人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>> 島々な人さん ご..
by hiro_hrkz at 23:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 19:26
>>12号線さん あの..
by hiro_hrkz at 23:50
リアの造作も京阪独特のも..
by 12号線 at 15:39
>>島々な人さん ご無..
by hiro_hrkz at 22:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 00:01
備北バスの日野レインボー..
by しんご at 14:52
>>ツカちゃんさん そ..
by hiro_hrkz at 00:09
こんばんは。 茨交のキ..
by ツカちゃん at 23:19
>運行管理もちの元太平興..
by hiro_hrkz at 21:34
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
<   2018年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
製作中のもの 2018年2月
ただいま、こんなものを製作中です。
e0030537_23475218.jpg
地面です。
2月の3連休に開始してから20日少々でここまできました。
A4パネルに木材の切れ端で土台を作り、
そこにt2.5のバロンケント紙やスチレンボードなどで高低差をつけています。
なお、真ん中に丸い穴が開いてますがここにはなにかが入ります。

by hiro_hrkz | 2018-02-28 23:52 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(0)
佐久間町 いすゞP-LR312J +IK
随分前に、中部天竜駅前で撮影したJR東海バスのK-U31L+富士3Eをとりあげたことがあります。
その5年後・・・1999年に再び中部天竜へ行くと、JRバスの代わりにこんなバスが留まっていました。
e0030537_00123657.jpg
・佐久間町(80条) いすゞP-LR312J +IK 1999年8月 中部天竜駅前(静岡県磐田郡佐久間町)

最初に見たときは「え、遠鉄バスってここまで路線を持ってるんだっけ??」と思いましたが、ナンバーは白で方向幕(のあった場所)を見てすぐに事情は理解しました。

西渡~中部天竜のJRバスは1996年に廃止になり、地元の佐久間町が80条で代替バスを走らせることになりました。このいすゞLRも、その時に移ってきたものなのでしょう。よく見れば、側面のバンビのマークもそのまま。これは、運行そのものは遠鉄に委託していたことが関係しているのかもしれません。

それにしても、昭和58年排ガス規制の遠州鉄道の中型車は、メーカー問わず各車で明暗が分かれましたね。早いものは10年少々で廃車になり各地へ移籍しています。一方で同程度の年式ながら、車年20年を超えて遠鉄に残る車両もありました。

一方、この路線の本線格にあたるJRバス天竜線(西鹿島~水窪)が2002年に遠鉄に移管されたあと、自主運行をとりやめ遠鉄への委託となりました。これにより、ホンモノの遠鉄バスが中部天竜まで来ることとなりました。佐久間町も平成の大合併でいまは浜松市の一部ですね。


by hiro_hrkz | 2018-02-22 00:35 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(0)
福井鉄道 デキ3
福井鉄道には凸型電気機関車が3両在籍していました。
そのうち、最後に入線したのがデキ3です。
e0030537_22034330.jpg
・福井鉄道 デキ3 1999年6月 西武生
e0030537_21595031.jpg
・福井鉄道 デキ3(+デキ11) 1999年10月 三十八社

もとは名古屋鉄道デキ111(東洋紡所有)→遠州鉄道ED213。
南越線で貨物代用として使われていたモハ111が事故で大破し、福武電鉄時代の発注車・デキ1が同線に転属、その穴埋めとして1975年3月借り受け・同年8月譲渡成立したものです。
メーカーは板台枠の台車(NTJ25)から解るように、車体・機械は日本鉄道自動車製です。

最大寸法(長×幅×高)は11430×2425×4013mmの25t機。
宇部鉄道デキ11→国鉄ED251→上田丸子電鉄ED251(三井三池→)弘南鉄道ED301といった、それまでの日鉄自型に比べるとボンネットの高さが増し、その分キャブの窓も位置が上昇したため、ごつくなった印象を与えます。一方で、キャブの側面などは、それまでの車両とあまり変わりませんね。

一方、電装は東洋電機製で主電動機はTDK516-A(端子電圧600V・出力59.6kw)、主制御器は電動カム軸式です。
同社はそれまでの日鉄自製凸電とは無縁でしたが、この車両および同年に製造された若松市電201から搭載され、1953年には同社の傘下に入っています。私鉄電機といえば電空単位スイッチ式が多い中での電動カム軸式の採用も東洋電機らしいところだと思います。
e0030537_22401704.jpg
・1993年3月 西武生

この車両は、ラッセルヘッドを取り付けており、冬場の除雪用としても使われていました。
しかし、1993年に見たときは使用されなくなった貨車と保線機材に挟まれており、デキ2よりもむしろ状態が悪く感じたものです。その後1998年にデキ2は廃車になる一方でデキ3は整備され車体も美しくなりました。特に、翌1999年10月には廃車になるホサ1形(もと浅野セメント私有貨車)を従えてイベント運行し、注目されました。
e0030537_00182107.jpg
・1999年10月 家久~西鯖江 

しかし経営体が代わったあとの2012年に除籍されました。
西武生・・・いまは北府ですが・・・に留置されているのは変わらないようですが。

御周知のとおり今年の北陸地方・・・とりわけ福井県・石川県は大雪で大変な状況となり、福井鉄道も連日運休になるなど例外ではありません。一日も早く通常を取り戻せるよう願っております。

・参考文献 
澤内 一晃「凸型電気機関車の系譜」鉄道ピクトリアル859号(2012年2月) 電気車研究会
岸 由一郎「私鉄車両めぐり155 福井鉄道」鉄道ピクトリアル626号(1996年9月) 電気車研究会
清水 武『RM LIBRARY 207 福井鉄道(下)』ネコ・パブリッシング 2016  

by hiro_hrkz | 2018-02-13 00:25 | 鉄道(電機、貨電、貨車) | Trackback | Comments(0)
高野山の西工58MC  3題
日本を代表する宗教都市である高野山。
橋本から南海電車で山を攻めて極楽橋へ、そこでケーブルカーに乗り換えて漸く高野山駅につきます。が、高野山の中心地は更に専用道経由のバスに10分ほど乗らなくてはなりません。奥の院となればもっと先です。

そんなわけで、標高800mの高野山中には、それなりの本数のバスが走っています。
運行するのは当然ながら南海グループで、1992年に本体より分離された南海りんかんバスが担当しています。
e0030537_00465860.jpg
・南海りんかんバス 三菱ふそうP-MP218K +西工58MC 
  2001年12月 高野山駅(和歌山県伊都郡高野町)
e0030537_00470571.jpg
・南海りんかんバス 三菱ふそうU-MP218K +西工58MC 2001年12月 高野山駅
e0030537_00583691.jpg
・南海りんかんバス 三菱ふそうKC-MP617K +西工58MC 2001年12月 高野山駅

現在は日野も在籍しているようですが、2001年当時は大型・中型共にふそうしか見かけませんでした。
その中には何台か西工58MCを架装した車両がありました。

画像は上からP-MP、U-MP、KC-MPで排ガス規制で3世代が揃っていました。
軸距は当時の南海の大型車は5.3mが標準でしたが、ここでは急カーブ等の多い路線環境にあわせて4.8mを採用していたのが特徴。

扉配置が前後引戸で後扉の下半分にも窓付きがある点は全車共通ですが、塗装はU-が旧塗装、P-とKC-が現行塗装。
窓は、U-とP-は南海で当時標準のメトロ窓ですが、KC-はT字窓。
そして、サスペンションもU-とP-が板サスなのに対し、KC-はエアサス仕様でした。
総じて、KC-MPが南海全体で見ると異端のクルマと言えそうですね。


by hiro_hrkz | 2018-02-03 01:58 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(0)