本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>kana86さん ..
by hiro_hrkz at 22:48
>なぜかこれはツーステッ..
by kana86 at 20:45
こんばんわ。確かに言われ..
by かねとしがばなー at 20:59
>>山科太郎さん 情報..
by hiro_hrkz at 21:58
いつも拝見しています。 ..
by 山科太郎 at 10:59
>>くにびきさん 情報..
by hiro_hrkz at 23:31
こんにちは。松江市営バス..
by くにびき at 19:57
>>FUSOきゃろるさん..
by hiro_hrkz at 20:53
2枚目のU-MK517J..
by FUSOきゃろる at 18:59
1990年式の三菱ふそう..
by しんご at 12:00
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
おつかれさまでした。
e0030537_00074967.jpg
今年も、JNMAフェスティバル(第24回 2017年7月1日開催 於・都産貿台東館)に、T-Track Network(路面モジュール)の一員として参加いたしました。会場でお会いした皆様、お疲れ様でした&ありがとうございました。

中から見ていた感想としては「とにかく人が多かった」。
加えて、ありえない梅雨明け→酷暑突入で、なかなか壮絶な現場でした。ただ冷房の効きは竹芝時代よりも断然によいのが救いだと思います。
e0030537_00074851.jpg
モジュールは、4月から2ヶ月半のロングラン展示となった、川崎市民ミュージアムへの出展作品「円筒分水のある風景」を、こちらでも出展しました。
川崎は当然ながら走行車両に縛りがありましたので、その反動?かフリーなどが割合目立っていましたね。

そして、今回、浅草デビューとなったフリーの電車がこちら。
e0030537_00074878.jpg

この1年間は前半が諸般の事情で模型ができず、その後はモジュール作成・展示と相次いだため車両には全く手を付けることができませんでした。ようやく1年ぶりに2両編成の電車が落成しました・・・締め切り・イベントは大切なものです(苦笑)。
e0030537_00074824.jpg
e0030537_00074893.jpg

 鉄コレの秋田内陸縦貫鉄道AN8900(急行もりよし)がベース。この前面をみたとき、1990年頃に作った私鉄の観光電車にしたら面白そうだなあ・・・というのが発想の発端です。作成中の記事でも書きましたが、私鉄の優等車なら折戸ということで、これを1両は前後に扉を配置。そしてもう1両は運転席寄りを展望スペースとして車体中央に配置しました。
 台車はJRの中古という想定のDT32。これを履くだけで優等車っぽく感じるものです。模型では動力車は手元に台車枠があったのですが、トレーラーのほうはあちこち探した結果、中古模型屋で600円で売られていたKATO製モハ164から分捕りました。冷房はKATOのJR221系用で、以前作成した関鉄キハ改造の電車に同じ。これだけで電車の作成された年代が絞り込めますね。また、この手の気動車を電車に化かす際に、冷房の変更は非常に効果的です。

 車内は、展望スペースは運転席直後に2列のロマンスシートを置き、その後ろはソファーということで種車の囲炉裏の部分を切り詰めて置いてあります。一般客室側は、鉄コレ長電2000用ですが、シートピッチが合わないため、窓1枚ぶんづつ切り離して取り付けています。
 この電車、作成前から「海に向かって走る電車」のイメージがありました・・・列車名も快速「シーガル」と決定済み。そのため、塗装はクレオスのキャラクターブルーとキャラクターホワイトで塗りました・・・が、落成してみると、なんとなく北九市営ですね(笑)。それにしても、このところ視力の衰えは激しく、面相筆を使った修正などが非常にやりづらくなってきました。いよいよルーペ導入かな・・・。
 ともあれ落成してみればイメージどおりの観光電車となり、またご覧いただいた皆様の評判もよかったので、ほっとしています。次は何をつくりましょうか。
[PR]
# by hiro_hrkz | 2018-07-02 22:47 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(0)
山陰地方のバスから
山陰地方の事業者に最近入ったと思われるバスをいくつか。
最近のバスは、排ガス規制の意味が多様化したため見た目ではわからなくなっており、また同じ仕様でも販売する会社により型式が変わるので、今回は型式中確実にわかっている部分のみを記したいと思います。
e0030537_22005352.jpg
・日ノ丸自動車 日野***-KR290J* +JBUS宇都宮 2018年4月 松江駅前

