人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
<   2019年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧
年末の雑感 ~夢の続き~
ブログ休止中ですが・・・・

今年も、無事に過ごせたことに
遠くに行けたことに
たくさんの方に出会えたことに、改めて感謝を。
年末の雑感 ~夢の続き~_e0030537_15384527.jpg
・今年のまとめ

1)サイト
開設20年を迎えることができました。
とはいえ、全体を更新し続けることは難しく、実質アーカイブとして存続しているに過ぎない状態ですが。

・鉄道関係
 久しぶりの海外旅行で見たドイツとスウェーデンの鉄道について、いろいろとまとめています。
その結果、何か物事を順序立てて紹介するのに、ブログ、ツイッターは不向きで、サイトで連続性のある記事にしなくてはならないことを感じています。ブログはトピックを紹介するいわばコラム・エッセイには向いているのですが。ツイッターは単なる独り言拡散機ですね・・・それが面白いのですが。
 神奈電については今年も達成できず・・・。

 ・バス関係
 富士重工製のバスについて、残っている案件も年末の時点で2両となりました。今後、新規の案件が出てくる可能性も低く、いよいよ長期放置体制になるかもしれません。
 一方、東野交通に続いて、茨城交通との統合で消滅した日立電鉄(交通サービス)についてもサイトでまとめることにしました。近年は土日の運行数がめっきり減ってしまい未撮影の車両も多かったため、4月までは毎月のように日立に通いました。情報が右から左に流れてゆくだけの今日この頃、それを堰き止めて蓄積・公開することは労力のいることですが、重要なことなのだと思います。

2)模型
 出来高は車両は5両。うち2両は長期仕掛品を塗装して完成させただけですから、実質的には3両で終わりました。最も、懸案であった神奈電の川造が完成したのは幸いでした。一方で定鉄のほうは車体の捻じれがどうしようもなくなり修正を試みたものの断念。結局、設定ごと入れ替えることにしました。
 ストックホルムで乗った電車を作りたいと思っているものの、欧州の電車にありがちなRのついた窓というのが中々に難題でして。いよいよ3Dプリンタへの進出も考えなければならないのかもしれません。

3)外回り
 今年は、茨城県に8回、群馬県に6回、関西が2回と同一地方に行く回数が多かったのが特徴的な1年でした。最も群馬県は上信電鉄で目当ての編成が1度も撮れないという、きわめてありがちなパターンに陥ってしまったわけですが。
 そして、久しぶりの海外旅行。15年前のときにも気になっていたドイツのオーベルライン鉄道と、最近非常に興味を持っていたスウェーデンのストックホルム近郊各線という組み合わせになりました。さて、次にプライベートで欧州に行けるのはいつの日か・・・。

4)そのほか
 平成から令和に時代が変わった今年は、自分の人生でも大きな転機となりました。まさか、この年齢になって次のステージに上がることができるとは、正直思っていませんでした。
一方で、ある意味、今回の欧州旅行は「卒業旅行」だったのかもしれません。バス趣味の大きなウェイトを占めていた富士重工製路線バスについては自分の中で「上がり」が見えてきました。一方で、鉄道趣味についてもこの25年間、間違いなく基幹となっていたコトデンの旧型車の完全なる終焉が発表され、区切りをつける時が来たのかな・・・という思いもあります。
 今年は、各地で保存車両の解体あるいは保存取りやめに向けた動きが多く、非常に残念に思っています。台風により各地で鉄道の被害が相次いだことも同様です。一方で、富山・宇都宮・広島などでの路面電車の明日につながる動きはやはりうれしいものです。少しでも明るいニュースが多くなることを願わずにはいられません。
年末の雑感 ~夢の続き~_e0030537_15384224.jpg
今年も拙サイトをお読みいいただきありがとうございました。
それでは良いお年を。
きたる2020年が皆様にとって福と幸いに溢れる一年でありますように。
by hiro_hrkz | 2019-12-31 02:15 | 言いたい放題 | Comments(0)