本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>運行管理もちの元太平興..
by hiro_hrkz at 21:34
初めて投稿いたします、バ..
by 運行管理もちの元太平興業系運送屋さん at 02:07
>>kana86さん ..
by hiro_hrkz at 22:48
>なぜかこれはツーステッ..
by kana86 at 20:45
こんばんわ。確かに言われ..
by かねとしがばなー at 20:59
>>山科太郎さん 情報..
by hiro_hrkz at 21:58
いつも拝見しています。 ..
by 山科太郎 at 10:59
>>くにびきさん 情報..
by hiro_hrkz at 23:31
こんにちは。松江市営バス..
by くにびき at 19:57
>>FUSOきゃろるさん..
by hiro_hrkz at 20:53
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
豊橋鉄道渥美線 モ1811
中堅地方私鉄が好きだった理由は、出自のコトなる電車が繋がって走るというところにありました。
その風景として思い出すものに、琴電のラッシュアワーや、地鉄の10020と14750の編成と共に、昇圧前の豊橋鉄道渥美線があります。冷房車の1900も、あちこちから部品を掻き集めて作った電車で、面白いものでしたが、そこに朝夕ラッシュ時を中心に増結される車輌がバラバラで、面白かったものです。

しかし、この種の鉄道によくある話しで、下回りは共通化が進んでいました。
琴電は阪神881や京急230の部品で統一を進めましたが、ここ豊橋は旧型国電の部品を
大量に使っていました。
モ1811は、もと長野電鉄のモハ1101で1961年日本車輌で車体新造したものです。
日車標準型に一脈通じるデザインの車体には少々不釣合いな、下回りのDT12が目に付きます。

余談ですが、ここにヒントを得て、神奈電ではGMのDT16やTR23を履いた車輌を登場させました。それはバラエティーの乏しいNの私鉄電車用旧型台車を、少しでも多くしようとした結果でもあります。
e0030537_01394956.jpg

・豊橋鉄道渥美線 モ1811 1996年8月 高師

昔、大垣夜行によく乗っていたのは、岐阜、豊橋、大井川があった為。
今は乗ることもなくなりました。

※2017.9.10 画像を交換しました。

[PR]
# by hiro_hrkz | 2005-12-01 02:07 | 鉄道(近代形電車) | Trackback | Comments(0)
月末の雑感 ~模型狂騒曲~
私は、現在、鉄道模型の車輌をだいたい230両程度保有している筈である。
(筈と書いたのは、この10年ほど数えたことがないからなのだが・・・)。

More
[PR]
# by hiro_hrkz | 2005-11-30 01:15 | 言いたい放題 | Trackback | Comments(0)
備北バス 三菱P-MM117J +呉羽
首都圏には沢山のバス会社がありますが、それでも在籍しない型式というのも
沢山あります。特に、9m大型車はいすゞ以外はあまり見ないものです。

しかし、逆に9m大型車が各メーカー揃っている地方というのもあります。
それが中国地方で、この大きさを中心勢力においている事業者が幾つか存在していました。
e0030537_183032.jpg
・備北バス 三菱P-MM117J +呉羽 2000年8月 岡山県高梁市

岡山県の高梁川沿いの山間に路線を広げる備北バスは、9m大型の数は少ないながら
三菱のP-MMと日デのKC-RPが在籍しています。
この古めかしい塗装が、丸みを帯びた呉羽ボディーによく似合っていると思います。

MMは東日本では越後交通にまとまって在籍する他は、本当に数が少ないですね。

※2015.1.3 画像を交換しました。
[PR]
# by hiro_hrkz | 2005-11-28 01:27 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(3)
花巻電鉄軌道線 デハ3
現役だったら是非とも乗りたかった鉄道の一つ、花巻電鉄。
カラーブックス「軽便鉄道」の中表紙に掲載された「ウマヅラ電車」の写真が強烈な印象でした

その電車が保存されていると聞き、花巻に立ち寄ったのは1994年の冬の事、
北海道の帰りで、20歳+2日という時でした。
宮沢賢治記念館の帰り、花巻駅東側の公園に静態保存されている車両を見た時、
やはり、この電車に乗ることができない残念さを思ったものです。

車体幅1600mm、車内は約1400mmということは近鉄2600系のクロスシート並みである訳で、やはり、一度車内に入ってみたいものです。

画像は1995年9月に立ち寄った時のもの。
e0030537_2343865.jpg
花巻電鉄軌道線 デハ3 1995年9月 材木町公園 岩手県花巻市

今は、塗装も綺麗になったようですが、花巻は暫らくご無沙汰ですね・・。
[PR]
# by hiro_hrkz | 2005-11-26 23:11 | 路面電車・低床電車 | Trackback(1) | Comments(0)
名は体を表さず。
路線バスで、鉄道の駅や大規模施設ではない終点には
興味がわくものです。
山の中に入っていく路線だと、小さな宿泊所兼車庫があるところも多いですね。

