人気ブログランキング | 話題のタグを見る

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
台北近代建築

高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>社長さん ありがとう..
by hiro_hrkz at 00:30
こんばんは くろがね線の..
by 社長 at 21:25
>>非公開さん 大..
by hiro_hrkz at 22:23
以前からとても興味深くこ..
by 宇都宮正人 at 11:32
上記コメント、デンソーと..
by hiro_hrkz at 23:26
>>田舎物さん 情報あ..
by hiro_hrkz at 02:35
西鉄バスの西工車はドア側..
by 田舎物 at 01:15
kana86さん 情報..
by hiro_hrkz at 00:09
いすゞBA30などでは他..
by kana86 at 07:01
>あかつきさん 情報あ..
by hiro_hrkz at 21:53
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
日立電鉄 モハ11、12 
日立電鉄の車両の中でも、とりわけ曰くつきの車両がモハ11形の2両でした。
1948年7月に親会社の日立製作所で作られたとされるものの、実際には営団地下鉄の発注車でした。
比較的知られている話ですが、大甕~鮎川の新線開業などで車両が必要となった電鉄に、親会社が無理矢理車両を回したというのが実情のようです。ようは契約不履行であり、戦後混乱期とはいえ随分と大胆なことをしたのだと思います。詳細は、参考文献をご覧ください。
日立電鉄 モハ11、12 _e0030537_02110884.jpg
日立電鉄 モハ11、12 _e0030537_02110859.jpg
・日立電鉄モハ11 1993年3月 常北太田
日立電鉄 モハ11、12 _e0030537_02110832.jpg
・日立電鉄 モハ12 1989年4月 川中子

画像はいずれも晩年のもので、窓配置はdD5D5Ddとなっています。これは1971年8月のワンマン化改造の頃に改造されたもので、それまではd1D4D4D1dでした。営団(銀座線)の1400形以前に登場した各車は、扉間中央の窓柱が太いd1D22D22D1dでしたので、営団入線が実現していれば異端車となったはずです。

また、この車両は電装についても日立製作所に発注されています。日立製の電装品を搭載した東京高速鉄道引継の100に合わせたものと考えられます。もっとも制御器については100形は電動カム軸式のMCH200を搭載していますが、こちらはそれよりも古い電空カム軸式のPB200でした。モハ9形共々、不可解な点ではあります。
台車についてもモハ9形と同じ弓型イコライザの日立H1をはいています。営団銀座線の台車は住友製ですから、この点にも違和感を感じます。軌間が異なることも理由だと思いますが、結局のところ日立製作所では車体しか完成せず、電装品は在庫のものを取り付けて電鉄に入線させたという推測も成り立つかと思います。主電動機もモハ9と同じく日立HS-253(50kw)を1両に2機搭載でした。

なお、東京地下鉄道~営団地下鉄銀座線の車両は電装品は三菱製が標準で、100形は異端児扱いされていたことを考えると、所定の電装品を取り付けて営団地下鉄に入線しても早晩使いづらい車両になっていたと予想されます。

モハ11は鮎川側、モハ12は常北太田側に貫通路があるのはラッシュ時に2両編成を組むことを考慮したものでしょう。ブレーキは諸元ではAMMですが釣り合い空気ダメが運転室下に見えることから、実際には元空気溜め管式のAMM-Rであったと思われます。
また、1970年代後半~1980年代初頭にかけて、前面窓・戸袋窓のHゴム支持化、その他の窓のアルミサッシ化、および車体のノーシル化などが徐々に行われます。その結果、非貫通側の前面はモハ12は扉が残されたのに対して、モハ11はそれが撤去されてHゴム支持の窓が3枚並ぶ形状となり窓の大きさも異なるものになりました。また尾灯もモハ12は埋め込み式、モハ11は所謂ガイコツ型であり、2両の雰囲気はそれなりに異なるものになりました・・・簡単に言えば、モハ11のほうが不細工ですね。

1990年代に入ると、日立電鉄には正真正銘のもと営団銀座線の2000・3000形が入線しますが、その代替でモハ12は1993年11月、モハ11は1994年4月に廃車になりました。

・参考文献
白土 貞夫『RM LIBRARY64 日立電鉄の75年』ネコ・パブリッシング 2004年
澤内 一晃「戦前型銀座線車両の技術史」鉄道ピクトリアル939号(2017年12月)

