本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>運行管理もちの元太平興..
by hiro_hrkz at 21:34
初めて投稿いたします、バ..
by 運行管理もちの元太平興業系運送屋さん at 02:07
>>kana86さん ..
by hiro_hrkz at 22:48
>なぜかこれはツーステッ..
by kana86 at 20:45
こんばんわ。確かに言われ..
by かねとしがばなー at 20:59
>>山科太郎さん 情報..
by hiro_hrkz at 21:58
いつも拝見しています。 ..
by 山科太郎 at 10:59
>>くにびきさん 情報..
by hiro_hrkz at 23:31
こんにちは。松江市営バス..
by くにびき at 19:57
>>FUSOきゃろるさん..
by hiro_hrkz at 20:53
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
琴電、コトデン、ことでん
土日、高松に行ってきました。
駅に行ったら、なんとなく切符が取れてしまったので・・・。

これで、1993年以降13年連続、合計24回目。
いちばん多い時は年4回行った年もありました。
しかし、高松は遠い・・。

まあ、いろいろありましたが、いよいよ来年は旧型車全滅。
久しぶりに行く回数が増えるかもしれません。
e0030537_23485587.jpg

これは、今日の仏生山(携帯電話のカメラで撮影)

300、500、120に取りつけられた板は、
それぞれ、こんぴら2号(1010)、りつりん号(12000)、こんぴら号(10000)のものです。
[PR]
# by hiro_hrkz | 2005-12-18 23:51 | 鉄道(旧形電車) | Trackback | Comments(0)
東へ西へ
以前も書きましたが、三菱MKなどは自家用・特定用としても大量に採用されていました。
これらが地方のバス会社で第2の職場を得た時、マニアは、その出所について頭を悩ますことになるわけです。

そうした事例でも、特徴ある車体を持つ場合はなんとか解る事もあります。
ブルーライン交通(山口県)と頸城自動車(新潟県)で見かけたP-MK117Jです。
当初は気がつきませんでしたが、この2台、仕様がほぼ同一です。

その後、八方手を尽くして情報を捜し求めた結果、どうやら和歌山県のユタカ交通の特定車だった模様。他に、信南交通(長野県)や熊本電鉄にも移籍しているようです。
e0030537_150572.jpg
e0030537_1512946.jpg
ブルーライン交通 三菱U-MK117J +呉羽 2002年7月 山口県美祢市
頸城自動車 三菱P-MK117J +呉羽 2005年10月 新潟県上越市

中折戸のバスは、どうも妖しいのが多い。
[PR]
# by hiro_hrkz | 2005-12-15 02:00 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(0)
日鉄自型のプロフィール
鉄道コレクション(鉄コレ)の発売で一躍脚光を浴びることになった日本鉄道自動車の
小型電車。しかし、この車輌については知られていないようなので、手許の資料を基に
まとめてみることにしました。

なお、日本鉄道自動車とは現在の東洋工機。
工場は当時品川と平塚にありました。平塚工場は東海道線で馬入川を渡った辺りの海側になります。


(2005年12月15日 追加)

More
[PR]
# by hiro_hrkz | 2005-12-13 02:23 | 鉄道(旧形電車) | Trackback | Comments(2)
千歳相互観光バス 日野K-RC321 +日野車体
神奈川中央交通からの移籍車輌というのは、最近は先ず見ないですが、
昔は、呉羽MP117Mやブルドック、あるいはBUやCJMが、
あちらこちらに移籍していましたね。
ただ、その中でも日野は長尺車揃いだったこともあり、移籍例は少なかった様に
思います。

現在は日デ+富士重工ばかりの千歳相互観光バスですが、
以前は神奈中からの移籍車輌が在籍していました。
小規模ながら、バスマニアには昔から注目される存在だったようです。
e0030537_1163571.jpg
千歳相互観光バス K-RC321 +日野車体 2001年6月 北海道千歳市

なんで「相互」と付くんだろう・・・・。
[PR]
# by hiro_hrkz | 2005-12-11 01:17 | バス(日野車体) | Trackback | Comments(1)
伊予鉄道 モニ30
伊予鉄道で恐らくいちばん有名な電車ですね。
これ。
e0030537_019183.jpg
e0030537_0192733.jpg

