人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
阪急バス前後扉車、側面方..
by うなぎバス at 17:51
>>無賃乗車お断りさん ..
by hiro_hrkz at 12:30
1987年発行の季刊バス..
by 無賃乗車お断り at 22:13
2019年8月現在の備北..
by しんご at 15:04
>FUSOきゃろるさん ..
by hiro_hrkz at 00:37
サンデンの場合は、本来三..
by FUSOきゃろる at 20:35
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
<   2020年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
「近代的」な荷物電車
新正月も旧正月も迎えることができましたが、なんとか1両が完成しました。
「近代的」な荷物電車_e0030537_23380290.jpg
15m級の荷物電車です。
元はと言えば、昨年のJNMAのときに仲間内が持ち込んだ別のものを引き取ったら、ついでにこれも・・・ということで鉄コレ第20弾の国鉄クモニ143が転がり込んできたことにはじまります。こんなものを持っていてもどうしようもないしなあ、と思っていたのですが、側面は大きな扉と単純な窓だけで構成されているオーソドックスなもの。それならば、他の車両と切り継いでしまえ!ということになりました。
 とはいえ、クモニ143の窓の高さは独特であり切り継いでも違和感のない車両を探すのは難航しました。結局、塗装を落としたまま長期放置していた鉄コレ第2弾のフリー(コトデン62の2枚窓時代)と組み合わせることに。狙うイメージは、(京王デニ201+名鉄デニ2001)÷山陽電鉄の貨電であります。
「近代的」な荷物電車_e0030537_23380654.jpg
側面の乗務員扉間を切り取り、そこにクモニ143の側面をはめ込んだだけです。ただし、片方の側面はトイレがある関係で窓が一枚少ないので、その分を控室の窓を切り継いでいます。
 前面は窓上のテールライトを削り、窓下に銀河の旧国(半流)用を取り付けました。ヘッドライトは中身をくり抜いて、WAVEのH-EYESから直径1.5mmのパーツをはめ込んでいます。そのほかウィンドウシルを巻いて、1950年代前半製造ふうにしたほか、乗務員扉がクモニ143の側窓よりも天地が広いため、上側を0.3mmほど埋めました。
 結果、イメージはナニワ工機が1950年代に製造した近代的な電車のイメージとなったので、塗装もそれらしく・・・たとえば奈良電や三重交通・・・ということで、GMのクリーム1号とクレオスの暗緑色(中島系)で塗り分けました。下回りは15m級の狭幅動力を使い、台車枠はブリルタイプを選択。
 乗務員扉の窓の上部を削ったほかは、種車の窓をそのまま使って組み立てました。本当はアルミサッシは止めたかったのですが、自分の老朽化(!)が激しくクリーム1号を塗るのを断念。その結果、なんとなくクモニ143の面影を完全には消し切れなかったなあ・・・と感じています。
「近代的」な荷物電車_e0030537_23381039.jpg
単独で走らせるよりも、有蓋貨車を数両引っ張ったほうが似合いそうです。排障器もとりつけようと思ったのですが、それでは〇潟交通そのまんまになってしまうので止めました。

さて、次は何をつくりましょうか・・・つくれるのかどうか。
by hiro_hrkz | 2020-01-26 22:58 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Comments(0)
庚子
あけましておめでとうございます / 새해 복 많이 받으세요 / 新年快樂 / Frohes Neues Jahr!
Happy new year! / Voorspoedige nuwejaar! / YENİ YILINIZ KUTLU OLSUN! / Gott nytt år !
久しぶりに言語が増えました。
今年もよろしくお願いいたします。

 2020年/令和2年。かのえね(庚子)年。令和最初の表紙ですが、総合のほうは西暦にちなみ、静岡鉄道のクモハ20としました。この車両は一昨年、拙ブログで取り上げているので、そちらの内容を参照してみてください。
 そして、バスの方も20を使うとなると、なつかしのU20系が思い出されるわけですが、この型式については平成20年だの2013年だの何度か表紙を飾っているので面白くない・・・ということで、子年→ねずみ年→ねずみ色をうまく使った常磐交通の車両としました。ちょっと苦しいですが、昔の警察バスを貼るわけにも行かず・・・

 さて、路線車体にこだわらなければ、令和2年にふさわしい車体が富士重工にはありました。それは当然ながら、
庚子_e0030537_17300824.jpg
・西肥自動車 日デP-RA53TE +富士5R2 2006年9月 佐世保駅前
庚子_e0030537_18283292.jpg
・小湊鉄道 日デP-RA46T +富士5R2 1999年6月 千葉県市原市
庚子_e0030537_17295813.jpg
・三重交通 いすゞP-LV719R +富士5R2 2002年7月 名古屋市中村区
庚子_e0030537_17295982.jpg
・富山地方鉄道 日野P-RU636CB +富士5R2 2011年4月 富山駅前
庚子_e0030537_18095313.jpg
・小湊鉄道 三菱ふそうK-MS615S +富士5R2 1998年11月 千葉市中央区

富士重工15型R2・・・いわゆるR2です。
R15形シリーズの貸切ボディーのうち、丸みの多いR*シリーズにはR1~R3の3種類がありました。これは13形のラインナップを引き継いだものですが、最もポピュラーなのがR3。続いてR2。少数派のR1となります。

 さて、R3とR2は混同されることも多いのですが、その差は前面窓。すなわち1枚なのがR3、左右2分割なのがR2となります。余談ですが、これに限らず、マニア一般にも広まった富士重工のバス車体の呼称は、基本的には車体断面と前面形状で決まっています。

 各車についても少々。
 西肥自動車はいちばんオーソドックスな日デRA5*系。RA53は1986年にモデルチェンジしたもので、エンジンが排気量17l、340PSのRF8型を搭載しています。型式末尾のEは、前軸が独立懸架であることを示しています。
 小湊鉄道(日デ)は、少数派だったRA46系。排気量11.7l、ターボインタークーラー付きで出力を330PSに高めたPE6Tを搭載しています。なおRA53/46ともに型式の後ろにAが付く場合がありますが、これはフルエアブレーキを示しています。
 三重交通は、いすゞLV。同社は、車軸懸架のLV219と、独立懸架のLV719の両方を並行して導入していました。この車両は特急路線車として使われていました。
 富山地方鉄道は、日野P-RU。その中でも特に珍しいRU636CA・・・つまり高出力のEF750を搭載しながらも(63)、軸距は最も短い5.6m(6)で、フルエアブレーキ(C)という組み合わせの車両です。現在も残っている(昨年9月現存確認)ので、ご存知の方も多いのかもしれません。
 小湊鉄道(ふそう)だけは、排ガス規制が昭和54年(K-)のクルマとなりました。P-MS+R2といえば国鉄で採用実績があるのですが、私は撮影していなかったようです。

さて、拙ブログですが、ストックホルムの記事が終わったらぼちぼち再開したと思っています。といっても1か月に1回更新できればよいほうかな、というところですが。とりあえずは、模型が完成したらここに公開してゆきます。
by hiro_hrkz | 2020-01-01 20:40 | バス(富士重工) | Comments(0)