まずは鳥取県の日ノ丸自動車から・・・といっても、県境を超えて島根県の松江市に乗り入れてきたところを撮影したものですが。
同社の車両構成は日野が中心ということを知っていれば、これも日野であることはわかりますが、前面にプレートがあるとわかりやすいですね。
側面の行先表示は中扉の後ろ、窓ガラスはUVカット?のようで色が濃いですね。
e0030537_22005354.jpg
・松江市交通局 日野SKG-KR290J2 +JBUS宇都宮 2018年4月 松江駅前
e0030537_22005312.jpg
・松江市交通局 日野QSG-HL2ANAP +JBUS 2018年4月 松江駅前

こちらは松江市交通局の車両。
中型は2017年度に入ったもので、いすゞ日野※のようです。まとまった数が入っており4台ほど見ています。
そして2016年度に、久しぶりに入った自社発注の大型車は日野ブルーリボンハイブリッド。2台在籍しており、2017年4月から運行を開始しています。従来の車両とは全く異なる外装となっています。
e0030537_22005360.jpg
e0030537_22005359.jpg
・一畑バス いすゞQ*G-LV290Q1 +JBUS宇都宮 2018年 出雲市駅前(島根県出雲市)

最後は一畑バスから。
近年導入した車両は赤と白の塗装から、旧塗装の白・水色・赤の3色塗りを採用しています。
また、中型ばかりの松江に対して、出雲市周辺では大型車も投入されていますが、画像はその中でも昨年投入された最新鋭。
堂々とした軸距6.0m車で、なかなかの存在感です。

※2018.6.24 いすゞから日野に修正しました。
[PR]
# by hiro_hrkz | 2018-06-23 22:39 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(2)
向日町のスイッチャー
JRの長距離電車の電車区があることで有名な京都の向日町駅。かつて、駅構内にはたくさんの貨物用の側線がありましたが、私が見たのは1997年の夏のことで、残っていたのは大阪セメントのみ。それも廃止まであと数年という時期でした。
e0030537_01314270.jpg
e0030537_01314123.jpg
この大阪セメントの側線で使われていたのが、日本通運洛南支店のスイッチャー。
日車製のセミセンターキャブの4軸機でした。トン数は45tのようです。
日通オレンジがまぶしく・・と書きたいところですが、かなり色あせている状態でした。
e0030537_01314545.jpg
一方、こちらは引込線の入口付近に置かれていたもの。
今回は引き延ばしてみましたが、側面のナンバープレートをはがした形跡があり、すでに使用していなかったのかもしれません。
あまり見かけない形の入替機で、その塗装などから類推するに浪速駅か大阪東港駅あたりで使われていた東急車輛製の25t機でしょうか?

・いずれも1997年7月 撮影

[PR]
# by hiro_hrkz | 2018-06-16 02:15 | 鉄道(非電化) | Trackback | Comments(0)
西武総合企画 日デADG-RA237MAN +西工
UD+富士重工の大ユーザであった西武バスグループ。
富士が架装をやめたあと、当然のように西工が席巻するようになります。しかし、E型の採用例となると数えるほどしかありません。
e0030537_18171246.jpg
・西武総合企画 日デADG-RA237MAN +西工 2008年9月 志木駅南口(埼玉県朝霞市)

その一つが、西武総合企画が保有したこの車両。
埼玉県内の某大学の送迎車で、桜の花弁をあしらった外装が綺麗な印象です。
E型でありながら、前中4折の扉配置であることが、なにより特徴的でした。
なお、同じ仕様のKL-UA452もありましたが、私が撮影できたのは、このADG-RAだけでした。
[PR]
# by hiro_hrkz | 2018-06-09 18:43 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(0)
近畿日本鉄道名古屋線 1600系
 近鉄の主要線区(奈良、大阪、名古屋、南大阪)では、1955年の奈良線800系を皮切りに、各線にWNドライブの電車が投入されてゆきます(試作要素の強い1450系は除く)。その中で名古屋線だけは、若干遅れて1959年12月の伊勢湾台風復旧および改軌完了時に投入された1600系が第一陣となりました。これは改軌計画があったため新しい駆動方式の車両投入をためらっていたというのが実情でしょうか。
e0030537_23501297.jpg
・近畿日本鉄道名古屋線 モ1612 1993年3月 近鉄富田