# by hiro_hrkz | 2022-04-24 03:25 | 鉄道(旧形電車) | Comments(2)
製作中のもの 2022年3月
ただいま、こんなものを製作中です。
製作中のもの 2022年3月_e0030537_22375202.jpg
製作中のもの 2022年3月_e0030537_22375286.jpg
製作中のもの 2022年3月_e0030537_22375246.jpg
製作中のもの 2022年3月_e0030537_22375204.jpg
昨年末以来、作成意欲がどん底でしたがぼつぼつ再開していこうと思います。とりあえず、鉄コレの国鉄モハ70を切り刻んでみました。
製作中のもの 2022年3月_e0030537_22375366.jpg
もう1両、神奈電の丸窓電車に部品を取られて長年ジャンク箱に転がっていた、鉄コレの一畑デハニ50も切り刻んでみました。

実は25年ぶりの作製になるのですが、どちらも先はまだまだ長そうです。
# by hiro_hrkz | 2022-03-30 22:45 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Comments(0)
那覇交通の郊外線車両
那覇交通は、沖縄本島の乗合4社の中では那覇市内線担当という性格が強かったですが、郊外線も那覇から糸満、西原、琉大、石川方面へ運行していました。市内線は2扉車でしたが、郊外線は他社と同じトップドア車で塗装も異なっていました。
那覇交通の郊外線車両_e0030537_01243487.jpg
・那覇交通 いすゞ P-LV314L +IK 2003年5月 儀保
那覇交通の郊外線車両_e0030537_01243973.jpg
・那覇交通 いすゞ P-LV314L +IK 2003年5月 県庁北口
那覇交通の郊外線車両_e0030537_01244142.jpg
・那覇交通 いすゞ P-LV314L +IK 2000年2月 県庁北口

 730でBU04を導入したあと暫く新車はなく、1988年以降P-LV系を再投入したのは市内線と同様です。いちばん上の沖縄22き41は1988年式で5両が投入されました。市内線が2段窓なのに対し、こちらは逆T字窓を採用しました。ただし窓柱は通常の形状です。塗装は郊外線用のレインボー塗りで、これは那覇バスに引き継がれました。車内はハイバックシートが中央通路より一段高い場所に取り付けられていたと記憶しています。当時の沖縄本島の郊外線の標準的な仕様ですね。
 一方、沖縄22き115、119は1989年式で8両が投入されました。窓柱はヒドンピラー、窓そのものはブルーペン、窓回りは黒塗りとなり洗練された感じとなりました。
那覇交通の郊外線車両_e0030537_01244541.jpg
・那覇交通 いすゞ U-LV324L +IK 2003年5月 県庁北口

 その次は、1992年式でU-LV系に移行します。仕様は1989年式を受け継いでいますが、前面はU-LVで加えられた方向幕部分まで一体化した仕様になっています。これは翌年に投入された市内線向け車両も同じです。
U-LVは1992年式3両、1993年式5両が投入されます。しかし、那覇交通の経営が悪化し乗合用の新車投入はここで終わります。

さて、那覇交通の郊外用のキュービックで最も有名だったのは、以下の車両かもしれません。
那覇交通の郊外線車両_e0030537_01243672.jpg
・那覇交通 いすゞ P-LV314L +IK 2003年5月 県庁北口

1988年式のうち沖縄22き44は前面が日野の貸切車タイプのものに変えられていました、これに伴い、ドアも独特のものに変わっています。車体断面が異なるはずなのに、よく取り付けることができたと思います。
最も、沖縄本島の路線車はモノコックボディーを改造したバケルトンが結構な台数あった上、どういうわけかこれらの大半がもとの車体に関わらず日野の貸切車の前面を取り付けていたので、経験は充分だったのかもしれません。
那覇交通の郊外線車両_e0030537_01242903.jpg
那覇交通の郊外線車両_e0030537_01243166.jpg
那覇交通の郊外線車両_e0030537_01242736.jpg
・那覇交通 いすゞK-CJA520 +川重 2003年5月 県庁北口

那覇交通のバケルトンといえば、この車両でした。
1980~81年に投入された川重車体の貸切車ですが、前面だけを後年変更しています。しかし屋根Rが深い点とはアンバランスで、よくもまあ取り付けたものだと感心してしまいます。
貸切車でありながら軸距は5200mmと短めで、そもそも路線用のシャーシに架装しているのが大きな特徴です。これも当時の沖縄のバスでは標準的な点でした。
末期は大半の車両が路線用に転用されていたようです。