・伊予鉄道モニ30 1993年8月 古町

済みません。今週はえらく忙しいので、これだけです・・・。

※2014.10.29 画像を交換しました。
[PR]
# by hiro_hrkz | 2005-12-08 00:46 | 鉄道(電機、貨電、貨車) | Trackback | Comments(0)
一畑電気鉄道 いすゞBU04 +川重
山陰地方のバス情報は手に入りにくく、どういう車輌がいるのか
今一つわかり辛いものがあります。
一畑というと、現在の白黒赤の塗装よりも、この青ベースの旧塗装の印象が
未だに強い事業者でもあります。それは小学校3年生のときに、はじめて西日本に行き
この一畑のバスに乗ったことが、プリンティングされている為でしょう。

画像の車輌は、御馴染みのBU04+川重。
この頃は、未だバス用にフィルムを割いておらず、色違いの数台を撮影できれば
それで満足していました。今思うと、富士3E架装車など、いろいろい筈で、
非常に残念であります。
e0030537_0112484.jpg
・一畑電気鉄道 BU04 +川重 1995年2月 島根県松江市

この翌日、カメラが壊れました。壊れたことに気付かずに写真を撮ったため(以下省略)

※2016.1.23 画像を交換しました。
[PR]
# by hiro_hrkz | 2005-12-05 01:04 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(0)
日鉄自型車輌
鉄コレが発売になりましたね。
特に、日鉄自型が気に入っています。

日鉄自型というと、銚子電鉄の501、701と共に、
北陸鉄道の3000を思い浮かべる人が多いと思います。
このうち3005は火災復旧に際し、ノーシル、ノーヘッダーの近代的な
外装になって登場しました。

写真は、小松線廃線と同時に廃車になった後
石川県内某所で倉庫として使用されていた時のもの。
今は、あるのかどうかは解りません。
e0030537_2356282.jpg

1996年10月

構想はいろいろ出てきますが、一向に完成しそうにありません・・・。
[PR]
# by hiro_hrkz | 2005-12-04 23:56 | 鉄道(旧形電車) | Trackback(1) | Comments(0)
ヒドンピラーの5E
以前、改造中のバスコレ画像を取り上げました。現在、大森と戸塚、嵐山が塗装中、桑名がパネルのスジ彫り、直江津は諸般の事情(・・・撮影した写真を現像していなかった)により後回しにして、変わりに東急の塗り替えで、九州の某公営バスを作っています。

で、問題は、残された「西工の街の5E」。ようするに若松のU32Lなんですが、この車輌、
窓が実はクセモノ。
逆T字、しかもヒドンピラー(アウターガラス)になっているのです。
富士5Eというとサッシ窓が普通で高級車?はメトロ窓のイメージがありますが、
富士15-R2/R3と同系ですから、貸切車に多いこのタイプの窓も少ないながら存在するわけです。
代表例として、京阪宇治交通のP-UA32Lのリア画像を↓
e0030537_1475093.jpg

窓柱がガラスの下側にあることがわかります。
そして、引き違い窓の窓枠がガラス面から飛び出ているような印象ですね。
んでもって、窓ガラスの拡大画像がこちら↓
e0030537_1505978.jpg

窓ガラスの取りつけ方法が、R3、R2と同じであり、窓の下側や、最後部の通気口に
その特徴を見ることが出来ます。
さて、これをどうやって再現したらよいものか・・・・。非常口部分の窓柱もぶった切って
あらためて車内側から柱を貼るようにしないと無理そうです。

このタイプ、他には、昭和自動車のP-MP218K(T字窓)、神戸フェリーバスのP-UA32Lなどが
該当します。しかし、T字/逆T字の5Eは全てヒドンピラーか?・・・と言われれば、NO。
e0030537_1581766.jpg

京成電鉄のP-LV314Lですが、こちらはフツーの窓柱で逆T字窓になっています。
ちなみに、東急のロマンス車P-UA32Kは、ヒドンだったと思うのですが・・・。
[PR]
# by hiro_hrkz | 2005-12-03 02:02 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(0)