 近鉄の戦後の電車は、1957年に登場の大阪線1460形で20m車体に屋根肩のRが大きい断面を持つスタイルが確立されますが、この車両は、スイス譲りの一段下降窓ではあるものの3扉車でした。しかし、同年に登場した南大阪線6800系(ラビットカー)では4扉車となり、以降はこちらが標準となります。
 従って名古屋線の1600系も20m車体・4扉で登場しました。なお、名古屋線は1956年の四日市付近の急カーブ解消で、20m車の運用が可能となっていました。

 主電動機は近鉄の各車に搭載された三菱のMB-3020系ですが、その中でもこの車両は10100系(ビスタII世)と同じMB-3020D(端子電圧340V・125kw)です。また制御器は日立製のVMC-HTB10-Cで、バーニヤ制御を日本国内ではじめて本格採用しました。ブレーキは発電制動付き電磁直通制動(HSC-D)です。

 さて、1600系は登場時は、制御電動車のモ1600形と制御車のク1600形の2連で、電動車が奇数・制御車が偶数となっていました(モ1601~ク1618の9編成18両)。しかし、1963年度の増備車は末尾が編成単位で揃い、編成は2連の他に制御電動車をもう1両加えた3連が登場します。制御車はク1700形に形式変更(1710~1715)、制御電動車はモ1610~1615とモ1651~1655でした。これに合わせて、従来の車両も改番が実施されモ1601~1609(順不同)と、ク1701~1709となります。
最終的には1966年までにモ1601~1615、モ1651~1659、ク1701~1715、ク1751~1752(貫通路が狭幅)の41両および大阪線ク1581~1583を編入した1781~1783の3両が揃います。

 その後、1973年にク1781~1783は付随車のサ1781~1783に改造。モ1601~1603は中間電動車に改造されました。
さらにモ1651~1654は増結用として京都線に転出し、のちに電動貨車等に転用されています。
冷房改造は名古屋線残留の1963年度製以降の車両にのみ1982年以降に実施され、方向幕もこの頃に取り付けられています。
その後、10両が養老線に転用され600系の一部となったほかは、1997年までに廃車されています。

・参考文献
藤井信夫「私鉄車両めぐり[119] 近畿日本鉄道」鉄道ピクトリアル398号(1981年12月増) 電気車研究会
三好好三『近鉄電車』JTBパブリッシング 2016年


[PR]
# by hiro_hrkz | 2018-06-03 01:37 | 鉄道(近代形電車) | Trackback | Comments(0)
秋田市交通局の三菱ふそう中型車
2006年に消滅した秋田市営バスから、
今回は三菱ふそうの中型車を取り上げたいと思います。
e0030537_00382131.jpg
・秋田市交通局 三菱ふそうP-MK116J +呉羽 1997年11月 秋田県秋田市

秋田市営は昭和50年代より中型車の導入がはじまっていたようですが、私が見た中で最も古いのはこの車両でした。前中引戸で2段窓であるのは、当時の大型車と同じ仕様です。
また秋田市営は1980年代初頭から一般乗合で冷房車を導入しており、これも当然ながら冷房付き。一方で県内の民営3社が冷房車を導入するのは1980年代後半に入ってからなので、この点では一歩先を行っていました。

e0030537_00382904.jpg
・秋田市交通局 三菱ふそうU-MK517J +呉羽 2000年10月 買物広場

一方、こちらは年代が下がって平成元年排ガス規制車。積雪地ということもあるのか、エアサス車となりました。車体の塗装も若干変更され、細かなストライプがなくなる代わりに赤帯が太くなり力強くなったように思います。
この頃になると秋田市営が導入する車両の多くは中型車になっていました。この型式は1990~1992年にかけて12両が導入されています。
e0030537_00382611.jpg
・秋田市交通局 三菱ふそうU-MK618J +MBM? 2003年9月 秋田駅前
e0030537_00382667.jpg
・秋田市交通局 三菱ふそうKC-MK619J +MBM 2003年9月 秋田駅前

そして、モデルチェンジ後のMK6系になってからの車両がこちら。
平成元年排ガス規制のU-MK618Jは1994年導入の2両、一方、平成6年排ガス規制のKC-MK619Jは1995年の4両が存在しました。AT車である点が特徴です。前面に通風孔がないので、なんとなくのっぺりとした印象ですね。
U-MK517以降の車両は、全車、秋田中央交通に移管されています。


