人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
<   2020年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
神奈電をもう一度 番外篇 2020年7月
※ 神奈川電鉄はフィクションです。
神奈電をもう一度 番外篇 2020年7月_e0030537_22470844.jpg
雨と新型ウイルスで史上最低の4連休でしたが、なんとか完成することができました。
4月に取り上げた神奈川電鉄のバスのうち、とりあえず4両が完成しました。しかし、バスは細かい色入れが多く、そもそも小さく凸凹が多い車体は真面目にマスキングしたつもりでもうまく行ってないことが多発・・・満足には程遠いできであります。
神奈電をもう一度 番外篇 2020年7月_e0030537_22470735.jpg
神奈電をもう一度 番外篇 2020年7月_e0030537_22470750.jpg

日デP-U32L +富士5Eは、バスコレ5Eセットの横浜市営から。神奈電バスは側面の行先表示を中扉の後ろにしましたが、この部分は製品の窓パーツ側を方向幕用に改造しています。一方、中扉戸袋より前は第6弾の富士5Eの窓を使っています。モールドが異なりますが、手持ちのパーツを考えるとこれが最適解でした。
 行先は平塚営業所の「松岩寺」としました。リアの方向幕はプラ板に貼って窓ガラスの内側に吊り下げています。
神奈電をもう一度 番外篇 2020年7月_e0030537_22470867.jpg
神奈電をもう一度 番外篇 2020年7月_e0030537_22470834.jpg
いすゞP-LV314L +アイケーは、第11弾の国際興業がベース。窓パーツも国際興業と新潟交通を切り継いでいます。中扉直後の方向幕はこちらも製品の窓パーツを大型方向幕化して使用しています。行先は秦野営業所の「比奈窪」としました。
神奈電をもう一度 番外篇 2020年7月_e0030537_22470837.jpg
神奈電をもう一度 番外篇 2020年7月_e0030537_22470830.jpg
日野P-HT235BA +日野車体はバスコレ第2弾の仙台市営の切り継ぎ。窓ガラスが一部嵌め込み式になってないなど、初期の製品であることがあちこちから伺えます。フォグランプはモールドを埋めて丸に開けなおしています。窓パーツは製品のものを使用。行先は、愛甲原営業所の「日向薬師」としました。
神奈電をもう一度 番外篇 2020年7月_e0030537_22470861.jpg
神奈電をもう一度 番外篇 2020年7月_e0030537_22470809.jpg
日野K-RC301 +日野車体はバスコレ13弾の京王帝都から。これはほぼ製品のままです。行先は愛甲原営業所の「宮ヶ瀬」としました。
ところでこの車両、低床車であり他の車両を並べると明らかに車高が低いことがわかります。第13弾では前後扉の奈良交通だけが標準床なので如何ともしがたい部分ではあったのですが・・・ダムができる前の宮ヶ瀬に乗り入れできるのかと。

 車体の塗装は当初、GMの西武ラズベリーとクリーム1号を使う予定でした。ところが、ラズベリーがあまりに茶色に近く想像していたものと異なる・・・なにより相鉄の旧塗装に近くなってしまうので却下。その後、模型売り場に行って塗料を眺めて再考すること暫し、ガイアカラーから 223インテリアカラーと、CM-06 クリムゾンレッド(サイバーフォーミュラカラーシリーズ)を選択しました。GMやクレオスの製品では表現できない組み合わせになりよかったと思います。今はオリジナルの塗装を考える際に、こういった別分野の特色が増えてきているのは有難いことだと思います。
 本当なら出入口標記や広告が欲しいところですが、現在の私の技量で作ることは断念。残り3両は先行4両の反省を踏まえて、もうちょっと綺麗につくりたいところです。
by hiro_hrkz | 2020-07-26 23:16 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Comments(0)
買収国電はどのように使われたのか
買収国電はどのように使われたのか_e0030537_22061186.jpg
最低限のメンテナンスを除いて放置状態にあった「買収国電のプロフィール」に、19年ぶりに新しいコンテンツ「買収国電はどのように使われたのか」を追加いたしました。
 買収国電について扱った書籍は、この20年の間でも何点か出版されています。が、個々の車両をクローズアップしてはいても、買収国電というものが国鉄でどのように扱われていたのかというマクロな視点で書かれたものはあまりありません。また出身私鉄単位になりがちであったと思います・・・・拙サイトもその誹りを免れませんが。一方で、買収国電を紹介するといいながら、買収線に転入してきた国電のことばかりが書かれたり、買収車の事情について違和感のある表現も散見されていたように感じています。
 今回は諸先輩方の著作やデータ集から、買収国電の路線間での異動、機器の換装、廃車、そして私鉄への譲渡をマクロな視点から考察してみたものです。とくに、鉄道管理局という括りで、どのような車両が在籍していたのかということに留意しています。SNS全盛のいまどきに、画像の一つもないテキストと表だけの化石のような個人サイトがどの程度受け入れられるものかはわかりませんが、ご覧いただければ幸いです。
 残りのコンテンツも基本は25年前の大学生の頃に書いたものなので、書き直したいところではありますが・・・

・上毛電気鉄道クハ501の廃車体(もと青梅電気鉄道モハ503) 1990年1月 大胡


by hiro_hrkz | 2020-07-18 22:21 | 鉄道(その他) | Comments(0)