さて、北海道の三笠鉄道記念館(幌内)に入ったときのこと。
岩見沢から北海道中央バスに乗り三笠(タ)へ、そして幌内中央町行きのバスに乗ります。
その終点の一つ前が鉄道村なのですが、どうせなら終点まで乗ってみようと思いそのまま乗っていました。
すると、運転士氏に「終点まで乗るんですか?」と言われました。何でだろう・・・・。
その途端、道がいきなり未舗装になり、「ええッ?」と思うと間もなく終点。
そこは・・・
e0030537_22494892.jpg
97年8月 北海道三笠市

・・・・・。
ようするに炭鉱が閉山となり、町とは名ばかりの原野になったようです。
http://w3land.mlit.go.jp/Air/photo400/76/cho-76-2/c6/cho-76-2_c6_37.jpg

昭和51年の航空写真を見ると、石炭の積み出し施設があったようですね。
[PR]
# by hiro_hrkz | 2005-11-25 23:00 | バスのある風景 | Trackback | Comments(0)
模型仕掛品
e0030537_052030.jpg
以前、バスコレの作成途中を紹介しましたが、今回は鉄道模型篇。

高松琴平電鉄は、長尾・志度線の旧型車を、足掛け8年かけて自作(30型と72はエッチング板使用)で揃えましたので、今度は琴平線の電車を作っています。
ただし、こっちは、なるべく製品を利用して・・という方針でつくっています。

とはいえ、製品流用だからといって、楽になるわけではありません。
いちばん上は、810。リトルジャパンの名鉄3800が発売された時、真っ先にこの車輌を作ろうと思いました。ドアの部分はBトレの京急1000を切り継いでいますが、乗務員ドアと直後の窓の間を縮め、戸袋窓をドアの左右で入れ替え。さらに連結面側の窓も1ミリ縮めるなど、大改造となっています。

次は1012。WINのキハ55とグリーンマックスの京急600の切り継ぎ。
材料を買い込んだのが2003年末ですので、間もなく着工から2年ということに・・。
前面は京急1000付属の京成3150を使っています。

1070はGMの製品そのもの。ただし、あんな隙間だらけのキットを補修する気にはなれず、
色を落として組みなおしています。1080についても、同様にする予定。
その下の1053は、GM阪神通勤車の切り継ぎですが、こちらは中扉を埋めて中間車の窓を嵌めています。乗務員扉は形状が異なるので、プラ板から作りなおします。
このあと箱に組みたて後、屋根肩の整形を行い、阪神標準型車体の初期型に近づけたいと思っています。

いちばん下は、コトデンとは関係のないバスですが・・・。
これは、西東京バスのBXD50。夕やけ小やけ号ですね。
5Eばかり作っていて飽きてきたので、ちょっと変わったものを・・・と着工した次第。
BXD30(四国交通)+BD34(国鉄)+RE100(大阪市)の3種類を合成するという
少々贅沢な内容となっています。
[PR]
# by hiro_hrkz | 2005-11-24 00:45 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(0)
ドイツ鉄道(Sバーンベルリン)485形
485といえば、日本では特急電車ですが、ドイツでは
ベルリンのSバーンのこと。

もともとは東ドイツ国鉄の270型で、1980年に試作車が登場、
その後、1987年から量産車が始まりました(・・・と解釈したのですが)。

もともとは、クリーム色と赤茶色の東ベルリン新色で登場したものの、
東西統一後、赤一色に変更。そして現在は、伝統のベージュとマルーンになっています。
画像では解り難いのですが、後側4両は赤一色の「混色編成」です。

ベルリンに行った2004年当時は、環状線系統(S4*)で活躍していました。
他の路線は壁崩壊後に大量増備された481ばかり。
e0030537_1703635.jpg
ドイツ鉄道(Sバーンベルリン)485型(番号不詳) 2004年8月 ゲスントブルンネン
(Gesundbrunnen ドイツ連邦共和国ベルリン州)

ニュルンベルク鉄道博物館の火災を、殆どの日本の鉄道雑誌が書かないのはどうしたものか。
[PR]
# by hiro_hrkz | 2005-11-23 17:04 | 鉄道(海外) | Trackback | Comments(0)
北村北村北村北村北村
ちょっと前まで、新潟市内では北村のスケルトンばかりを見たような
記憶があるわけですが、今は殆ど分社のほうに行ってしまったようで。

新発田の営業所に行ったら、ご覧の通りでした。

この車輌、マニアの間では「なまず」と呼ばれていますが、
私は、 阪神国道線の路面電車「金魚鉢」を思い出します。
e0030537_0575874.jpg
新潟交通北 いすゞP-LV314Q +北村 2004年8月 新潟県新発田市

こういうローカル営業所は、北村は北村でもモノコックボディーだったんですが・・。
[PR]
# by hiro_hrkz | 2005-11-20 01:01 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(0)