・参考文献
「バス会社訪問39 沖縄県のバス 1997」 バスラマインターナショナル43号(1997年9月)
「沖縄県のバス 2001年夏」 バスラマインターナショナル67号(2001年8月)
# by hiro_hrkz | 2022-03-20 01:51 | バス(川重/IK/IBUS) | Comments(0)
上信電鉄 上州一ノ宮駅
上信電鉄 上州一ノ宮駅_e0030537_00470090.jpg
上信電鉄の駅は、旧くも手入れが行き届いていて感じがよいところが多いと思います。
今回とりあげるのは、富岡市内の西側にある上州一ノ宮駅です。
1897年に一ノ宮駅として開業、1921年に上州を冠し現在の駅名となっています。
このあたりは、1954年の昭和の大合併で富岡市になる前は北甘楽郡一ノ宮町で、それが駅名の由来です。
上信電鉄 上州一ノ宮駅_e0030537_16211887.jpg
上信電鉄 上州一ノ宮駅_e0030537_00470412.jpg
上信電鉄 上州一ノ宮駅_e0030537_00470251.jpg
上信電鉄 上州一ノ宮駅_e0030537_00470713.jpg
パッと見た印象はごく普通の木造駅舎ですが、屋根の造りなど全般的に洋館の影響を受けているように感じられます。駅舎正面側の屋根の勾配が途中で変わっているのが少々特徴かもしれません。駅前面の入口の上には上信電鉄の社章が掲げられています。
上信電鉄 上州一ノ宮駅_e0030537_00472136.jpg
上信電鉄 上州一ノ宮駅_e0030537_00471460.jpg
上信電鉄 上州一ノ宮駅_e0030537_00471621.jpg
上信電鉄 上州一ノ宮駅_e0030537_00471815.jpg
時間帯によっては駅係員が配置されるため、窓口は生きた状態になっています。
群馬県の出身であればだれもが知っている(らしい)「上毛かるた」の"ゆ"の札が出口の上に掲げられています。これは、他にも下仁田駅や吉井駅で見ることができます。
上信電鉄 上州一ノ宮駅_e0030537_00473129.jpg

「ゆかりは古し貫前神社」
駅名・地名のとおり、上野国一ノ宮である貫前神社が駅から約900mの場所にあります。
総門をくぐると尾根から下ったところに拝殿・社殿があるという少々変わった立地の神社で、街の中心から続く参道は尾根まで若干きつめの上り勾配となっています。
上信電鉄 上州一ノ宮駅_e0030537_00473016.jpg
その参道の入口に石柱が建っています。国幣中社とあることから戦前のものと思われますが、この裏に回ると上信電鉄の1964年までの社名である「上信電気鉄道」の名を見ることができます。
上信電鉄 上州一ノ宮駅_e0030537_00472858.jpg

・いずれも2019年6月 撮影
# by hiro_hrkz | 2022-03-13 16:18 | 鉄道施設 | Comments(0)
呉市交通局 三菱ふそうP-MP618M/U-MP618M +西工E型
いまはなき呉市交通局には、いくつか特徴のある車両を導入していました。
その一つが、貸切タイプの前面を持つ路線・貸切兼用車でしょう。局内では「準専車」と呼ばれていました。私が見たのは2000年代に入ってからでしたが、いずれもふそう+西工E型でした。
呉市交通局 三菱ふそうP-MP618M/U-MP618M +西工E型_e0030537_21451309.jpg
・呉市交通局 三菱ふそうP-MP618M +西工E型 2008年8月 呉駅
呉市交通局 三菱ふそうP-MP618M/U-MP618M +西工E型_e0030537_21544447.jpg
・呉市交通局 三菱ふそうP-MP618M +西工E型 2008年8月 呉駅
呉市交通局 三菱ふそうP-MP618M/U-MP618M +西工E型_e0030537_21451288.jpg
・呉市交通局 三菱ふそうU-MP618M +西工E型 2002年8月 呉駅

 上の2両は昭和58年排ガス規制車(P-)で、いずれも1990年度導入車です。
なぜか2両でサッシやライトベゼルの色が異なりますが、後天的なものなのかはわかりません。

 いちばん下は平成元年排ガス規制車(U-)で1992年度導入車です。
西工E型は1990年に前面を変更しているため、この車両も前面が変わりました。P-車ではヘッドライト間に行き先表示がありましたが、U-車ではヘッドライトとフロントガラスの間にもうけられ、ヘッドライト間は事業者名を書いた行灯になっています。もともとは、ここに「イルメリ号」なる愛称が掲げられていたとのこと。なおU-車のサッシの色は全て黒でした。

 呉市交通局は隣接する倉橋島や上蒲刈島に乗り入れる距離が長めの路線もありましたが、特に準専車が使われていたということもないようです。ただし、クレアライン経由の高速路線で広島バスセンターに乗り入れることはあったようです。
 2008年に呉市営バスが江田島・能美島から撤退した際に、島内の路線を引き継いだ江田島バス(←能美バス)に平成元年規制の1両が移管されています。

・参考文献
「バス事業者訪問60 呉市交通局」 バスラマインターナショナル62号(2000年11月)
# by hiro_hrkz | 2022-02-12 22:22 | バス(北村、西工、東特) | Comments(0)