両。導入時は真っ白である携帯電話会社の広告車となっていましたが、その後、ライバルの携帯電話会社に広告主が代わり、地色がオレンジ色に変化しています。
e0030537_15190491.jpg
・庄内交通 日デKK-RM252GSN +富士8E 2017年5月 山形県酒田市

そして、平成11年排ガス規制(KK-)となり、2000年2月に導入されたのが庄内200か17。
庄内22あ370の仕様を引き継いでおり、コーナリングランプの設置、エアコン、タイヤハウスの形状等が変化するのはKC-RMからKK-RMの標準的な変化と変わりありません。塗装は白一色で各種キャラクターが描かれたものになりました。
この車両は、RM+8Eでありながら、鶴岡ではなく平田営業所の所属です。
e0030537_15191391.jpg
・庄内交通 日デKC-RN210CSN +富士8E 2013年8月 山形県鶴岡市

移籍車も2台ほど在籍しています。
先に入ったのはチョロQことKC-RN。もとは米沢市の80条バスで2台あったうち先に廃車になったほうが移籍しました。2008年頃だったと思います。庄交には西工架装のKK-RNは自社発注がありますが、KC-RNはこれが唯一の存在。車体は小型車に多く見られるオレンジ色となっています。
e0030537_15190954.jpg
・庄内交通 日デKC-RM211ESN +富士8E 2017年5月 山形県鶴岡市

そしてもう一台は、もとは西武バスのKC-RM211ESN。長さを詰めていないタイプです。
1997年11月製造。移籍の時期から類推するに、おそらくは西武観光バス秩父営業所で廃車となったA7-469ではないかと思われます。

[PR]
by hiro_hrkz | 2018-01-08 17:44 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(0)
熊本市交通局 1050形・1060形
熊本市電にボギー車が登場するのは、国内の多くの地方都市の市内電車と同様に戦後のこと。
1948年に120形・130形を導入し、続いて1950年に150形151~154、1951年に160形161~163を導入します。

150形と160形は製造年が異なるだけで他は同一。130形と同じく大阪は堺にあった廣瀬車両で製造されました。
車体は3扉ですが、120・130形が中扉が両開きなのに対してこちらは片開き。最大寸法(長・幅・高)は12800×2322×3805mmで、これよりもあとに作られる180形以降の前中扉で製造された電車よりも800mmほど長くなっています。そのためか、運転台部分より前側に幅がすぼまる形状となっています。
e0030537_22555975.jpg
・熊本市交通局 1054(廃車体) 1993年8月 大江車庫
e0030537_22321338.jpg
・熊本市交通局 1063 1993年8月 大江車庫

150形は1968年8~11月に、160形は1969年1~11月にワンマン化改造され1050形1051~1054および1060形1061~1063となります。このときに、後扉を閉鎖して前中扉となっています。
前面は熊本市電標準タイプに改造されていますが、熊本市電の各形式の写真を並べると、かくも違う各車もパーツの位置と大きさでここまで同じ印象にできるのだなあ・・と関心してしまいます。

熊本では市電2系統の存続が決定し、1978年から車両の冷房化が実施されます。
1050・1060形は1063のみ1981年に実施。1051~1053は花電車用の無蓋電車の50形51~53に1979および1983年に改造されています。残る1061、1062、1054は非冷房のまま廃車となりました。

画像は1993年8月に大江車庫で撮影したもの。1054は既に廃車済でZパンタもなく窓枠も一部が欠落しています。この車両はクリーム色に緑帯となっています。
一方、1063はこの時点で最古参でした。台車は住友KS-40J、主電動機は熊本市電の旧型車共通のSS-50(路面電車標準の50馬力モータ=38.0kw)×2で、冷房は熊本市電標準の富士電機製直流駆動式です。

それから25年が経ち、これよりも後に製造された車両が続々と廃車になる中でも残っていることには驚きます。
塗装も標準塗装か旧塗装に戻りました・・・ところで、この旧塗装。現在は帯の色が濃紺ですが、もともとはもっと紫色に近い色だった記憶があります・・・単に経年劣化だったのかもしれませんが。


[PR]
by hiro_hrkz | 2018-01-03 17:13 | 路面電車・低床電車 | Trackback | Comments(0)
戊戌
あけましておめでとうございます / 새해 복 많이 받으세요 / 新年快樂 / Frohes Neues Jahr!
Happy new year! / Voorspoedige nuwejaar! / YENİ YILINIZ KUTLU OLSUN!
今年もよろしくお願いいたします。

2018年/平成30年。つちのえいぬ(戊戌)年。
今年1月の表紙は、元号から銚子電鉄のデハ301としました。
そしてバスのほうは、富士重工〇〇型に因んだ最後の年として8E(18型E)の秋田市営U-JP211NTNとしました。廉価版低床車の先駆けであったU-JP。出てきたときには何となくダックスフントっぽいと思ったものです。
e0030537_02102686.jpg
e0030537_02102594.jpg
・日ノ丸自動車 日野KK-RJ1JJHK +日野車体 2009年2月 鳥取駅前

ということで、本年最初のお題はダックスフントを低床車のロゴに採用していた鳥取県は日ノ丸自動車のバスを。
犬→「ワン」→ワンステップという駄洒落が由来かどうかは知りません。車種はKK-RJなので、ダックスフント感は当然ながらありません。

e0030537_02102624.jpg
・日ノ丸自動車 日野U-HT2MMAA +日野車体 2009年2月 鳥取駅前

こちらは京浜急行から移籍車。日ノ丸では少数派(となってしまった)の大型車です。
移籍車であってもロゴは貼られています。ただし、これは広告車なので、目立たないですね。
e0030537_02102696.jpg
e0030537_02102503.jpg
・日ノ丸自動車 日野PB-HR7JHAE +JBUS小松 2009年2月 鳥取駅前

その後、時代の趨勢はノンステップ車となるわけですが、
ロゴのマークはそのままに、中に書いてある言葉だけが変わりました。
e0030537_02102623.jpg
e0030537_02102619.jpg
e0030537_02102663.jpg
・日ノ丸自動車 日野KC-RJ1JJCA +日野車体 2009年2月 鳥取駅前

一方、ツーステップのまま各段の段差を縮小して低床となった車種がありますが、
こちらは犬の色が異なり、中には「低床バス」と書かれていました。

現在は低床車以下が標準となったため、このロゴも無くなってしまったようです。

[PR]
by hiro_hrkz | 2018-01-01 15:19 | バス(日野車体) | Trackback | Comments(0)