[PR]
# by hiro_hrkz | 2018-05-27 16:24 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(2)
西武鉄道多摩川線 北多磨駅 
e0030537_21530328.jpg
開業100年を記念して、各種塗装の新101系電車が走るなど近ごろ話題の続く西武鉄道多摩川線・・・個人的には通称の是政線と呼んでしまうのですが・・・・。今回は23年前の1995年9月、まだ701系電車が走っていたころの北多磨駅がお題です。
e0030537_21530039.jpg
e0030537_21523405.jpg
西武多摩川線の各駅のうち、北多磨と是政は平成になってからも暫くは旧い駅舎を使っていましたが、撮影の前年(1994年)に是政駅が改築されたので、この時点では北多磨駅だけとなっていました。

他の建屋の間にある狭い場所に駅舎があり、平入の出入り口が設けられています。もっと昔は画面左側(武蔵境側)の建物はなく、そちらに妻入りの出入り口がありました。また、建屋自体は画面右側(是政側)に向かって、増改築したのか屋根の高さがバラバラでに伸びています。いずれも棟瓦に角が生えたような独特のものが載っているが特徴でした。
e0030537_21525797.jpg
駅舎内部の画像はこちら。木造であることがよくわかります。このときはまだ自動改札が導入されていませんでした。
各線の連絡きっぷが買える券売機や時刻表の書式など、今となっては若干の懐かしさも感じさせるものです。

北多磨という駅名は、開業時の自治体名「(北多摩郡)多磨村」を由来とするもので、多摩の異表記であります。したがって、なんとも大雑把な感のある駅名でした(・・・それを言い出すと、南武線の南多摩も大概ですが)。が、2001年に大学移転のために多磨墓地前から墓地前を取って「多磨」というさらに大雑把な駅名にしたため、それより南に位置する当駅は、同時に住居表示で名づけられた白糸台に変更され現在に至ります。
また駅舎自体も画面左側の建物を取り囲む形で改築され、改札もこの頃よりはだいぶ広くなっています

・いずれも1995年9月 撮影


[PR]
# by hiro_hrkz | 2018-05-21 00:23 | 鉄道施設 | Trackback | Comments(0)
湖国バスの富士8E(その2)
近江鉄道(湖国バス)の富士8E架装車は5年ほど前に取り上げましたが、
今回はワンステップ車を中心に記してゆきたいと思います。
e0030537_23324004.jpg
・湖国バス 日デKC-RM211GAN +富士8E 2013年7月  マキノ駅(滋賀県高島市)

まずはツーステップ車の滋賀22き620(1996年12月製)から。
前回とりあげた滋賀22き591(KC-RM211EAN)を伸ばしたような仕様です。従って2段窓ながら窓ガラスがブルーペンという特徴あるものに。
(旧)マキノ町のコミュニティバス「マキノタウンバス」で使われていました。
e0030537_23324545.jpg
・湖国バス 日デKK-RM252GAN +富士8E 2011年8月 河瀬駅(滋賀県彦根市)

続いて平成10年排ガス規制の車両を2つ。
前回とりあげた近江鉄道本体の滋賀200か91(2000年10月製)はツーステップ車でしたが、湖国の滋賀200か151(2001年9月製)はワンステップ車になりました。
扉配置は前中引戸、色付きガラスは取りやめとなり、一気にノーマルな車両になった感があります。
さて、この車両は富士8Eのマイナーチェンジ前後の端境期に落成したため少々特異な点がありますが、これについては拙サイトの記事を参照願います。
e0030537_23325535.jpg
・湖国バス 日デKK-RM252GAN +富士8E 2011年5月 滋賀県長浜市

一方、2002年7月に製造されたのが滋賀200か200。左側面後部のエアインテークの位置で解るように、こちらは完全にマイナーチェンジ後の車体となりました。
仕様の面では151とほとんど差はなくせいぜいバックミラーの形状くらいではないかと思います。
この車両が近江・湖国で最後の富士8Eとなりました。

それにしても近江・湖国オリジナルのKC-/KK-RM+8Eは特徴ある車両ばかりなのですが、KC-RM211EANのメトロ窓を除き、すべて1仕様につき1台のみで、追いかけるほうにとっては、うれしいやら辛いやら・・・といったところです。


[PR]
# by hiro_hrkz | 2018-05-12 00:00 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(0)